« チョコレート | トップページ | Made in Japan »

2012/02/26

iMacのファームウェア

我が家で一番新しいパソコンは、昨年購入したiMac2011だ。

それまで使用していたiMac2007は、現在アップルTV用のサーバー状態で活躍している・・・・・

iMac2007に接続して使用していたアイオーデータ製の地デジチューナーが、iMac2011に接続してみるとHDCPエラーで使用出来無い問題は、以前に記したことがある。

秋葉原のソフマップで、一部のRadeonビデオカードとの相性問題で、該当地デジチューナーが使用出来ないという告知を見て、結局それが原因なのだろうと思っていたが、ネットの情報ではiMacのブートキャンプというMacでWindowsが使用出来るようにするデュアルブートプログラムに問題があるから、それらがアップデートされるまでiMac2011では地デジ関連は使用出来ないということも、アップル側から言われていたらしい。

つまり、この機種で地デジテレビを見ることは出来ないと言うことだった。

仕方が無いから、家族共用となっている我が家で唯一のWindows専用機である夏子2号にセットアップして使用していた。
この地デジチューナーは、録画した番組をiPod Touchなどに転送し、ダビングして見ることが出来るため、結構重要な役割を担っていた(今時のチューナーは当たり前のような機能だが、これが発売された当時は画期的だった)。

ところが家族と共用なので、うっかりシャットダウンされたり、録画中にスタンバイモードなどにされると録画が出来ない事がたまにあったので、重要な場合は張り紙をするなどの対策を講じ対処していた。

数日前、iMac2011向けファームウェアのアップデートがあった。
アップデートの内容を読んで、思わず喜んでしまう・・・・そう、HDCP不具合の解消もその中に含まれているのだ。

早速アップデートを行い、Windows機(夏子2号)から、アイオーデータ製地デジチューナーを取り外し、iMac2011にドライバーとソフトウェアをインストールしてハードウェアをUSB接続し・・・・。
チャンネル設定を行い、テレビ再生ボタンをクリック・・・‥

以前は、この時点で「HDCPに対応する機器に接続して下さい・・・」などなどが表示され、ソフトウェアが強制終了していた。
だが、今回はなんと再生されている!!!

手動録画も試してみたが、問題なく再生とiPod touch転送がうまくいく。
予約録画も試したが、何ら問題なく起動してくれる。

なお、一点・・・・スリープモード復帰後は、iPod Touch転送が出来ない。
「サーバー」が認識されないのだ。
この場合、転送用ソフトウェアを一旦終了し、起動し直すと再び転送可能となる。
これは、iMac2007時代から、またWindowsXPでも発生していたことで、ソフトウェア側の問題と思っているので、少し面倒だが転送作業の時は、一種の儀式とあきらめている。

さて、このiMac2011を購入したての頃、以前プレーしていた「プリンスオブペルシア」というゲームなのだが、無事にインストールが終わり、普通に起動するのだが、途中の同じシーンに来ると強制的に終了してしまい、ゲームにならなかったことがある。

色々設定を変えたりしてみたが結局解決に至らなかった。
地デジチューナーの件と重ねて、iMac2011が対応していないこととあきらめ、そのままにしていた。

今回のファームウェアアップデートで、少なくともHDCP問題が解決したのだから・・・ゲームとの関連性は無いと思うが・・・POPも場合によってはと淡い気持ちをほのかに秘めて・・・‥

なんと、何ら問題なく起動し、不具合発生のシーンも何も無く通り過ぎ、岩石親父を撃破していくつかの光の玉を戴いた。

今まで、これらの不具合はソフトウェア(アプリケーションなどの)側の問題と思っていたが、システム側の問題とは考えたことが無かった。

まぁ、一つ勉強にはなったが、出来ればこれらの問題が無いようなハードウェアをお願いしたい。
地デジチューナなど、新規の他メーカー製品を購入しようかと思っていたことも事実で、余分な出費をしなくて良かったと今更ながら思っている。


|

« チョコレート | トップページ | Made in Japan »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iMacのファームウェア:

« チョコレート | トップページ | Made in Japan »