« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/29

ウィルスソフト

無料でありながら大変高性能な、且つコマーシャルが入らないセキュリティソフト「AVAST」を使い続けている。
今回、ちょっとしたミスでソフトウェアがエラーとなってしまい、修復したトン末を記したい。

セキュリティソフト・・・一般的にウィルスソフトと言われるアプリケーションは有料から無料まで、相当多くの製品が出回っている。
私は赤箱を結構長く使用してきたが、一時期ソフトが原因でWindowsが不調になるなどの結構大規模な不具合を出したこと、パソコンがソフトウェアのために相当動作が重くなるなど、これらソフトウェアに対し不信感に似たような感覚を覚えたことがある。

ソーネクストの格安ソフトも決して使いやすいソフトでは無く、機能の割には重要な部分のセキュリティが甘い反面、ローカルに厳しいなどネットワークを構築する上で、それらの解除設定をしなければならないなど管理で手間ばかり掛かった事もあり、直ぐに使用をやめたケースもある。

そのようなときに無料の「AVAST」を知った。

世の中はただほど高いものは無いと言うが、この点に関しては当てはまらないと言える。
結局、ここ5年以上無料でお世話になっている。

今回、Ver6よりVer7にソフトウェア本体がバージョンアップになるという事から、早速アップデートを行なった。
と言うよりも行なっていた。

その時、別の作業も並行して行なっていて、ついうっかり「AVAST」のアップデートをキャンセルしてしまったのだ。

ソフトウェアは、アップデートの場合いろいろな形でプログラムを更新するのだが、AVASTの場合総取っ替えのため、一旦ソフトウェアを削除して新規にインストールする方法らしい。

うっかりキャンセルした時、実意にタイミングが悪く、アップデートを司る実行ファイル関連を削除中だったようだ。
同時にアップデートを感知するソフトウェアも失い、それ以降ウィルス定義の更新が出来なくなり、もちろんアップデートも受け付けない。
Windows標準のプログラム削除も受け付けない。

AVASTのホームページからVer7の本体EXEをダウンロードして上書きアップデートを試みたがアップデートエラー表示が出てそれもだめ。
ルートにあるAVAST本体を含むフォルダーも使用中のため削除不可。
つまり、何をしてもAVASTを削除できない状態になってしまった。

仕方が無いから、Windowsをセーフモードで立ち上げ、セーフモード上でプログラムの削除を試みてもエラーが出てだめ。
そこで、セーフモード上ではAVASTは起動をしていないはずなのでとAVAST本体を含むフォルダーを削除したが、これは問題なくゴミ箱に行った。

だが、再起動を試みたらブルーバック(メモリーダンプエラー)が出て、Windows7の機能の一つ、スタートアップ修復が始まり、再びWindowsが起動したときは、元の場所にAVASTが戻っていた。

どうやら、ブートメモリーもウィルスチェックする機能をAVASTが持っているのだろうと思うが、これが機能しているため、フォルダーを削除する方法ではうまくいかないのだろうと想像しながら・・・さて、どうしたものか・・・と思案して、ならばとセーフモード状態で再び入り、フォルダーを取りあえず削除して・・・・・・

ダウンロードしておいたVer7本体を新規にインストールしてみた。

先にインストール済みはVer6であるが、取りあえずメモリーチェック部分だけは整合性が取れるかどうかは賭だったが、アップデートやアイインストール機能などを内封した本体が無事インストール出来て機能してくれればと思い、ものは試しと実行してみた。

再起動する・・・・ブルーバックにならずそのまま無事にWindows7は立ち上がった。
そして、何事も無かったようにAVASTはVer7として問題なくお役についてくれた。

よかったよかった・・・・・・

-----------------------------------------------------------------

AVASTのホームページを覗き、無料版と有料版をじっくりと見比べてみたが、結構その機能の違いを知った。
まぁ、今まで数台のパソコンにインストールして使用させてもらってきたお礼では無いが、ものは試しと1ライセンスのみ有料で購入した。
どれほど機能の差があるか知る上で、いい機会だから使ってみようかと思っている。

気がついた点があれば、改めてこのブログに記したいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/28

Made in Japan

中規模のデパートで購入した厚手のストッキング。

娘が履くときに何となく片方がきつく感じたらしい。
もちろん、片方はぴったりの装着感だったと言う。

そこで、画像。

最初、どうせMade in 新興国だろうと高をくくったのだけれど、ついているタグを見て「日本製」と確認した。

立体的に製織する方法で、最終的につま先を閉じて出来上がる製品だが、どうやら最後の仕上げに裁断間違いをしたのだろう。

Made in Japanも少し地に落ちただろうか。

Img_3453


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/26

iMacのファームウェア

我が家で一番新しいパソコンは、昨年購入したiMac2011だ。

それまで使用していたiMac2007は、現在アップルTV用のサーバー状態で活躍している・・・・・

iMac2007に接続して使用していたアイオーデータ製の地デジチューナーが、iMac2011に接続してみるとHDCPエラーで使用出来無い問題は、以前に記したことがある。

秋葉原のソフマップで、一部のRadeonビデオカードとの相性問題で、該当地デジチューナーが使用出来ないという告知を見て、結局それが原因なのだろうと思っていたが、ネットの情報ではiMacのブートキャンプというMacでWindowsが使用出来るようにするデュアルブートプログラムに問題があるから、それらがアップデートされるまでiMac2011では地デジ関連は使用出来ないということも、アップル側から言われていたらしい。

つまり、この機種で地デジテレビを見ることは出来ないと言うことだった。

仕方が無いから、家族共用となっている我が家で唯一のWindows専用機である夏子2号にセットアップして使用していた。
この地デジチューナーは、録画した番組をiPod Touchなどに転送し、ダビングして見ることが出来るため、結構重要な役割を担っていた(今時のチューナーは当たり前のような機能だが、これが発売された当時は画期的だった)。

ところが家族と共用なので、うっかりシャットダウンされたり、録画中にスタンバイモードなどにされると録画が出来ない事がたまにあったので、重要な場合は張り紙をするなどの対策を講じ対処していた。

数日前、iMac2011向けファームウェアのアップデートがあった。
アップデートの内容を読んで、思わず喜んでしまう・・・・そう、HDCP不具合の解消もその中に含まれているのだ。

早速アップデートを行い、Windows機(夏子2号)から、アイオーデータ製地デジチューナーを取り外し、iMac2011にドライバーとソフトウェアをインストールしてハードウェアをUSB接続し・・・・。
チャンネル設定を行い、テレビ再生ボタンをクリック・・・‥

以前は、この時点で「HDCPに対応する機器に接続して下さい・・・」などなどが表示され、ソフトウェアが強制終了していた。
だが、今回はなんと再生されている!!!

手動録画も試してみたが、問題なく再生とiPod touch転送がうまくいく。
予約録画も試したが、何ら問題なく起動してくれる。

なお、一点・・・・スリープモード復帰後は、iPod Touch転送が出来ない。
「サーバー」が認識されないのだ。
この場合、転送用ソフトウェアを一旦終了し、起動し直すと再び転送可能となる。
これは、iMac2007時代から、またWindowsXPでも発生していたことで、ソフトウェア側の問題と思っているので、少し面倒だが転送作業の時は、一種の儀式とあきらめている。

さて、このiMac2011を購入したての頃、以前プレーしていた「プリンスオブペルシア」というゲームなのだが、無事にインストールが終わり、普通に起動するのだが、途中の同じシーンに来ると強制的に終了してしまい、ゲームにならなかったことがある。

色々設定を変えたりしてみたが結局解決に至らなかった。
地デジチューナーの件と重ねて、iMac2011が対応していないこととあきらめ、そのままにしていた。

今回のファームウェアアップデートで、少なくともHDCP問題が解決したのだから・・・ゲームとの関連性は無いと思うが・・・POPも場合によってはと淡い気持ちをほのかに秘めて・・・‥

なんと、何ら問題なく起動し、不具合発生のシーンも何も無く通り過ぎ、岩石親父を撃破していくつかの光の玉を戴いた。

今まで、これらの不具合はソフトウェア(アプリケーションなどの)側の問題と思っていたが、システム側の問題とは考えたことが無かった。

まぁ、一つ勉強にはなったが、出来ればこれらの問題が無いようなハードウェアをお願いしたい。
地デジチューナなど、新規の他メーカー製品を購入しようかと思っていたことも事実で、余分な出費をしなくて良かったと今更ながら思っている。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/24

チョコレート

しばらく前の話。

大阪のユーザーとの大口仕事が成立し、そのお礼で近いうちに一杯やりましょうと接待を持ちかけたら、指定された日が2月14日だった。

つい、バレンタインデーと言うことを失念していて、OKを出してしまったので引っ込みが付かず、家内からは「どこに行くの?」と結構怪しまれる始末。

最初は、大阪の行きつけの寿司店から、旨いもの入ったので来ないかという葉書が来ていたので、そこに繰り出そうと考えていたのだが、ユーザーの事務所に出向くと担当者が時計を気にしながら話をしているのがとても気になった。

その会社には、その方(社長)の奥さんも事務員として働いている・・・ここがポイント。

さて、時間も来たので行こうかと腰を上げた彼は、意気揚々と奥さんに行ってくるよと事務所を飛び出すように足取りも軽い。

目的の寿司屋は事務所から少し歩く場所になるのだが、彼は直ぐにタクシーを止めた。

さて、大阪の新地は東京の銀座みたいな賑やかな繁華街だ。
その一角にあるお店に彼は直行した。

そして、お店の女の子を一人引っ張り出して、私と三人で割烹料理店に入った・・・‥。
軽くおなかに入れて・・・。

本題はここから。

食事後、先ほどのお店に入ったのだが、綺麗なお姉さんに囲まれて、チョコレートをしっかりと戴いて・・・・。
てっきり、これが彼の目的で今日の日を選んだのかと思っていた、実は・・・・・・‥

彼の誕生日だったのだ。

本来誕生日は、家族と共に祝ってもらうものじゃなかったっけ?
結局彼は、私をダシにして綺麗なお姉さん・・8人くらい・・に囲まれて、事前に用意されたバースデイケーキのろうそくを吹き消して・・・・
きっと、奥さんには私がどうしても行こうと言うから仕方がなくってとか何とか言っておいたのだろうなぁ・・・まったくw。

まぁ、にこにこ顔の彼に文句を言っても始まらないか。
但ししっかりとここの料金は彼に持ってもらったけれどね。
・・・小声で、納入品多少値引いてね・・・と言うコメントが付いたけれど。

さて、鞄はもらったチョコレートで一杯になり、午前様になってホテルに何とかたどりついた。
そして、帰宅時に「変なとこに行ってない?」と家内に不適な笑顔をもらいながら、iPod Touchで撮影した誕生日パーティの動画を見せて、嫌疑を晴らしながら・・・あれ?

もらったチョコレートを一番多く食べたのは・・・・家内だった(娘の証言)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/23

変換コネクター

出張以外、電車で営業を行うと言うことが滅多に無いため、携帯電話の充電用ケーブルはいつも鞄の中に眠ったままだ。

また、余程のことが無い限り電話で話すよりもEメールでのやりとりがほとんどと言うこともあり、携帯電話のバッテリーは気にしたことが無かった。

今日は、打ち合わせの書類が多かったので、余分なものを事務所に残して置くことにして、その中に携帯電話の充電ケーブルもあった。

だが、そのようなときに限って電話攻めとなる・・・・。

気がつくと、バッテリー容量がレッドゾーンに入っている。
会社から重要な電話が入る予定となっているのに・・・・。

仕事が丁度神田だったので、会議打ち合わせの後、すかさず秋葉原に飛んでいった。
そして、自分が一番ほしいと思っていたものが、とても安価に入手出来た。

私は、現在iPod Touchと携帯電話(Foma)、E-Mobileポケットルーター、そしてMacBookProがモバイルとして常に持ち歩いている。
同時にそれらを補助するモバイルバッテリー。

MacBookProはもちろん充電はACコンセントからだが、それ以外は全てUSBポートから給電が可能だ。
だが、それぞれの機器との接続ポートは、iPod Touchはドックコネクターで、E-MobileやモバイルバッテリーはマイクロUSB、携帯電話はFomaコネクターと3種類のケーブルを持っていなければならない。

だから、普段一番使用する標準のUSBコネクターとマイクロUSBコネクターのケーブルを使用して、マイクロUSBコネクターからそれぞれに変換できる頭が無いかなと思っていたが、なんとそのものが簡単に見つかったのだ。

早速、携帯電話を変換コネクター・・・USBケーブル・・・モバイルバッテリーと接続して給電し、難局を乗り越えた次第。

更に午前中から使用していたE-Mobileのバッテリーもほぼ切れかかっていたので、携帯電話の後に充電を行い・・・・

この変換コネクターのおかげで、結局3本のケーブルがいらなくなった。
たった、380円でこれほど快適感を味わえるとは思ってもみなかった。

しかし、安かったなぁ・・・・直ぐに壊れなければいいけれど・・・・・。

P1000841


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

名前

不動産関係の資格を持つ知り合いが最近就職した職場での話。

新学期の準備のため、地方在住学生が大学生活等のための賃貸住宅契約において、もちろん使用者が未成年のために保証には親の承諾が必要となる。

その時の仮契約時の話。

「この欄にお父さんの名前を記入して下さい」
「え・・と、なんて名前だったっけ、どう書くのかなぁ・・・・・」
「目が点・・・・・・・」

てっきり、ステップファミリーかなにかなぁと思ったりしたらしい。

だが、同僚の話では最近この手の話が増えているのだそうだ。
しかも、数年前から・・・‥

一体、この日本はどうなってしまっているのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/19

Macのメッセージ

iOS5.0より標準でサポートされている「メッセージ」という通信ソフトウェアを始めて使ってみたのはつい最近。

娘のiPod Touchをリカバリー修復して、元通り全機能を問題なく使用できる状態にした時に、ものは試しと娘にメッセージを送ってみた。

娘の愛嬌で送り返しがきて、私も更に送って・・・・写真を添付したりなんやかんや。

正直、これらがチャットソフトと言うことを知らなかったが、新規にメッセージツリーを作成しない限り、右側に私が出した文章が、左には娘から来た文章がずーっと連なっていると言う状態は、普通のメールのように開け閉めがいらなく、スクロールすればいいのでとても簡単で便利と感じた。

早速、iPad2を持っている義父に「メッセージ」で便利なツールというメッセージを送り、娘とのコミュニケーションをどうぞと奨めたら「サンキウ」とメッセージが届いた。

さて、何気に情報を見ていたら、このメッセージのMac版がベータながらダウンロードして使用出来るようになっていた。
早速使ってみると、Macで送ったり送られたりした内容が、iPod Touchまで反映されることが分かった。
更にそこから直ぐにFaceTimeに入ることも出来たり、結構便利な機能も有する仕様になっている。

どうやら、Macの時期OSである「山猫」の機能を先に使わせてくれるようだ。

仲間とのコミュニケーションツールとして、チャット風で有りながらMacらしい便利ツール。

お試しあれ・・・あそう、既に使っているのでしょうね。
知らなかったのは私くらいか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/18

MaBookProのバックアップHDD逝く

今年は、ノロウィルスに中り、対向車より飛来した何かがインサイトの左前ウィンカーに当たり・・・幸運の方では、お年玉年賀葉書の三等に当選し、家内が健康靴の新製品モニター(無料でもらえる)に選ばれるなど、1ヶ月半でいいこと悪いこと含め当たる年のようだ。

そこで、願を掛けて「宝くじ」を久しぶりに購入した。
果たして、結果はともあれ、夢があると言うことはいいことだ・・・・と思っていたら、会社のデスクに置いてあった、MacBookPro用バックアップ(タイムカプセル化した)外付けHDDが故障してしまった。

これは、最初のiMacを購入したとき、データのバックアップ(当時はタイムマシンを使用しなかった)用として購入したマクストア製ファイヤーワイヤー800/USB2.0と言う結構高性能な製品だった。

タイムマシンに使用しなかったというのは、ファンレスでは無くとにかく起動中はファンの音がうるさいから、必要なとき以外は起動しておきたくなかったと言うのが正直なところだ。
まぁ、購入直後は比較的静かだったが暫くするとファンの音が大変うるさくなった。
どうやらファンの不調のようなので、秋葉原で同じ定格のファンを購入して付け替えたところ、購入時よりも静かになったことから、最初から問題があったのかもしれない。

その後、タイムカプセル(内蔵HDD無線ルーター)を購入したので、暫く倉庫で眠っていた。
そして、MacBookProを購入後に会社に持っていって、デスクワーク中に自動バックアップさせるようにセットした。
なお、日中の事務所は少なくとも静かでは無いから、ファンの音も全く気にならなかった。

さて、いつものようにMacBookProを接続してバックアップ・・・・?バックアップ先のHDDがありませんと表示される。
確かにHDDの回転音が聞こえない。

幾度か試してみたが、どうやらお眠りになったようようだ。
自宅に持ち帰り、分解してSATA-HDDを取り出し、我が家のメインマシンに接続されている、組み立て式外付けHDDを分解して、そのHDDを接続し動作の確認をしてみると、取りあえずはHDDは生きていた。

メインマシンに接続されていた組み立て式HDD本体を、マクストア製側のコネクターに接続して電源を入れてみたが、うんともすんとも言わない。

と言うことから、マクストア製外付けHDDはケース側のシステムが故障したと判断したので、直ぐにアマゾンにSATA接続用外付けHDD用ケースを手配した。

玄人志向 3.5型HDDケース SATA接続 USB2.0対応 シルバー GW3.5AA-SU2と言う製品で、普段からパソコンに接続しっぱなしと言う使い方はしないため、オート電源はいらないと判断して1600円ほど送料込みというこの製品を手配した次第。

果たして、Macで使用できるかどうかは知らないが、USB機器だから余程のことが無い限り問題は無いと考えて、口コミも比較的良好な意見も多いことから選択した。

昨年は、バッファロー製NASが故障したが、こちらはHDDも本体のファームウェアもだめになり、新たに購入したばかり。
その時に試しにとHDDのみ購入し(ケースが生きていればと期待したが結局だめだった)、別買いした外付けHDDケースにセットして、現在は先に記した組み立て式HDDとしてメインiMacのバックアップとして機能している。

HDDは回転部分がメインなので、本来は消耗品で有り、定期的に交換作業がめぐってくる。
我が家の場合、Windows専用機が一番古いがSMARTチェックしても、もうしばらくは大丈夫という結果は出ている。
一番気になるのはタイムカプセルの内蔵HDDかもしれない。
これは、現在娘のMacBookPro用として毎日機能しているのと、数年すでに使用していることから寿命も近いのではと考えている。

故障したら、HDDのみ自力で交換するか、新品を購入するか・・・現行機種の無線LAN性能は相当向上していると言う話を聞いているので、かなり興味はあるが・・・・

いずれにせよ、HDDが消耗品で有り、決して長く使える部品ではないと言うことを、改めて認識したい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/14

iPad3

愛知県に住んでいる友人が初代iPadを購入した頃、丁度名古屋方面の長期出張中に彼の住む町に立ち寄ったときに見せてもらった。

大きな画面、直ぐに起動する俊敏性、iPodなどを使い慣れているせいもあり、説明が無くても簡単に操作できる手軽さ。

ノート型パソコンなどを持たなくても、それの代替えとして充分に使えるのではないかと言えるくらい完成度が高かった。

しかし、ビジネス的にWindowsが多い世界、エクセルやワードなどのファイルを作成や修正できないなど、100%満足できない部分、フラッシュ再生が出来ない点も含め、やはり総合的にノートパソコンに軍配が上がり、購入をやめた経緯がある。

昨年、義父がiPad2を購入した。
家の中でどこでもメールが出来て、ブラウザ遊びが出来る簡単なデバイスがほしいと言うことから、私が進めたのはiPadだった。

我が家は全員iPod Touchを持っている。
唯一家内のiPod Touchは2GのためFace Timeが使えないが、義父と孫娘は何かと頻繁にテレビ電話を楽しんでいるようだ。

今年の大学夏休みは、アメリカの上位大学に数週間の短気留学をする事になっている。
学内成績と選考試験、更には論文と面接などのハードルを越えて、留学資格を取得して出かける事になったのだが、真っ先に義父に報告をあげていた。
きっと、お小遣いねだりだとは思うが、大半の費用をアルバイトで払うという本人の意志を尊重し許可は出したが、実際彼女の週末だけアルバイトではその一割も補填できないだろうが、気持ちがうれしい。
きっと、義父や義母も娘の気持ちを汲んで、お小遣いくらいは持たせるのだろうな。

話が脱線してしまった。

と言うことで、実家のiPad2は、多方面で大きな活躍をしているようだ。
実際、私も触手が動いた。

家内のiPod Touch 2Gは、現時点では対応しないアプリケーションが増え、画質の低さ(最新に比べての話)や起動の遅さで相当ストレスがあると思うが、家内はそれでも大切に使用している姿を見るに付け、けなげな彼女に新しいiPod Touchでも・・・と思うのだが、時期的に新機種が出るかどうか・・・と言っているうちに今時期になってしまった。

しかし、ここにきてiPod Touchではなく、iPad3の話が大きくなってきて来月にはリリースされるのではないかと言う話から、そちらを彼女に・・・と思うようになってきた。

現時点で、iPod Touchに関する噂は全く上がらない。
私の直感では、アップルは小型デバイスはiPhoneにまとめ、iPod Touchは廃止するのではないか・・・これらの系統(マルチメディアプレーヤー)はiPod nanoに一本化するのではないだろうかと見ている。

従って、電話機能を求めないモバイル機器はiPadにまとまるだろう・・・と想像し、今回は購入の対象とみている。
まぁ、的が外れてiPod Touchの後継機がリリースされれば、すかさずゲットに動くけれど・・・また、NTTよりiPhoneがもし出れば、それこそ・・・だ。

でも、やはりiPad3も一台は我が家にあってもいいだろう。
それくらいに初代iPadからタブレットとしての完成度が高く、更に洗練されてきているこのデバイスの魅力は大きい。

3月が楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/13

CowonA2

10年以上前に購入した携帯型マルチメディアプレーヤーは、今でも健在だ。

当時、iPodが出始めの頃、iPodも対象に動画再生が出来る機種選定で競合で考えていたプレーヤーがA2だった。
画面がとても大きく、当時としては大変きれいな画質、同時に再生時間の長さから、結果的にiPodは私の選考から外れた。

Windows一辺倒だった当時、WMVとDivXが再生できるのであれば十分であったし、多少の重量は再生時間との比例なので、問題なく妥協が出来た。
何せ、大阪出張など長距離営業が多く、当時のノート型パソコンのバッテリー時間の短さなどを考えれば、8時間動画再生が出来るA2は充分に私の旅のお供としての資格を有していた。

だが、世の中は更に便利になり・・・・今ではiPod Touchなどが私のアイテムになり、A2は書斎の棚に置いてきぼりの状態となった。
だが、A2はA2で侮りがたい性能を持っていて、今でも必要とし、時として大いなる活躍をするのである。

HDD内蔵のA2は、容量20Gbと今時では決して多い容量ではないが、少し容量の大きめ多めのデータ(基本がFAT32なので1ファイル容量制限はあるが・・・また、NTFSなどではプレーヤーとして機能しない)の持ち運びなど、外付けHDDとしての機能としても活用できる。

地デジのダビングは出来ないが、アナログプレーヤーからのダビングは古いVHSビデオからDVD作成の中間機としてA2が欠かせない。

今回、娘のiPod Touch修復にA2が活躍した。

しばらく前から、娘のiPod Touchに不具合が出ていた。
ボイスメモのデータがiPod Touchに確かに存在するが、iPod Touchからは見えない。
もちろん、同期をしてもMacBookProに転送されないが、iTunes上でiPod Touchの中身を見てみると、iPod Touch内に確かに存在し、MacBookPro上でのみ再生できる。
HDDのデータ量は、そのデータ分が相当量を占めている。

問題なのは、新規にボイスメモで録音したデータが、MacBookProで同期できたり出来なかったりすることだ。
従って、娘は専用のボイスレコーダーを持って大学の講義の録音をするようになったが、折角iPod Touchがあるのに・・・となっていた。

さて、そこでA2の出番である。
同期の出来ない新規のボイスメモデータをアナログダビングする。
古いデータは不要なので、そのまま放置する。
もちろん、アナログのため、データの再生時間が録音時間になる。

1ファイル2時間近くのいくつかのデータを二日間に分けて全てデジタル化にしてから、iPod Touchを初期化しMacBookProと新規同期して完全にエラーを取り除いた。
後は、大学構内WiFiのセットアップのみだが、これは現地に行っての設定なので、自宅ではできないから娘に託した。

役目を終えたA2は私の書斎の棚に戻り、再びまで永いか短いか眠りについた。
いずれにしてもまだまだ現役である。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/12

Disneys Princess Enchanted Journey For Mac

Tomb Raider2がMac用としてリリースされたのだから、Prince Of Persiaなどもリリースされていれば・・・と安直に検索をしてみたら、POPでは無い表題通りのゲームがリリースされていた。

YouTubeでトレーラーを見てみると、ディズニーのお姫様キャラクターが何人か登場し、いろいろなクエストをクリアしていくゲームのようだ。

お値段もお手頃だったので、すかさずダウンロードしてみたが、英語版ではあってもなんとなく雰囲気からストーリーが分かる。

内容も大変簡単で、これは小学生クラスの子が遊ぶゲームじゃ無いかなと思ったが、ところどころ凝っている部分も有り、大人でも充分に楽しめるゲームでは無いかと思っている。

とにかく、ディズニーファンの私としては、これくらいで大変満足している。

ゲームのやり込み屋には全く奨められない軟弱なゲームだが、時のはこのようなリラックスゲームもいいかも。


Disneyprincessenchantedjourneymacpr


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/11

絵馬堂でお昼を戴く

御徒町に「給食当番」という食堂がある。

学校給食風の創作料理を堪能させてくれるお店だ。
知っている方は知っていて、ここの揚げパンは結構有名だ。

今日はあまりにも心地よい日差しだったので、家に居るのももったいないから少し出かけるかと、家内と娘の3人で、その給食当番に向かった。

西日暮里から裏道を通って、谷中を抜けながら上野あたりから目的地に向かう。
途中、谷中の一方通行路に「絵馬堂」があるので、家内と娘に御徒町にあった「祈願堂」がここに移転し「絵馬堂」として、昨年からお店が開いていると説明した。

暖簾が出ていて今日はお店が開いている・・・・

しかし、今日の目的場所はこの先だから・・・少し後ろ髪を引かれる思いを後に残し、通り過ぎた。

・・・・・・今日は、土曜日だが祝日でもある。
そこまで、考えていなかった。
・・・給食当番は日曜祝日お休みだったのだ。

お店の前で、しばし考える。
・・・・いや、これはやはり「絵馬堂」に行けという神のお達しに違いない。
電話で、店が開いていることと、混み具合を確認し、今来た道をUターンした。

祈願堂時代を家内は知っている。
だが、絵馬堂は始めて連れて行った。
もちろん、娘はなのもかも初めてのことだ。

ゆったりと、家族もこのお店の雰囲気を堪能したようだ。

羽田夫婦(お店のご主人夫婦)から、あることを頼まれた。
羽田婦人は墨絵が堪能で見ていて心が和む繊細な絵を描かれる。

このお店の常連さんが、その絵を使用してカレンダーなどを製作したものを見せて戴いた。
これは、大変よく出来ている。
お店に来られたお客様に差し上げるか販売するかなどなどいろいろ考えておられるようだ。
・・・なかなかいい出来なので、どうすればいいか、私に相談を振ってきたのだ。

いくつかをお借りしてきたので、近々にこのブログで紹介したいと思っている。
私は、その中で「しおり」が一番いいなと思っている。
娘の大学で、学園祭などに出すと、結構評判になるかもしれない。

ちょっと、本気で企画してみようか・・・・・・


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/09

車の履歴

19歳の時に車の免許を取得し、比較的早い段階で自分の車を所有した。

中古のホンダシビック。
1200ccと排気量は当時の一般的なものだったが、ツインキャブSOHCと言う、これが結構楽しいエンジン車だった。
今風の電子制御ではないため、いい走りをさせるためにはこまめなエンジン調整が必要だったが、まるでゴーカートのようなクイックなハンドルと、立ち上がりのいいエンジン回転に助けられ、決してサバンナにも引けを取らなかった。

ボアアップしすぎてピストンシャフトが曲がってしまい、完全にエンジンを壊して泣きを見た。

その後、CVCCエンジンを搭載するシビックRSL(1500cc)に乗り換えた。
これは新車で購入したのだが、当時同じ年代の若者は所謂自由になるマイカーの所有率は決して高くなく、結構友達からはうらやましがられたが、現実には車は買ったがガソリン代もきつく、隔週で日曜日は知り合いの会社のお手伝いで、維持費を捻出していた。

何とか手に入れたミシュランとアルミホイール(今でこそタイヤも安くなったけれど・・・)を数週間後にそっくり盗まれたことがある。
タイヤが無く代わりにブロックの上にシビック様は鎮座ましていた。
・・・・・泣いた。
それ依頼、タイヤにもロックを掛けるようになった。

子供が小さい時分は、車に贅沢は出来ない。
走ればいいと言うことから、ホンダトゥディと言う軽自動車になった。
360cc時代最後の頃の車だが、これはまたよく走ってくれた。

リミッターを解除すれば、簡単に150km/hはいってしまう。
サスペンションと付け根を強化してあげれば、軽自動と思えない走りを見せる。
だから、高速度道路では軽の分際で追い越し車線ばかり走っていた。

子供も大きくなり、バックトゥザフューチャーに負けて、インテグラ(初代VTEC)を購入。
1600ccだが、売りの160馬力は半端ではなかった。

エンジン回転5000回転くらいから、エンジン音がF1フォーミュラ−車のような甲高い金属音に変わり、突然じゃじゃ馬に変わる。
いかにエンジン回転を下げずにクイックに走るかで、この車の醍醐味が味わえる。
リミッターを解除すれば、220km/h以上(私はこれ以上出したことが無いので・・・)にエンジンが回ってくれるし、デフォルトの足回りでも充分に安定している。

しかし、マウンテンバイクのレースに参加するようになり、車体のルーフ上に自転車を載せて出かける事や、試合後に泥だらけで車内に乗ることなどを考えると、ハードトップやクーペは面倒になってきた。

そこで、同じワンボックスでも車内下にエンジンの無い、当時としては珍しい機構のステップワゴンにスイッチした。
これもホンダらしいエンジンで、よく回ってくれたがこのころはスピードでは無く、広い車内で家族がゆったりとクルージングできる方に気持ちが触れていたので、この車は一番走行距離が伸びた。

子供たちも大きくなり、マウンテンバイクのレースも遠ざかった今、小型で取り回しのいいインサイトが現在の車である。

この車は、宣伝ほど燃費がいいと言うことは無い。
スピードも160km/hがやっとだし、加速も並である。

省エネ仕様のためタイヤ幅も細いので、車体が低い割には横風に弱いし、ふらつきやすい。

でも、50〜60km/h当たりの走りは結構快適なので、こまわりの良さと相まって都内を走る時は気持ちいい。

・・・・・・会社では、トヨタや日産の車も乗ってきたが、どれも全く印象に残っていない。
やはり、車はホンダだな・・・と今でも、その気持ちは変わらない。
だから、次もホンダ車だろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/08

破損

昨日は、関東地方は大雨どころではなく暴風雨状態だった。

早朝より家を出て首都高速道路を走行中、対向車線上より直径15㎝ほどのものが勢いよく飛んでくるのが見え、慌ててブレーキを踏んだ。

大雨のため制限速度は60kmに/h押さえられていたが、実際は80km/hほどだったから、急ブレーキというわけにはいかない。
だが、ブレーキのおかげで飛んできたものはフロントガラスに飛び込まず、目の前で放物線を描き落下し、インサイトの何処かに当たって、二度ほど衝突音を残して何処かに転がっていった。

車体下あたりで弾むような感じだったので、ボディには当たっていないだろうと思いながら、その後の風にあおられる車体をコントーロールしながらの横須賀までの運転で、異物衝突を失念していた。

今日の朝、ウィンカーの点滅音がおかしいことに気がついたが、通常より早く点滅音がするのはウィンカーの電球が切れた場合の警告である。

既に首都高速に乗っていたので、そのまま千葉のユーザーに到着時に降りてみてみたら、なんとインサイトの左前ウィンカーレンズが割れて、もちろん電球は跡形も無くなっている。

そうして、ようやく昨日の一件を思い出した。

回転していたそれは、決して金属では無いと思う。
また、プラスチックにしては重い動きをしていたような気がすることから、たぶんトラックの木製の車止めでは無いかと思う。
インサイトのバンパーをよく見ると、当たった衝撃で左フェンダー部分、タイヤハウスの始まりとバンパーの左端部の合わせ目で、バンパーがボディフックから外れているのが分かった。
たぶん、押し込めば元に戻るだろうけれど、ウィンカーレンズを再セットすることを考慮し、後日行くことにしているディーラーに任せることにして、その部分は触らないことにした。

千葉のユーザー近くにある本田ディーラーを見つけたので、レンズの在庫があればと思い、すっとハンドルを切ったが、予測通り部品は取り寄せとのこと。
しかし、破損した電球(これくらいは在庫があるだろうと・・・)くらいは取り付けておかなければとお願いしたら、なんと無料で頂けた!!!
ホンダさん、本当に有り難う。

しかし、過去に幾度か飛んでくるものに遭遇したことがある。

キャラバンで走行中に結構大きなナットがフロントガラスに直撃し、めり込んだことがある。
やはり、首都高速道路走行中である。

数秒間、前が全く見えない状態になり・・・・一気に車室内にフロントガラスは飛び込んできた。
前面ガラスの無い車は、ゴーグルが無いと目を開けていられない。

一般道路でも、ほこりなどが顔にぱしぱし当たり・・・・・。

数台前の車からガスボンベ・・・アセチレン用の高さが1.2〜3mあるものが数本落ちるのが見えた。
まるでスローモーションを見ているような動き・・・急ハンドルを取りながら、アクセルとブレーキでスラローム乖離を行って、間一髪接触しないですり抜けたこともある。

さてさて、どこに危険があるか分からない。

ご用心と行きたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »