« Blade of Darkness(iPhone) | トップページ | Blade of Darkness(iPhone)その後 »

2012/01/23

モバイルバッテリー

しばらく前は、持ち歩きが出来るバッテリーは大変高価だったので、エネループの電池を直列に2本入れるスティック型の製品を使っていた。
しかし、電池の出力が低いこともあり、十分な容量が無く直ぐに使えなくなると言うことから、本当の意味で緊急用以上には使えなかった。

しかし、最近は多くの製品が販売されるようになると同時にどんどん価格もこなれ、逆にどれを選べば良いか分からなくなる始末。

iPodTouchのみなら、無理してモバイルバッテリーとは思わないが、ポケットルーターは連続使用では4時間ほどしか持たないので、まる一日10時間は持たせたいとなったならば、フル充電2回は行える能力がほしいと考え、それらを叶える性能を有する製品を・・・とそれを基準として探すことにした。

昨日、名古屋に出かけた折、駅構内の一角にソフマップがあるので、少し覗いてみたがやはり20種類くらい並んでいた。

とにかく、iPhoneが二回はフル充電できる製品と決めて眺めてみると、少なくとも5種類くらいになる。
電池を入れて使用するタイプは除外し、電池内蔵型(これらの方が小型に出来ている)となると二種類に絞られた。
そして、決め手は「当店売れ筋ナンバー1!」という吹き出しだ。
選んだ製品は「ELECOM モバイルバッテリー リチウムイオン電池 4700mAh iPhone4 3GS/3対応用 DE-A01L-4710」
定価7035円・・・・・それを3990円(税込み)で販売していた。

私は実に横着な人間で、すかさずその場でiPodTouch+E-Mobileを使用してアマゾンで検索した。

100円〜200円くらいの差ならその場で購入したが、2964円(税込み)となれば致し方ない。
ソフマップさんには悪いけれど、その場でアマゾンにオーダーを掛けてしまった。
納期に数日かかっても慌てる製品では無い。

かくして、佐川飛脚メール便にて青森の業者から我が家に向かっている最中。
明日か明後日にはポストに入るだろう。

しかし、安くなったものだ。

・・・・・・電池内蔵型を選んだのは、充電式でも充電池の寿命は一緒。
内蔵型は、パワーがへたった場合、外側も一緒に廃棄になるから一見無駄っぽいが、やはり製品の大きさを優先したい。
出来るだけ、堆積が少なく、厚みが薄い方が鞄に収納するのに便利という判断。

さて、私の要求性能を満たしてくれるか・・・・

|

« Blade of Darkness(iPhone) | トップページ | Blade of Darkness(iPhone)その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モバイルバッテリー:

« Blade of Darkness(iPhone) | トップページ | Blade of Darkness(iPhone)その後 »