« ブックマーク | トップページ | iCloudのメール »

2011/11/01

絵馬堂

JR日暮里駅を降りる。

北改札口を出て、不忍池通り方面に歩き、最初の十字路を左に折れてしばらくその一方通行を進むと、左側に「絵馬堂」がある。

目印は、手前隣にある鼈甲のお店だ。

30数年前、JR御徒町から歩いて5分くらいの小さなビルの二階に「絵馬亭」があった。
数人はいると一杯の小さな店は、私のオアシスだった。

それからしばらくして、そこから数分の場所に数十人は入ることが出来る場所に移転した。
そのためしばらく私は足が遠のいてしまった。

お店が広すぎてくつろげないのだ。

再びしばらくして、そこから1分も掛からない場所に「祈願堂」が出来た。
昔の絵馬亭らしく、わずかな席しかない、カウンターから主人の羽田さんが見えて、時折会話が出来る昔のままのお店だった。

再びCRCC(City Road Cycling Club)のメンバーも集まりだした。
私も仲間以外に、取引担当者を何度か連れて、お店の雰囲気を十分に堪能してもらった。

今年、羽田さんは祈願道をたたんだ。

そして、羽田さんは自宅を改装し、新しく「絵馬堂」として9月にオープンした。

なかなか出かける切っ掛けが出来す、ようやく今日お店の暖簾をくぐった。

6人かけの堀こたつのテーブル、3人分のカウンター席。
もちろん私は、カウンター席の一番左側。
ここが、どのお店でも私が座る場所だ。

全国の絵馬をお店一杯に飾り、気取らない夫婦が創作する料理は雰囲気と相まって、最高に幸せにしてくれる。

自分の居場所がある店を見つける。
そして、気がつけばそこに私がいる。

でも、いつ頃からだろう、止まり木が一本二本と消えてしまった。
大海原の中にある、心のオアシス・・・・数少ない止まり木が「絵馬堂」だ。

次は、仲間とここで大いに笑い合おう・・・いつにしようか。

Img_3086


|

« ブックマーク | トップページ | iCloudのメール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵馬堂:

« ブックマーク | トップページ | iCloudのメール »