« 和三盆 | トップページ | うつろひ「住所録」 »

2011/11/15

HDD

数年使ったNASが壊れ、全く同じ機種を購入したのは最近のこと。
このNASの中には、家内の古いデータと音楽ファイル、映像ファイル、そして画像ファイルが保存されている。

もともとは、地デジを購入したときにDLNAを行おうと考えて導入したNASだが、地デジとの相性が決して安定せず、しかも動画再生が出来ないこともあり、もっぱらiPodTouch用にエンコードした映画の保管場所として使用していた。

息子のiMacは、現在別宅にあるため実質的にNASは使わない。
娘のMacBookProはタイムマシン機能を使用して、娘専用のWiFiHDDに自動バックアップするようにしたため、やはり使用しない。
私は、タイムカプセルの内蔵HDDがもともとのバックアップ先となっていて、NASを使用するのはWindows用アプリやゲームのセーブデータやちょっとしたWindowsで作成したMac未対応のデータくらいだったが、現在はSkyDriveやDropBoxの利用で、やはりNASを使わない。

従って、HDD容量がもともと少なく、MacとWindowsを利用している家内のMacminiに収まらないデータがNASに動画や音楽データ以外に保管されているというわけだ。

娘や息子の古いデータは、Windows機(夏子2号)に移動した。
これらは、無くてもいいらしいのだが、どこで「やっぱり必要」となるか分からないので、やはり残しておこうと移動だけした。

NASはたった500Gbの容量だが、データ量的にも管理する上でも丁度よい量だと思う。
また、NASにはそれのためのバックアップ用にUSBHDDがブリッジ接続され、しばらく前のNAS故障時にその成果が出たことから、これからもこのシステムでいこうと思っていが、現在このNASにあるデータは家内のデータ以外、二階にあるiMac(2007)にそっくり保存されている。

先にも記したようにDLNA構築のためにNASを選んだが、実際はうまく機能しない。
そこで、アップルTVを購入し、我が家のパソコンとホームシェアリングすることでDLNA同等以上のことを行なった。

なお、各自のパソコンにそれぞれのデータが・・・・というような面倒は行いたくないのと、実質普段使用しないiMac(2007)をファイルサーバー代わりに起動させておけば、アップルTVの活躍の場が広がる。

ホームシェアリング機能で家のパソコンを全て連携させれば、iMac(2007)から必要なデータをダイレクトにコピーさせることが出来るが、一時保管場所とレスポンスの関係からやはりNASの存在意義も大きい。

さて、iMac(2007)に主要なデータを保存したことで、やはりバックアップシステムの構築が課題となる。
タイムカプセルを導入し、無線LANを構築しながら自動バックアップシステムをすることにしたのは、もちろんMacとの相性がいいというのが理由だが、同時に機器が発する音も課題の一つだ。

私のMacBookProは事務所に外付けHDDがあり、ファイヤーワイヤー800で接続するのだが、事務所にいる間は常に機能し、バックグラウンドでデータバックアップをする。
しかし、外付けHDDは冷却機能にFANを用いることが多く、結構うるさい。
幸い事務所は、多くの機器の動作音の方が大きいので、うるさく感じないが、家庭内では結構気になるものだ。
Windows機と違いMac機は静かだから余計だ。

でも、最近の外付けHDDはFANなしも多く、娘のバックアップ用HDDもそれに入る。
だが、ノート型パソコンにはUSB接続はいちいち接続しなければならないのが面倒であり、私はいいにしても娘はきっと面倒がるだろうと、WiFiHDDにした(実際はUSB接続だが、ルーターに直接接続して疑似WiFiHDDにしている)。

二階にあるiMac(2007)は、普段使用しないし、デスクトップでもあるので音などを含むそれらは特に気にしなくてもいいだろうと、適当に探し始めたのだが、タイの洪水問題の影響でここのところHDDが倍以上に値上がっていることに気がついた。

最近娘用に購入したHDDが500Gbで4000円もしなかったのが、9000円から10000円となっている。
1Tbも12000円から13000円とあり、やはりしばらく前の倍以上に値上がっていて、ここはしばらく様子見とした。
タイの洪水問題は簡単に済まないとは思うが、来春にはHDD価格もある程度の落ち着きを示すと思うので、改めてその頃に検討したい。
なお、メーカー製外付けHDDは、フォーマットなど結構制約的な部分があるものが多く、機種選びも面倒なので、娘のバックアップ用と同じようにHDDと箱を購入し組み立てようと思っている。
これらが出来れば、一通り我が家のバックアップ体制は完成する。


|

« 和三盆 | トップページ | うつろひ「住所録」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HDD:

« 和三盆 | トップページ | うつろひ「住所録」 »