« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/10/30

ブックマーク

ブックマークが増殖した話の続き。

折角便利な機能があるのだから、使わなければもったいないと言う気持ちを抑えることは出来ない。
アドレス帳とカレンダー機能が問題なく使えるようになった以上、更に以前より快適に動作するようになったiPodTouchのためにも、ちゃんと設定したいと思い、次のことを行った。

まず、問題が出ても何ら差し支えない、サーバー代わりに使用をしているiMac(2007)のブックマークを全て削除し、iCloudと同期(結合という)を行う。
私が普段使用する今までためた便利なブックマークが並ぶ。
重複もしていない。

ここで、一旦iCloudとのリンクを切る。

続け、iMac(2011)、MacBookPro(2009)のMacOSXとWindowsに対し同様の方法を行う。
いずれも、重複は無いので、5つのOSを全て、iCloudと同期(結合)させて様子を見る。

問題があれば、以前と同じような増殖?があるだろうが、今回は無かった。

そこで、iPodTouch内のブックマークを全て削除し、改めてiCloudと同期するためのスライドスイッチをONにした。
数秒後に、パソコンたちと全く同じブックマークが・・・(と言うよりも元の通りだが)並ぶ。

お風呂に入り、ゆっくりと出てからそれぞれを見てみたが、問題は無い様子。

ようやくこれで、全ての機能を問題なく復元できたことになり、ほっとした。

めでたしめでたし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/29

iPod Touch初期化

iCloudと連携させたことにより、重複ブックマークが連鎖的にできあがり、それば凄い数になった話をした。
現在、iPodTouchを含む5台のデバイス(パソコンを含む)が連携しているが、例えば、AにあってBに無い場合、Bにそのブックマークがコピーされる。
それがCのパソコンから見た場合、更新時期が古いと同じ名前のブックマークであっても単に名前が同じであって、違うURLと判定するようだ。
その結果、同じ名前なので名前の後ろに(1)(2)と番号を振る。
そうして今度はAのパソコンから見た場合、違う名前だからと更に(3)(4)と番号を振る。
そして、別のパソコンが更に・・・・・・放置したら1000個ほどのURLが登録される羽目になった。

結局、各パソコンのiCloud共有を解除し、修正を行ったが、なぜかiPodTouchの共有解除が出来なくて、iCloudアカウントを一旦削除して、再度登録し直して・・・というのが前回までの内容だった。

iCloudにもう一度アカウント設定したら、今度はiCalやアウトルックと連携しなくなった。
アドレスもだめ。

メールは問題が無いが、手帳機能がパソコンと連携がとれなくなっては、iPodTouchの利便性が半減してしまう。

そこで、一旦復元をおこなってみよう・・・そうして様子を見ようと、早速実行してみた。
バックアップされているデータは、数日前と一年前・・・・

数日前に戻し・・・・???改善しない。

一年前に戻し・・・・・???やっぱりだめ。

アドレスをiCloudより読み込まない。
iCalのデータを読み込まない。

何も表示されず、試しに書き込んだり登録したり・・・連携しない。

ならば、完全に初期化してみた。
なお、初期化してもiOS5はそのまま(一年前に戻しても同様)で、初期化完了と同時にiCloud設定をしろと出る。

iTunesに接続状態なので、各音楽データなどを読み込みに入るが、同時にiCloud設定が出来るので進めるが、初期化の状態からでも、結局アドレスとカレンダーはだめ。

ここで、思い切って、iCloud上のアドレスデータを削除した。
そして、MacBookPro内にある、「このMac内のアドレス」以外他のパソコンにあるアドレスデータは全て消した。
実際は別のはがきソフトデータに、取引先と家庭のアドレスは全て残っているが、メールアドレスのデータは、あまり反映されていないのでなかなか今回のような大がかりな削除作業はしたくなかったが、とにかく、出来る範囲で試そうと行ってみた。

そして、アウトルックにインポートして、そこでiCloudに再登録した。
一応、iPodTouch以外は共通したアドレスデータで運用することが出来るようになった。
なお、アウトルックにインポート出来ないアドレスデータは全てiCloudにアップすることはやめることにした。
それらのデータは、殆どがお店のデータばかりなので、後日改めて手入力することにした。

さて、iPodTouchだがもう一度復元作業(6回か7回目か・・・)を行い、数日前に戻す。
この時点が一番、各種設定を行わなくて済む状態だったからとりあえずそこに戻す。
全てのデータ(App、音楽、ビデオ、写真などの基本データ)を戻す。

そして、それの終了後にiCloud設定を行う。
この時点では、「結合しますか」とでるが、アドレスもカレンダーも「しない」を選択する。
もちろん、ブックマークもしない。

それ以外の初期設定を行い、様子を見るが特に問題が無く、以前より全体的にきびきびした動きをするのに、なんかいい感じ・・・・
サファリもさっとページが開くし、それぞれのアプリの切り替えももたつかない・・・淡い期待を胸に、いよいよアドレスとカレンダーの設定に入る。

まずは、カレンダー・・・・おおおおおおおお!!!!!読み込んだ!!!
そして、書き換えるとちゃんとMacBookProのiCalに瞬時に反映される。
iMacのWindows上のアウトルックにも同じように瞬時に表示される。
パソコン側を書き換えても瞬時にiPodTouchに反映される。

じゃぁ、アドレスは・・・・多少どきどきしながら、設定を・・・・・おおおおおお!!
読み込んだ!!!!

問題があった、メールの作成でアドレス帳を選択するとフリーズする様子もない。
今回の件が前にあった問題が全て無くなった。
ただ、ため息が出たのが、メールの作成時にアドレス帳を開いても、メールアドレスが殆ど登録されていない住所録データのみをアウトルックにインポートしたので、今後はそれらを手入力する面倒を考えて・・・

だが、いずれも何ら問題なく動作してくれて・・・・涙は出なかったがうれしい!!

何が原因でこうなったかは分からないが、iPodTouchの機敏になった動きを見てみると、そこにポイントがあるような気がする。

それと、全て使用できる状態になり、その上で、iCloud設定を行う。
更に最初から同期せず、ゆっくりと一つずつ行うのもポイントなのかもしれない。

まぁ、何度も何度も行うことではないが・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/27

ブックマーク

iCloudを利用して各パソコンのブックマークの同期にチェックを入れたのだが、最初はそれぞれのパソコンで集めたブックマークが、いずれのパソコンでも利用できるようになり喜んでいた。

ところが、日がたつにつれ、同じブックマークの後ろに、(2)(3)など番号が振られ、それがひどいときには10コくらい増えたりしている。

結局、数十倍の数のURLが並び、いったいこれはどうなっているのか・・・と言うことで、iCloudのブックマーク同期を切った。

考えられるのは、例えばiMacとMacBookProが同期する。
すると、Aと言うURLがiMacにはあって、MacBookProには無いとする。
その時のURLの表題は一緒でも、実際その時のホームページの内容は違うため、コードの関係で別のパソコンから見た場合、同じ表題であっても別々のURLと見て、それぞれを新規のブックマークと思ってしまうのでは無いか。
表題が同じなので、(2)(3)と番号付けていく・・・・それが数日間続くと膨大なブックマークの連鎖・・・・

実際、ブックマークは「統合」と表示され、同期では無いのでは無いかと思う。
同期ならば、この様な問題の発生は無いと思う。

いずれにしても、一旦統合したら、同期解除しておいた方がいいかもしれない。

でも・・・・・iPodTouchなのだが、同期設定でブックマークはOFFにしようとスイッチをOFF側にした。
ブックマークを残して同期解除しますか?それとも削除しますか?とでる。

いずれかを選んで、OKをする・・・・・・延々終わらない。

強制的に終了すると、OFFにはなっていない。
解除できないのだろうか。

アドレスの同期をするようになってから、メールを送るのにアドレス帳を使用しようとして、グループを選択するとフリーズする。

場合によいってはアドレス帳そのものがフリーズして、実際使えない状態にある。

iOS5・・・・・・相当バグがあるようだ。
この様なことでは早いところアップデートがありそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/23

いくつか・・・

iCloudを利用するのを切っ掛けに、いくつかの住所録をまとめようとここのところ奮闘していた。
アウトルックの住所録は、読み仮名が半角カタカナになっている。
Microsoftはがきスタジオは、全角ひらがなだ。

Macのアドレスブックは、住所の配列が他のソフトと違う。
それらを、iCloudにまとめ、表示方法を一種類に統一する・・・・ようやく終了した。
※実際は、住所表示順がばらばらな点(アウトルックの表示時のみ)があるが、目的は電話番号表示なので気にしないようにすればいいかな。

その中で、メールの点で気がついたことがある。
iCloudやMacのメーラーでフォルダーの管理をしたものはアウトルックに反映されない。
かといって、先に変更したとおりにアウトルックのフォルダーに変更を加えようと思っても、サーバーで拒否された風のエラーが表示され、変更が出来ない。

そこで、iCloud側で変更した部分をデフォルトに戻し、改めてアウトルックで変更すると、MacやiCloud側は直ぐに変更が同期され反映された。
しかし、アウトルックは変更を加えたパソコンは問題ないが、別のパソコンのアウトルックは変更されないし、もちろん、そこに存在しないがiCloudには存在するフォルダーやその中のメールファイルは現れない。

現時点で、複数のWindowsパソコンと連携される方はフォルダー管理は注意していなければならない。

----------------------------------------------------------------------------------

HDDが壊れたNAS用にHDDをオーダーし手元に届いたので、早速セットアップしてみた。
しかし、今度はオレンジ色の点滅・・・・・結局ファームウェアもエラーらしく、ホームページではメーカー修理とある。
結局、新規に購入するのとは変わらない費用がかかるようだ。
ここは潔く壊れたNASは廃棄にした。

そこで、手元のHDDを現在唯一のWindowsマシン「夏子2号」に組み込もうかと思ったが、この際だから娘のMacBookProのバックアップ・・・タイムマシン化することに決めた。

湯島に出かける用事が出来たので、ついでに秋葉原でオーウェル製の2500円ほどのHDDケースが、結構安い割に標準な性能を保持しているものが売られていたのでそれを購入し、その中に500GbSTATAHDDを組み込んだ。

MacでMac用にフォーマットし、既存のタイムカプセルのUSBポートに接続する。
AirMacでバックアップ用に使用できるかどうかを確認し、問題がないようなので一旦終了させ、改めて娘のMacBookProのタイムマシンを有効にして、ターゲットになるHDDをタイムカプセルに指定してバックアップを開始した。

初期のバックアップであり、OS含むFULLのバックアップは、有に10時間も掛かったが、今後は娘の知らないうちに勝手にデータ保存を行ってくれる。
スティーブ・ジョブスが言う、「It just works ただ、意識せずに機能する」そのものである。
それらは、今回新しくシステム化されたiCloudにも通じるものだ。

知らぬうちに私たちを守ってくれる機能は、どんどん取り入れていい。

-------------------------------------------------------------------------------------

iOS5と連携する新しい機能に「Mac(iPhone)」を探すと言うものがある。
例えば、iPodTouchのiCloud機能を有効にすると、iPodTouchを紛失したときに、MacやWindowsマシンからiPodTouchなどが現在どこにそれがあるかを探し、地図表示してくれる機能だ。

MacやWindowsはiCloudコントロールパネルから該当項目にチェックを入れると、iPodTouchなどからそれらを同様探してくれる。TacBookProなどは、常に自宅外で使用するので、万が一置き忘れたり紛失した場合はその所在地がある程度つかめれば、発見の可能性も高まる。
また、盗難時にはデータを削除する事も出来るので、セキュリティの点もポイントだ。

さて、MacBookPro、iPodTouch、二階のiMac(2007)は問題なくセットが出来たが、新しいiMac(2011)は、チェックするところがグレーアウトになっていてセットが出来ない。
詳細を見てみると「復元のアップデートを行ってください」とある。
標準のアップデートを行っても最新ですと出るだけで進捗がない。

原因は直ぐに分かった。

まず、HDDをディスクユーティリティーでチェックしてみるとエラーが出ている事が分かった。
再起動させ、オプションキーを押したままで起動させてリカバリーパーティションを選択して、それで立ち上げ、そこで選ぶことの出来るコマンドからディスクユーティリティーを起動させる。
エラーはOSのパーテーションのために通常起動時の修復は出来ないので、昔ならばリカバリーCDで起動して行うところをLionの場合は、再起動時にCDの代わりにリカバリーパーティションを選択・・・と言うことで、同じ事が出来る。

そして、修復を完了させて問題がない状態にする。

再起動させてその上で、アップルサイトにアクセスして「Lion Recovery Update」ダウンロードしてインストールすれば、改めてMacを探す部分のチェックが出来るようになる。

http://support.apple.com/kb/DL1464

そこで、出先よりiPodTouchを使用して、「Macを探す」(・・※iPhoneなどはApp Storeより専用ソフトをダウンロードしてインストールする必要がある)を行ってみると、そのiPodTouchを含む、登録した全ての機種が地図上に展開した。
また、それらが非常に精度よく表示されているのに驚いた。

いざという時のアイテムなので、機能がちゃんと働いているようにチェックしておいた方がいい。

---------------------------------------------------------------------------------

アップルTVのファームウェア4.4がリリースされたという情報があった。
つい忘れていて、今日実行してみたら4.3が最新版であり、我が家のアップルTVも4.3なので最新ですと表示される。
だが、1週間ほど前のニュースでは、4.4はこの様な機能が・・・と検索で出てくるが、3日ほど前の口コミで、iPadの映画などを地デジにミラーリングするのが著作権法に抵触する可能性があり現在ダウンロードを停止している・・・という情報を見つけた。

裏技を使用し、アップルTVをパソコンなどに接続してiTunes上で復元作業をすると4.4になるらしいが、そこまでして行うことではないので、正式に再開したら再度チャレンジして見ようと思う。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/21

LinkStationを新規に用意した

あれやこれやと、パソコン関連のものを購入したので、NASが飛んだが年末まで待って、新しく購入しようと思っていたが、ここ数日間やはりNASが無いと結構不便だと言うことが分かった。

たまたま、近くのPCDEPOTに顔を出したら、同型の製品がネットよりも安く販売されていた。
ここは思い切ってと直ぐに買い物かごに入れた次第。

全く同じなのだが、ファームウェアが更新されているため、機能がずいぶん増えているようで、設定項目が多くなっているが、基本的に使用する目的が単純なのでいくつかの項目をチェックしておしまい。
簡単に言えば、パスワードを変更する。
本体に異常が出たときにメールでお知らせする・・・今回メールは来なかったなぁ。
現時点では書き戻しに時間を要しているので、それが終了次第バックアップ設定し、バックアップタスクの報告をメールで行うように設定する。
と、このくらい・・・・・

バックアップ用のUSBHDDをブリッジさせ、バックアップデータをNASに戻す作業を始めた。
動画などのデータが300Gbもあるので、転送完了までは丸2日掛かるように表示されている。
表示よりは早く終了するだろうが気長に待つしか無いだろう。

本来は、この際だから500Gbの中容量ではなく1Tbとか1.5Tbクラスを購入すればいいと思うが、この様にクラッシュなどして復元するのに相当時間を要するから、現時点では500Gbクラスをちまちま使って、将来的にはWindowsサーバーなどでRAIDを組んで、本格的にファイル管理した方がいいと考えているので、今回もみみっちく同じものにした次第。

さて、HDDがだめになったLinkStationだが、どのような構造になっているのか分解してみた。
ネットではサプライ品としてHDDの排熱ファンや専用HDDが販売されている。
つまり、故障した場合は自分でも直すことが出来るものだと判断し、蓋を開けてみた。

底に貼り合わせられているラベルをはがすと、ノッチが2カ所現れる。
それを軽く押し込んで本体を開くと、他のノッチも外れ、本体が半分に分かれてくれる。

ヘッド側にねじが一本あるのでそれを外すと、排熱ファンが外れ、同時にHDDとプリント基板が外れる。
HDDは側面に一本のねじ、底面に3本のねじでとまっれいるので、それらを全て外すとHDDは簡単にボックスをスライドして外すことが出来る。

私はてっきり特注のHDDかと思っていたが、どうやらサムスン製のSATA接続HDD(Samsung EcoGreen F2 Serise HD502HI)だ。
5400回転で500Gb1プラッタ。
この容量を1プラッタで納めた初期の製品で、静音性に優れ7500回転製HDDに遜色のない性能があると口コミには書かれていた。

そこで、本体が発信していたエラー表示はHDDのクラッシュであり、他には問題がないと勝手に判断し、同じHDDをアマゾンにお願いしたが3970円。

仮にこれでうまく直ってくれれば、これを娘のMacBookProのバックアップ(TimeMachine)用にしようと思っている。
本体にもエラーがあり、復旧出来ないときは、1Fリビングにある唯一のWindows専用機「夏子2号」に組み込めばいい。
この夏子2号のHDDも結構使っているはずだから・・・・・。

このブログを記している内に2日の表示が1日になった。
明日の朝には終了しているかな・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/18

メモリー

BUFFALO ノートPC用増設メモリ PC3-8500(DDR3-1066) 4GB×2枚組 D3N1066-4GX2/Eを、5400円ほどで購入した。
口コミの大半は、Macマシンで使用来ていますという書き込みばかり。

Mac用として販売されているのは同仕様で10000円を超えている。
私も高額すぎて躊躇していた(なぜかPC1333はマック用で5000ほどだ)。

だが、今回は口コミを信用することにして、出張前にオーダーをしたのだが、納期2週間と言うことだった・・が、まぁいいかとキャンセルはしなかった。

出張開けに、早速、私のMacBookPro(2009)にセットアップ。
マイクロドライバーと言っても眼鏡用のドライバーのため、MacBookProの裏面のねじがなかなかあ取り外せず何とか山を壊さずに外すことが出来た。

一応、アップルの規定でメモリー交換までは保証の対象内に入っているので、作業は交換のみ。
早速、MacBookProを起動する。
もともと4Gbメモリーのため決してストレスは少なかったが、動画エンコードなどでは多少もたつきがあった。
しかし、OSをLionに変えてから結構メモリーの消費も多くなったので、iMacと同じ8Gbにしたかったのだが、うまくいった。

さて、MacBookProにセットされていたメモリーは、純正として組み込まれていたものなのでMacでエラーは出ない。

家内のMacMiniは1Gb×2枚構成であり、スロットも2レーンだ。
Macは全く使用せず、BootCampのWindows7が中心だが32ビットOSのため、多くのメモリーを積んでも3Gb しか認識しないので、2Gb×2=4Gbで十分。

MacMiniは、底蓋を反時計回りに少し回すだけで、メモリーにアクセスできる。
1Gb ×2枚を外し、2Gb×2枚をセットする。

Windows上では4Gbが持っていることは表示されているが使用メモリーは3Gbとなっている。
更にオンボードグラフィック用に280Mbほど持って行かれるので、実際は2.72Gbと言うことになる。

メモリーが増えたことで、多少体感的にUPするはず。
後で、感想を聞いてみよう。

今、手元にはDDR3-1066 1Gb×2枚が残っている。
二階のiMac(2007)はDDR2世代のため、使えないし既に4Gbとなっている。
メインのiMacはDDR3-1333のため、周波数が合わないが、一応システムはサポートしている・・・なお、全体動作は遅い方になってしまう。
情報ではそれほど変わらないと言っているが、1333から1066には落としたくないなぁ。
これが4Gb×2枚なら考えるけれど。

まぁ、何かの役に立つだろうと、今は倉庫にしまっておこう。

増設したMacBookProの使い勝手などの状態は改めてご報告したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/17

LinkStationお亡くなりになる

西明石出張中にホテルでマウスとマジックトラックパッドの不具合が発生した話はしばらく前に記した。
これらはなぜかドライバーを再度インストール(実際はBootCampユーティリティをセットアップし直しただけだが)することで問題なく使用できるようになった。

これらのソフトウェアなどの不具合は、なんだかんだと修正調整出来るのだが、ハードウェアの故障はまず無理と考えよう。

さて、出張中にわが家のセカンドカーがパンクし、更にタイヤの摩耗から来年の車検時に怪しいと言うことで新品になった。

娘のiPodTouchのボイスメモ機能が使えなくなった。

娘のMacBookProのメールで、受信は出来るが送信が出来なくなった。

NASにアクセスできなくなった。

以上の問題が発生したが、最初のパンクは解決していた。
メールの問題は、送信ポートを「587」に変更すると言う、よく使う手だがそれをMacのクイックタイムプレーヤーの操作動画を記録する方法で、設定方法を録画し、それをメールに添付してその通りにさせて解決した。
家族のメール設定項目は、いざという時のために暗号化し、持ち歩いているので今回は遠隔操作でうまくいった。

ボイスメモの件は、帰宅して直ぐにチェックに入った。
娘のことだから、MacBookPro(2011)のアップデートなど何もしていないのだろうと、まずそこらあたりから行い、iPodTouchのiOS5へのアップデートを行って、ボイスメモの具合も見た。
確かに使えない。

本体の具合かもしれないと、復元させてみたが、iTunesとの同期の時に「それ以外の領域」として黄色に彩られた領域が異常に多く表示されている。
それが同期するたびに容量が変化するという不思議だ。

そこで、ひょっとしたら・・・・と思い、ボイスメモソフトを立ち上げ・・・最初はフリーズ状態だったがしつこく起動を繰り返したら反応し始めた・・・保存を見てみると、なんと、今まで録音したものが全て残っているのだ。
しかも、録音長さはまちまちだが日付は同じで、どう考えてもその日付分を足してみると24時間以上もあるという状態だった。

同期してMac側には保存されているので、一度ボイスメモアプリを削除し・・・と思ったが、これはiPodTouch標準のソフトなので、どうしようも無いから全てのデータを削除して様子を見るように話をしておいた。
娘のものなので、データに関しては下手に取り扱えないからね。
なお、容量がオーバーと表示されても、iPodTouch内で確認してみるとステータスでは、確実に空き容量があるとなっている。

さて、最後にNASである、LinkStationのステータスランプがオレンジ色に点滅し、アクセスできなくなったと言う。
本来はブルー色に光っているが、オレンジ色に点滅の仕方で、エラーの内容が分かるが、どうやらHDDのセクタに異常が発生しているらしく、ご臨終寸前のような状態だ。

このNASも結構長く活躍してもらった。
所詮消耗品なので、仕方が無いことなのだが、私の直感というものは鋭いのかどうか・・・映像のデータと音楽データは二階にあるiMac(2007)に全てコピーしておいた。
これは、アップルTVを利用して地デジで再生させるためが目的だったが、功を奏した。

家族のそれぞれのデータは、明らかに不要というものをある程度整理し、Windowsマシンの相当空いているDないしEドライブに移動させたのはしばらく前のこと。
もちろん自分のデータも、iMac(2011)に移動した。
これらは、SkyDriveなどをうまく利用するのが目的だ。

しかし、これから行おうと家内のフォルダーだけは残っていた。
古いメールのデータやら、重複しているが家族の画像データなど含めて50Gbほどの容量があった。

それらをどこにコピーしようかなと考えていた矢先のこと。
なお、NASにはバックアップ用USBHDDがNASにブリッジさせてあるが、NASが故障するとUSBHDDからはデータを取り出せない。

方法は一つ、我が家と同方のNASを会社で使用しているので、そこにUSBHDDを接続して吸い出すしかないだろうし、その方法なら可能だろう。
以前は、会社のNASが故障したときは我が家のNASで同じ方法で吸い出したことがあるから・・・・

と言うことで、近々に新しいNASかLAN対応HDDを購入・・と思っているのだが、ここのところプリンターやらメモリーやらなんだかんだとお金を使ってしまったので、ここは年末まで我慢と言うことにした。
データ吸い出し後に、USBHDDを初期化して普通の外付けHDDにして、タイムカプセルに接続すれば、疑似LANHDDにはなるけれどね。
転送速度はどうか・・・・・・

まぁ、家庭を不在にするといろいろあるなぁ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/16

iCloudとメール、カレンダーの設定

iOS5にアップし、iCloudを無料で使用できるようになった。
同時にアップルから@me.comと言うメールアドレスをもらったのだが、それらを既存のシステムにどのように組み込めばいいか、試してみた。

Macの場合は、iCloud.comにアクセスし、サインインすればいい。
環境設定内にiCloudアイコンが出来るので、それをクリックするとiCloudと同期するアイテムが現れるから、必要なアイテムをチェックすればいい。

Macの場合はとても簡単だ。
やはりアップル製品同士だから、多少使いやすくカスタマイズすれば、今までより格段と使いやすいし、複数のMacを所有する方は、予定や@me.comメールは常に同じ内容になる。
同期機能は本当に便利。

さて、Macでは無くWindowsではどうか。
基本的にWindowsVista並びにWindows7であり、アウトルック2007ないし2010がインストールされていることが前提。

アップルサイトよりiCloud Control Panel for Windowsと言うソフトをダウンロードしてインストールするとコントロールパネルにiCloudアイコンが出来るので、それをクリックする。

すると、基本的にMacと同じWindowが現れる。
ただし、一番最初にメールを設定する。
設定は、アウトルックがアクティヴなメーラー出ない場合は変更を求められる。
そして、メールの設定は半自動で出来る。
メールのパスワードを求められるが、これはアップルIDのパスワードを入力し、念のため送受設定がちゃんと出来ているか確認しておくといい。

メールの設定が終わると、カレンダーの同期設定だ出来るようになる。
アイコンの左にチェックを入れればいい。

同期設定を既に別パソコンで行っていたり、iPhoneなどで同期の設定が終わっていれば、それらと共有した状態でデータがダウンロードされ、全てが同一の状態になる。

私は、Windowsではアウトルック2007を使い、今まではこれが中心だった。
それらをMacやiPodTouchと同期させるためにグーグルカレンダーを中心としてグーグルシンクを使って同期させていた。

だが、MacのカレンダーソフトのiCalにはそれぞれのスケジュール内容を、個人とかホームとか仕事と言うようにいわゆるグループ分けを行い、表示の可否が任意で出来ていて大変便利だった。

だが、グーグルシンクではそれは出来ないので、全てを同じグループでスケジュールを管理していた。
それがすごく不満で何とかしたいなぁと思いながら今日まできてしまった。

しかし、iCloudではそれらの問題が全て解決した。
これからはiCalが中心となり、色分けのグループ化で、個人のスケジュール家庭のスケジュールなど別個に管理が出来る。
そして、アウトルックにはタブ化した状態でグループ化したスケジュール表が表示されるようになった。
アウトルックのスケジュール表は、半透明になっていて全てのグループを表示していてもちゃんと透けて見える。
もちろん、ターゲットにしているスケジュール表を選択して一番表にすると、そのスケジュールの変更などが行える。

今まで、もやもやしていた事が、この様にサードパーティのシンクソフトを用いず、純正ソフトでカバーできるのは本当にうれしい。

・・・・・・@me.comメールは、もちろんオフラインで管理できる。
だが、iCloud(Web)上からも操作ができる。

従って、私の場合、WindowsLiveメールはメインのメールで、それらとは別にアウトルックを使うという余分は出来るが、逆に別々に管理できるという利点を考慮し、ここしばらく活用してみようかと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/15

西明石出張終わる。

東大阪に工場があり、営業も配置しているので、一旦そこにより、いくつかのテーマをこなした後の飲みに行った。

ちと午前様になり、早朝にわが家に向かう予定を、起きるまでに任せ、ゆっくりと朝を迎えた。

しっかり寝たの疲れも酔いも無い。
頭がすっきりしている。

東大阪を8時に出た。
直ぐに高速道路に入る。

途中京都近辺で事故渋滞が2km程あったが、それ以外は順調。

一度トイレ休憩を行い、昼過ぎには家に着いた。

550km・・・5時間。

会社に立ち寄り、2週間開けた状態をチェック。
留守中のスタッフの大変さが分かるほどに、ほとんどを代行してくれていた・・・感謝。

やはり、わが家はいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/13

iOS5

新しいもの好きは直ぐにアップデートする・・・・です。

iCloudがどのようなものか大変興味があった。
ドロップボックスのような働きをするのかなと思っていたが、決して自由に使えるインターネットディスクのようなものではなかった。

簡単に言えば、iPhoneなどのバックアップは今までケーブルでパソコンと接続してiTunesと同期の時に行われていたのを、WiFiを利用してiCloudに行うようになっただけだ。
従来通り、パソコンにバックアップする選択も出来るが、iClou側にする場合はほかのパソコンとも同期しやすいらしい。
なお、自分の手持ちのCDからリッピングした曲や動画などはバックアップの対象にならないので、従来通りパソコンと接続して・・・と言う形になる。

また、同期はWiFiのみならず、必ずiPhoneなどが充電状態であることも実行する上での条件となっている。
結局は有線と同じ状態ではないかと思ったが、従来はiTunesと同期中は進行画面固定だったが、iOS5では同期しながら別の作業が出来るようになった。
まぁ、まだまだこなれていない点もあると思うがなかなか便利な機能であることは確かだ。

画像の処理関係が結構改善された。
ロック状態でもカメラ撮影が直ぐに出来るのはいいかも。
それが直ぐに「フォトストリーム」というiCloud側の領域に転送され30日間保管され、別のパソコンでもその画像を扱うことが出来るようになる。

でも、フォトストリームに転送された画像は、その状態では削除も加工も出来ず、かならず30日間そこにあることになる。
変な写真を趣味にしている方は・・・・フォトストリーム機能はOFFにされた方がいいと思うよ。
私は、便利なのでONだけれど。

通知機能が結構・・「うざい」汚い言葉を使ってしまった・・系だが、便利は便利。
画面のトップから下面に指一本下げれば、するすると内容が降りてくる。
デフォルトでは結構多くのアプリケーションが対象となっている。

今回、多くの機能がプッシュ式に各アプリケーションに合わせ、何らかのアクセスを行うようだ。
従って、不要な通知やバックアップやら、多くのアプリケーションを使っておられる方は、設定完了まで画面とにらめっこになられることを覚悟しよう。

あとは、機能と言えば機能だが、各アプリケーションに対する細かな情報の表示が行われるようになった。
使用しているアプリケーションの容量などの情報が全て細かく表示される。

シンプルさが信条のアップルだが、一般的には不要の表示もかなり増えて、いじりまくるのが好きな方はいいが多くの方にはいらないもの・・・掘り下げればまだまだ出てきそう。

それから、iCloudをONにするときに新規にメールアドレスを与えられる。
これは、一度決めると二度と変更が出来ないらしいので、きっちりアドレス決めよう。
メールの設定も自動で行ってくれて、サブアドレスでもメインアドレスでもいいので、十分に活用できるのじゃないかと思う。
なお、iCloudにはメールのバックアップ機能があるのだが、それらはそのメールアドレスのみが対象なのだろうか。
バックアップされた容量からすると、メインメールのデータは対象となっていないみたい。
でも、自由にフォルダーの作成が出来るなど今まで不便だったものから、かなり自由度が高くなったのでそちらを主に使用してもいいかもしれないと思っている。

ダウンロードして半日、まだまださわりを見ているに過ぎないが、いずれにしても新しい機能を見るのは楽しい。
しばらくは楽しめるかな。

・・・・・・そう、カレンダーの同期も行ってくれるのだが、私はWindows側から、Mac側からとスケジュールの管理は頻繁に行っている。
それらを自由に同期を可能にしてくれているのがグーグルカレンダーとグーグルシンクだ。
だが、この設定に更にiCloudの同期設定をすると同じ内容が二重に表示されるようになる。
つまり、二種類の同期が働くためなので、どちらかにしなければならない。
私は、従来のシステムで行い、iCloudのメール同期機能はOFFにした。
Windows・・・殆どがアウトルックだと思うが・・・側から変更してもiPodTouchとうまく同期できるか不安があって、もう少しこのあたりの仕組みを把握したら改めて考えたいと思っている。

iOS5は情報ではダウンロード時にエラーを出すことがあるらしい。
正確にはうまくダウンロードできない場合がある。
私も、表示がデータのバックアップとなったとたんに、サーバーとつながりませんと表示されそこでストップ。
アプリケーションはダウンロード完了のあとだった。
結構長くかかったのだが、時間をおいて再度チャレンジしたらまた最初からのため、またまた時間がかかってしまった。
でも、二度目は問題なく1時間以上時間をかけてアップデートが完了した。
なお、ここから更に・・・・音楽、写真、インストールアプリ・・・たっぷり余裕を持って実行されたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/11

姫路城

耐震実験場詰め以外は、ホテルで実験風景撮影動画などの編集以外に、洗濯などしかやることがないので、体がなまって仕方がない。

昨日は、娘からSOSで、大学のテント看板のデザインを頼まれてそのお手伝いを行っていたので、それなりに時間つぶしになった。

だが、さすがに長期に西明石にいながらどこにも出かけないのも癪だし、かといってインサイトで出かけるのも、簡単すぎて・・・・

そこで、西明石からJRに乗って姫路に降り立った。
そう、姫路城でも見に行こうと思い立ったのだ。

姫路は、新幹線でいつも素通りする。
実際、立ち寄ったのは二度目だが、遙か30年も昔のことだ。

駅前の観光案内で、今年から数年かけて天守閣の大修理を行っているため、お城は大きなテントにすっぽりと覆い被さっていて、、外からは一切見えない。

現在は、内部に入るのに400円、更にテント側に特別展望台などが出来て、200円で最上階まで上ることが出来る。
展望室からは、天守閣の屋根など(修理しているところなど)が間近に見ることが出来て、この修理期間のみの特別なことだと説明を受けた。

Img_8690_2


私は、天守閣を外から見るのが好きなので、内部には入らなかったし、最初から興味はなかった。

そこで、お城の周りのお堀を一周するため、のんびりと歩き始めた。
お堀の鯉をしばらく見ていたり、白鷺の踊りを観察したり、小一時間で巡ることが出来る。

お城周りは公園になっているが、特に飲食の制限はないらしく、シートを敷いてのんびりハイキング気分で食事をしている家族が居る。
スケッチをしているおばあさんの姿。

ちょこっと、リッチな雰囲気だった。

案の定、天守閣の内部は相当の混雑らしく、展望台には30分以上も並ぶと案内があった。
だが、表側はそれほど多くの人は居ないので、のんびりと散策が出来、いい汗をかくことが出来た。

駅前をまっすぐ天守閣に向かわずに、左手を大きく迂回するように進むと、高尾アパートという凄く古い団地がある。
団地と言っても一棟だけだが、建物の3階あたりを長手方向に水道道路みたいなものが突き刺さるように抜けている。
それらの道路らしきものは、それ以外に姫路駅近くから、その高尾アパートを通り更に西に向かって続いている。

しかし、それらは、途中途切れている場所もあり、またまるで「天空の城ラピュタ」の廃墟のように苔むしている。

・・・・・何の建築物なのだろう。

そこで、高尾アパートに不法侵入したが、結局その道路らしき部分には行き着けない。
でも、アパートの入り口の地図で何かが分かった。

その地図はガリ版で作ったもので、なんと国鉄時代のものだった。
そして、そこに「国鉄姫路駅」とあり、更にモノレール「姫路駅」と記されていた。

Img_8672_2


あの、水道道路らしきものはモノレールだったのだ。

そして、きっと高尾アパートの突き抜けている部分も駅だったのに違いない。

時代に取り残された遺物は、今は鳥たちの巣になっている。
まさにラピュタなのだった。

Img_8674


まさか、姫路で「みやざきはやお」に出会うとは思ってもいなかった(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/10

不具合

西明石ホテルのブロードバンド環境はよくない。
今時ADSLなんて・・・と思ってよくよく考えたら、私の周りでも居ないことはないが、ホテルでこのような状況は致命傷にはならないが、かなりハンディと思っていいと思う。

大きなデータなどのやりとりも億劫になり、実験の動画を会社に送ろうと思ったがやめた。
下手にアップデートがあって実行しようと思ったら、小一時間ほかの作業が出来なくなる。
どのような手を打っても、元がADSLなので、手の打ちようがない・・・・あきらめ。

さて、今回ホテルにはiMacとMacBookProを持ち込んでいる。
HPの無線LAN対応プリンターとロジクールのポケットルーターも持参した。

どうやら、ホテルの環境では何をしてもiPodTouchとAirPrintが出来ない。
iMacを有線LANで接続し、iMacを共有LAN化してみても結局、プリンターが現れなかった。
まぁ、iPod Touchから直接印刷することは少ないが、現場の写真などは面倒なので・・・と横着に考えると面倒。

しかし、問題が幾つか発生している。

MacBookProのメールの送受はMacOSXもWindows7側も問題なく出来る。
もちろん、iPodTouchでも出来る。

しかし、iMacのMacOSX側では送信が出来ない。
サーバーから跳ね返されるのだ。

いろいろ設定をいじってみたが、解決が出来ない。
Windows7側はどうか・・・問題がない。

ホテルのレイアウトとスペースの関係状、iMacとMacBookProを同時に立ち上げての作業は厳しい。
プリンターの上にMacBookProを乗せておけばいいが、排気熱がプリンターの天板にどのような影響を与えるか分からないので、それはしたくない。

実験撮影動画編集ソフトはアドビプレミアエレメントを使用するのだが、ライセンスの関係上Windows7にはインストールしていないため、MacOSX側で作業する。
その時にメールが来て、返信しなければならない状況で返信が出来ない。

そのたびにいちいちMacBookProを開いて・・・・贅沢だがストレスになる。

アップルワイヤレスマジックトラックパッドを標準で使用しているのだが、突然Windows側で認識しなくなった。
それも突然である。
ついさっきまで使っていたのにである。

MacOSX側では問題なく使える。
OSを立ち上げれば直ぐにブルートゥース通信が働き、問題なく使える。
しかし、Windows側ではデバイスのアイコンがあるのに起動しないから、一旦削除し再登録を行おうと思ったが、Windowsはマジックトラックパッドを発見しているが、ドライバーの読み込みに行かない。

まぁ、実際Windows側で滅多にトラックパッドは使用しない。
MacOSXのようなフィンガージェスチャーが使えないためマウス中心だから・・・だけど。

・・・・いずれにしても、今まで使えていたのに、急に使えなくなるなんて、どうなっているのだろう。


少し、贅沢なことだけれどね。

でも、ストレスになる・・・・・

続きを読む "不具合"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/09

淡路島

西明石ホテルを出発して高速道路に入り、西明石大橋を渡り1時間もかからないで、淡路島サービスエリアに着く。

ここにはスターバックスコーヒーがあり、狙い通り観光客でお店の販売は賑わっているが、席は十分に空いていた。
西明石大橋が目の前に見える席を陣取り、日付は昨日のブログを書き込み、今日を明日の日付でアップする。
一日一つの内容と自分で決めているので、3日後のブログは実は今日だったと言うことが多い。
日付は単に目安と考えてご了解願いたい。

さて、OFFになった土曜日。

簡単に一日を潰すのに淡路島一周を考えた。
本当は小豆島にも行ってみたいのだが、フェリーに乗らなければならないので、それは後でゆっくり検討するとして、今日はこの島をのんびりと流すことに決めた。

一応、ここまでをアップするが、ホテルに戻り面白いことが発見できた場合はここに続きを記したい。

-------------------------------------------------------------------------

サーブスエリアでもらったパンフレットに「七福神巡り」の案内があった。

よし!取りあえず回ってみようと言うことで始めてみたが、これが距離があって結構大変だった。
しかも、どの神社も・・・・・これ以上は言わないどこっと。

なお、洲本城の石垣は立派だった。
これほど広範囲に残っているのはそうざらにはない。

天守閣は昭和3年に洲本町の時代に少ない予算で再建したため、本来天守閣は基礎の石垣一杯に建てられていたらしいのだが、二回りほど小さい天守閣になっている。

これらは、近くの茶屋のおばあちゃんに聞いた話。

耳が遠い方なので、近所まで届くような声で話さなければならず苦労したが、戴いた甘酒はとてもおいしかったなぁ。

のんびりと海を観ながらのドライブも、とても楽しかった。

いい一日を過ごさせてもらった・・・・・・・・

Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/08

E-Defense耐震実験第2日目

昨日、E-Defense耐震実験第2日目が終了し、同時に公開実験日でもあったので、各プレス(と言っても関西系メディアばかりだったが)の取材などもあった。
ホテルに戻りNHK放送を観ていたら、18時からのローカルニュースに実験風景が映し出され、遠目にヘルメット姿の私が何気に映っていた。
これだよ、と言わない限り分からない位だが、ローカルであってもニュースに取り上げられるほどの内容の実験に参加が出来て何よりだと思っている。

今回の実験は、駆体が免震構造になっているので、東日本震災時に西新宿が受けた余震の330%にパワーアップした振動であっても、フロアは相当減衰するため、6階相当を想定している実験棟1階部分の揺れは震度3クラスになっていると思う。
現場の発表では震度5弱と言っているが、揺れを見た限りではそこまでいってはいない。

なお、30階あたりを想定している実験棟3階並びに4階部分のフロアは、事務所レイアウト部分の椅子やホワイトボードは、フロアの隅から隅までまるでポルターガイストに遊ばれているごとく走り回っていた。
なお、ラックなどは耐震補強を施しているので損傷はなかったが、それらをなされていない応接間は無残な状態だった。

これらの階層は震度5弱と言ってもいいような惨状がNHKニュースで流れていた。
でも、それきりで、願わくば記録しておこうとiPodTouchを用意していたが、以降放映されることはなかった。
まぁ、聞く話ではNHKスペシャルで放映されるだろうと言うことらしいが、定かではない。
ちなみにNHKローカルニュース(WEB)には、簡単なニュース内容がアップされていた。

http://www.nhk.or.jp/kobe/lnews/2025914391.html

ご興味のある方はどうぞ。

さて、実験において供出協力している部材関連(自社製品の接続されている機器含め)に損傷が出た場合、それらが実験当日に修復できない場合、翌日か次回実験前日に修復並び調整を行う必要がある。
しかしながら、問題が発生しなかったため、それらの予備日がOFFになるのだが、連休と重なりその間なにもすることがなくなる。
そこで、瀬戸内海でも見に行こうかと思っている。
日曜日と月曜日はまた考えよう。

次週の水曜日に第3回目の実験があるので、それの前日はホテル待機を命じられている。
それは、最後の実験は一階部分の免震構造を固定して耐震構造化する上で、作業時に供出部材などに損傷が出た場合は出動となるからだ。

ここで言う、耐震構造化とは免震ダンパーなどの振動減衰装置を完全に固定することで、地震の振動波を駆体に直接与えると言うことだ。
その結果、耐震構造のため駆体は十分な強度があっても、居室内の什器や家具、設備機器に与える加速度がそのまま伝わり、固定されていないものは先の実験と同じ地震力であってもまず吹っ飛ぶ。
固定されていてもその固定強度を加速度が上回れば、やはり吹っ飛ぶ。

つまり、最後日の実験がもっとも大きなイベントであり、現実的に中層ビルなどの殆どが免震化していない状況では、震災シミュレーションとしては一番正しい。

それらの現実に近い実験の結果を少しだけとなると思うが、改めてアップしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/07

Mac

初めて個人所有で手にしたパソコンは、IBM製「アプティバ」と言う、今から思えば初心者が使用するようなOSにWindows95を採用した製品だった。

会社でWindowsNT3.0を導入したことにとり、営業自ら伝票の発行を行うようにと言う辞令があり、今までワープロしか使用したことがない私としては、勉強の意味からも個人で用意する必要が生じたが、当時のパソコンはそう簡単に「はいどうぞ」と言って購入できる金額のものではなかった。

それより少し前、写真撮影(私の場合はカメラの趣味だが)を通してデザイン関係の知り合いも何人かいたが、その中の幾人かはMacintoshを所有し、それらを使いこなしている姿にすごく驚嘆したのを覚えている。
しかし、WindowsとMacOSの違いからと仕事との兼ね合いから、最初に選んだパソコンは泣く泣くWindowsにしたのだ。

でも、やはり、もともとデザイン志向の私は、パソコンと同時にプリンターは当然のことながら、スキャナーとデジカメも購入した。
本来はフィルムスキャナーがほしかったのだが、当時はまだ販売したてのカシオのデジカメ(27万画素)よりも高額だったため、そちらは結局あきらめた。
これらで商売をするわけではなく、あくまでも撮影したデータをパソコンに簡単に取り込み作業を行うのが目的だった。

でも、全てそろえると軽自動車くらい購入できるほどになり、ずいぶん贅沢したものだ。

しかし、Macをあきらめたわけではない。
いずれ機会があれば・・・・・と思っているうちにWindowsの悪魔の道に入っていく。
つまりパワーアップの世界だ。

抽選で当たったパソコンゲームが起動しない。
アプティバは残念ながらDirectX未対応であり、自動車レースゲームはDX2以上が必要。
従って、VGAカードを購入、HDDの増設、メモリーの増設・・・・・・・CPUのパワーアップ。

更に二台目のパソコンは自作・・・・・・
動作検証グループに入り、検証費用は入るが部品購入費用の方が大きく、足は確実に出る。

でも、金銭には換えられない膨大な知識を得ることが出来、持ち前の電気設計知識と混ぜ合わせて、現在仕事でも他の部分でも充分に活用させてもらっている。

しかし、現行アルミニウム躯体のiMacがインテルCPUを載せて販売され始めて状況は大きく変わった。
BootCampを使用すればWindowsも起動し、手持ちの資産を無駄にしなくてもいいことも追い風となったことも事実。

だが、それよりも少し前、事務所の引っ越し業務を生業としている会社に勤める義弟から処分予定のG4Macをもらった。
引っ越しで不要になったMacだが、その処分に自由度がつき、私がもらっても問題がなかったからなのだが、それが私のMac機個人所有の始まりだった。

MacOSはクラシック。
一緒に付いてきたOSリカバリーCDは別機のものらしく、使用するなら新規にフォーマットしてリカバリーと思ったらOSのインストールが出来ない。
知り合いから、使用していないライセンスのあるOSをもらって何とか起動できるようにしてしばらく勉強モードで使ってみたが、やはりWindowsで言うWin9×系とWinXPとの違い位にMacOSとMacOSXの違いもあり、新しい機種がほしくなる。

だが、パワーPCのMacxにはどうしても投資する魅力が乏しい。
同時にインテルCPUに移行するという話も出ていた。
更にその場合、MacでWindowsを動かすことが出来るかもしれないと言う予測も出ていた。

後は時期を待つのみ。

-------------------------------------------------------------------
現在、新しくWindows機を購入しようという気持ちは全くない。
実際、我が家ではWindows機を一台残し、他は全てMacとなっている、

私は、BootCampを利用してMacとWindows両OSを使いこなしている。
家内は、Macを全く使用せず、Windowsのみで利用しているが実機はMacMiniである。
アップルTVを利用し、家族全員iPod Touchを所有してどこに出かけるときも鞄の中にある。

今まで、多くの家電や機器を購入し使用してきたが、所謂所有感というものを持ったことが無い。
(なお、車は別であるが・・・・・・・)

どれほどお気に入りの鞄でも、あくまでも機能の問題で、鞄自体の思い入れはない。
デザインがいいから使いやすいからと言う感覚と所有感とは異なる。

だが、アップル製品にはあるのだ。

iMacの形が違ったら、MacBookの材質が違ったら・・・・細かなもの、例えばマジックトラックパッドにしても、洗練されたデザイナーの私でさえも心を動かされるデザイン。

決して100%使いやすくはない。
でも、購入し金銭を払ったことに後悔を全くさせない製品の数々(マウスは別・・・これは使いやすさが最優先。これに関してはアップルの主張を私は受け入れない)。

--------------------------------------------------------------------
昨日、スティーブ・ジョブスが亡くなった。

彼の経営手腕は高く評価されているようだが、私は彼にあったり話をしたりしたわけではなく、彼がどのような人間かは全く知らないし、会社の業績を伸ばした事実は事実で、成功者に対する評価は当然大きいのは当たり前だと思っている。

私の見方はこうだ。

彼は世界に類を見ない、ハイブリッドな人間だと思っている。
製造側と販売側の両方をコントロールできる人間はまずいない。
どちらか秀でていてもどちらかは劣っているものだ。

私たちは彼の想像する世界で踊らされているのだ。
彼がほしいと思っている夢を形にして私たちに提供する。
まさに、私たちがほしいと思う一致したそのものを彼は更に先の世界から次々と繰り出してくる。

そう、妥協のない製品達・・・・・

あまりにもすごい才能の彼が亡くなった今、アップルはどうなるのだろう。

私たちが、いや、私が震える感動の製品をこれからも生み出してくれるのだろうか。

でも・・・・・・今は心配するときではない。

改めて・・・・・・・・・・・・・・・・哀悼の意を表したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/06

E-Defense2011

Edefense2011

文部科学省における「首都直下地震防災減災特別プロジェクト」(5カ年計画)の最後の実験による、相当大がかりな地震災害検証実験に参加するための出張に入り既に6日目になる。

実験は二週間の内に3日間実施され、初日と最後日は6回、第二日目は公開実験を含め4回、合計16回の振動波を再現する。

最大は、東日本震災時に西新宿にて計測された本震100%再現と余震300%再現、神戸淡路震災の75%(これが最後実験になる)が計画されている。

既に初日の実験は終えており、西新宿本震100%(11分ほど揺らす)と西新宿余震150%(これも11分ほど揺らした)を行った。

実験後にはそれぞれ、関係箇所の検証を行うのだが、入場には人数制限されるため、機器が広範囲にあるメーカーの場合は員数でカバーするのが難しく、確認する箇所がまとまり且つ少なく短時間で終わる私の場合、腕章(これが無いと躯体に入場できない)を又貸しして協力することになる。

今回の実験は、画像でも分かるとおり、2階部分には揺れを増幅する装置が取り付けられているので、3階は高層30階あたりを想定した設計となっている。

オフィス被災を想定し、一般の事務所内と同じレイアウトを再現して、什器などの被災状態から防災のための指針を探る・・・文部科学省らしい検証である。

私は、一階の機械室・・・つまり設備グループに入る、入場直ぐに機器の損傷確認なので、短時間で終わるのだが、ダイキン(空調機メーカー)は各室内の天井部分にあるカセット式エアコンの状態をチェックするため、1階と3階の全てのため、大がかりになる。

電気関係は、通電状態・・つまり電圧変化もチェック対象となるので、単に機器の外見検査だけの私と違い点検項目が多岐にわたる。

早朝8時に現場に入り、ビデオ撮影の用意・・・場所取りを行う。
9時より会議となり、11時近くに第一回目の振動を行う。

実験と実験の間は、起震機の調整(油圧式なので増圧減圧調整を行う)後に躯耐調査、そして再び起震機調整後に振動実験。

最後の躯耐調査は19時過ぎの予定だったが、結果的には一時間ほど早く終了した。
しかし、次回の打ち合わせを設備グループで行ったので、現場を引き上げるのは19時をかなり回っていた。

立っている時間が結構長いため、かなり疲れた一日だった。

第二回実験日は明日。
実験回数は少ないのだが、公開実験時に実施される「西新宿余震300%」では、相当機器などがダメージを受けるだろうから、損傷箇所の検証と復旧のため、その後の時間が掛かる可能性がある。

実験予定ではそれらも考慮し、私たちは待機日として留保するよう指示を受けている。
従って、何もなく実験日当日のみで作業が終了すれば、翌日は何もないことになる。
実際、何かあれば直ぐに現場に行くことが出来るように、ホテル待機なので自由はないが。

と言うことで、昨日は撮影動画を編集しパソコン視聴用に「MPEG」形式にし、iPod用に「MP4」形式に変換した。
もちろんDVDも作成した。
前回のようなブルレイ化にする予定はない(再生機器環境に制限があるため必要性が低いと判断している)。
これらは、普段のような状態ではなかなか作成できないが、今回は丸一日掛けて、躯耐全体と機器部分(VTRは二機持ち込んだ)の編集が出来た。

次回は、実験翌日に現場に出かけても、連休があるので同じように出張中にまとめられるだろう。

さて・・・・午前中に何も招集が掛からないので、今日は少し海でも見に行こうか・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/03

西明石ホテル

Photo


西明石ホテルは大変古いようで・・・実際古い・・・シャワーの頭のヒビから多少あっちの方にお湯が飛んでいったり、洗面あたりから水漏れしていたり、ベッドの壁面のコンセントは使えなかったり・・・・。

でも、併設されている「善作」という飲み屋と経営が一緒のため、朝食はなかなかだ。

私は、ビジネスプラン「朝食付」で4900円と言う料金で契約をしているのだが、この金額で神戸あたりでは泊まれないし仮にあったとしても朝食は別料金だろう。

名古屋あたりで、ここと同じレベルでは6000円くらい。
しかも朝はトーストとサラダ&コーヒー位だ。

このホテルの隣にあるホテルは、朝はバイキングなのだが、名ばかりで簡単な総菜が2点ほどあるだけで、西明石ホテルの朝食とは比べものにもならない。

ここは決して旅館ではない、ビジネスホテルなのだ。
ちょっとした団体旅行の朝食並みに私は感激している。

このペースで行くと、栄養過多になりかねないので、他の食事は簡単にしなければならないかもしれない。
Eディフェンス耐震実験場にでかければ、近辺に食堂がないので、コンビニ弁当かおにぎり程度で終わってしまうから、夕食はある程度と考えるが、今日はレポートをまとめる作業が3本あるため、一日ホテルに籠もる。
そのため「善作」は490円でお昼の定食を行っているから、今日はそれを食するとなると、夕飯は簡単に終わらせよう。
じゃあないと、栄養の偏りと体重増加(といっても63~64kg位か・・私のベスト体重は62kgほど)になってしまうと多少からだが重く感じるので困るからね。

出張で一番困るのは食事だ。

中華系が好きな私は、出張中はそちら系を求めて暖簾をくぐる。
滅多に飲まないし、一人だとまず居酒屋には行かない。
飲まない分だけ食べる。

かなり昔の話だが、出張続きでほとんど家に帰れない時期があった。
一見健康体そのものなのに、会社の健康診断時に栄養失調気味と宣告されて大いにショックを受けたことがある。
偏食(好き嫌いではなく好きなものばかり食していても・・・)は場合によって必要な栄養素が不足し、栄養失調と同じ状態を生み出すらしい。

それ以来、肉と魚や日本食と中華などを交互に食するように心がけている。

そのようなことから、このホテルの朝食をしっかり摂ったらお昼か夕食は手抜きしないと、私の場合不健康になるので、気をつけなければ。

----------------------------------------------------------------------------

さて、話は変わり、ホテル室に持ち込んだパソコンとプリンターの続き。

ロジテック製ポケットルーターのアクセスポイント化は出来た。
ルーターモードとAPモードの切り替えは、ブラウザから設定するのだが、これが変更されて再起動するまで数分間かかるようで、てっきりフリーズしたとばかり思ったが、とにかく待てばいいのだと言うことが分かった。

このホテルのルーターモデムはNEC製「VF200F6」。
ホテル側にもっと高速回線の部屋はないかと聞いたが、全室一緒らしい。
ホテルの他設備をみれば何となく分かる気がする・・・ここはあきらめ。

いずれにしてもルーターモードのADSLモデムなので、ポケットルーターをAP化して再度接続してみた。
と言って、もともと低速回線なので、これで高速化出来るわけではないが、無事に全て無線化することが出来た。

なお、MacBookProから結局HPのプリンターは見えないので、IPアドレス指定で狙い撃ち設定したら無事に無線接続され印刷が出来るようになった(iMacは面倒なのでUSB接続のまま)

しかしiPod TouchからはAirPrinntは相変わらずだめだった(IPアドレス指定できればいいのだけれどね)

Nisiakasihotel


配線をすっきりさせるためデスクの後ろに全て落とした。
やっぱり、仕事周りはごちゃごちゃしていては気分的に仕事に身が入らないからね。

さて、これからレポートをまとめようか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/02

ADSL

兵庫県西明石駅前に西明石ホテルがある。
今回の長期出張は13連泊になるのだが、このホテルに予約を入れた。

本来はその隣のスマイルホテル西明石を予定していた。
と言うには、昨年のEディフェンス耐震実験では、こちらのホテルに投宿したので、知っているホテルの方がいいと思ったのだが、楽天のクリックを間違えてしまった。

まぁ、結果的に西明石ホテルは平面駐車場の用意があるので立体駐車場しかないスマイルよりいいかな。

だが、ネットワーク回線がよくない。
ロジクール製ソフトウェアで家内のWindowsとテレビ電話をすると駒落ち状態だ。
家内の声はちゃんと聞こえるが、私の声は途切れるようだ。

娘のiPod TouchとのFaceTmeでは、気になるほどではないが、家内との定期連絡が不便ではちょっと・・・・

備え付けのモデムを調べてみるとNEC製ADSLモデムのようだ。
本来ADSLなどがとPPPoE接続のためパソコン側の設定が必要と思うが、たぶんモデムルーターになっているのだろうと思う。

ネットで通信速度を計測してみると、ばらつきがずいぶんあるが1.7Mから10Mあたりだった。
我が家では普通に200Mあたりの環境なので、それと比べるとストレスになるし、この速度ではテレビ電話は厳しい。
まぁ何とか会話が出来るからいいけれど。

このホテルに投宿し、最初に衣類の整理を行った。
そして、落ち着いた頃を見計らい、パソコンの設置に入った。

予定ではポケットルーターをモデムにセットして全て無線LAN化する予定だった。
しかし、どうやらモデムルーターなのでポケットルーターをアクセスポイントに変更しようとポケットルータにログインして設定を変えると・・・・今度は内部にアクセスできないのだ(このルーターの切り替えは外部スイッチがないので内部にアクセスして切り替える仕様なのだ)。

結局、リセットスイッチで初期化し、それを二度繰り返したが結局同じことなので、試しにADSLモデムに接続してみたら、ちゃんとネットにはログインできることが分かった。
だが、通信速度がめちゃくちゃ遅い。
1M以下になることもある。

これでは、Win95時代に逆もどりだ。

結局、iMacにはモデムを直接有線LANで接続し、iMacの共有設定でiPod TouchとMacBookProを接続するという方法でセットを完了した。

ちなみにHPプリンターは無線LAN対応なのだが、iMacの共有設定はWEPのみしか設定できず、HPプリンターはWPA(2)かWPS対応であり、WEPでは接続できない。
従って、iMacの共有設定では使用できないと言うことになる。

まぁ、WEPのセキュリティは低いので、結局はE-Mobileを使用してMacBookProとiPodTouchは無線回線(こちらはWPA2)の使用を行うように直したけれど・・・通信速度は求めないから。

ちなみにHPプリンターをE-Mobileに接続すればiPod TouchのAirPrintが使えるかなと試したが、プリンターの設定は出来るし、iPod Toucからもプリンターの認識はしているが、印刷が出来ない。
通信スピードが遅いからなのかどうか・・・結局iMacにUSB接続して使用することにした。
無線にこだわる必要はMacBookProから直接印刷できないことくらいだから、ここはすっぱりあきらめて印刷に必要なときはUSBメモリーなどを活用することにした。

本来、これらの機器は家で使用するもので、それをホテルなど内容不明の設備に合わせようというものが無理なのだ。

きりのいいところで最低できることが確保されたならばそれに甘んじるしかないだろう。
いずれにしても元凶はADSL環境だ。

これはつらい。

まぁ、困ることは少なくはないが、このホテルの朝食の豪華さ(ビジネスホテルの昼食なんて、あってないようなものばかりだ)に感激。
これで、ADSL問題と帳消しにしていいかもしれない。

と言うことで、次回はそれぞれの状況写真でも掲載する予定だ。

では、Eディフェンス耐震実験場に出かけよう。
今日、日曜日から既に始まっているのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/01

再び西明石へ

まだ薄暗い早朝、インサイトのエンジンをかけるためにイグニッションを回した。

東名高速で行くか、中央高速にするか・・・・
結局、走り慣れている中央道を選択しひたすら長野方面に向かって走ることにした。

時間的にいつも双葉サービスエリアを利用する。
ここの「けんちんうどん」は結構お気に入りの一つ。

この中央道は、スターバックスコーヒーのあるサービスないしパーキングエリアは、談合坂上りサービスエリアと恵那峡サービスエリア下り以外に諏訪湖サービスエリア以外に見当たらない。

丁度、毎回視聴している朝の連続テレビ小説の時間と重なったので、諏訪湖SAに立ち寄った。
そして、贅沢にもいつも飲んでいる「ホワイトモカ ホット」を味わいながら「おひさま」の最終回を観た。

今回のテレビ小説は、普通の女性が普通に幸せになるという単純な内容だ。
だが、不思議に毎回泣かされ、笑顔をもらって、心をほぐされて仕事場に出かけることが出来て、私も幸せになれた。
家族は、少し大げさな演技だから・・・と言っていたが、私には丁度波長が合ったのだろう。

今日も笑顔をもらい、西明石へ続きの行程に向かった。

名古屋を通り過ぎ、京都に入る手前で少し早かったが、お昼のために「多賀」というサービスエリアに入った。

ここにはファミリーマートがあり、最近のこの手のお店はおにぎりやお弁当などが凝っていて、ご当地仕様が多い。
今回はしっかり売り切れていて、北海道サーモンのわさびソース焼きというおにぎりと神戸牛カルビ焼きおにぎりを仕入れ、天気のいい涼しいベンチに腰を下ろして、連なる山々を見ながらおいしくいただいた。

ちょっとしたイベントが催されていて、ピエロが曲芸を披露してくれている場所に遭遇した。
一時、ドライブの疲れも何処かに飛んでいってしまい、笑いの中に身を置くことが出来た。

時間が一杯ある。
心の余裕が更に余裕を作ってくれるのだと痛感した。

京都を抜け、大阪を通り、昼過ぎには西明石に到着した。
走行距離650km。

・・・・全く疲れていない。

ホテルのチェックイン時間にはまだ時間がある。

この西明石で唯一知っているゆったり出来る場所・・・またしてもスターバックスコーヒーだ。
・・・・・でも、今日はお客が大変多く、騒々しかった。
子供もうるさい。

このコーヒー店はアダルト専用であり、子連れはファミリーレストランに行ってほしい・・・・差別的発言と怒られそうだけれど、これは本音。
決して子供が嫌いではない。

子供は騒ぐもの。
思いっきり騒いでも許される場所に連れて行き、目一杯騒がせる方がいい。
私はそうする。
そして、私も騒ぐ。

でも、ここスターバックスでは静かに過ごしたい・・・・と思っていたら騒ぐ子供と共に、場違いと思ったらしくその家族は居なくなった。

さて、そろそろチェックインが許される時間だ。

出かけようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »