« インフィニティブレード2をiPadでプレーする・・その後 | トップページ | 山梨に出かける »

2012/04/29

iPadから注文書を外注に送る方法模索中

外出中に事務所を通さず、直接関係者に注文書などを送付することが出来れば便利である。

パソコンを使用すれば、規定の書式で簡単にメールに添付・・で終了だが、iPadの場合書き込みが出来るソフトウェアはよくよく見てみるとそれほど多くはない。

色々と思案した結果、ワコムのバンブーペーパーを使用し、会社の発注書をスキャンして画像化したファイルを読み込んで、ワコムのスタイラスペンで手書きしてメールで・・・と思って、スタイラスペンをわざわざ取り寄せて実行してみたら・・・・。

ワコムのスタイラスペンは先っぽがドーム型をした、中空のゴムで出来ている。
それを適度に押しつけるようにすると描くことが出来る。
つまり、そっとタッチしている状態では反応しない。

だが、この適度に押すのを押しすぎると、バンブーペーパーで読み込んだ画像が選択され、その画像が勝手に位置を変えてしまう。
つまり、それを意識して手書きするのはストレスが募るばかりなので、別の方法を考えなければならないことが分かった。

・・・・・結局、ページズにワードか何かで作ったテキストファイルを読み込ませ、そこにキーボードで入力したファイルをメールに添付して・・・という方が効率が良さそうだ。

本当は、手書きで処理したかったのだが、それらの課題は適当なソフトウェアが見つかるまでの宿題とし、当面は会社の標準レイアウトに近いテキストファイルを作成して、それを活用しようと思っている。

取引先の殆どは現在でもFAX受発注が普通であり、メールでの受発注は行っていない。
従って、出先からオーダーなどが出来る取引先は複数社に限られるが、それでもこれらの行為は将来的にメール受発注がスタンダードになると予想していることから、今のうちから練習と思い行っている。

現実では、ウェブFAXサービスというのがある。
契約先にメールするとそこがFAX代行するというものである。
また、プリンターによってはアドレスが付加され、そのアドレスにメールするとプリントアウトすると言う機種もある。
だが、いずれも既存の設備や費用以外のなにがしが必要になる。

出来るだけ簡単に、尚且つパソコンでは無く、お手軽なiPadなどでそれら目的を達成できるといいなと思っている。

・・・・なお、現時点でメール受注などを正式に行っている会社はない。
そのために、私のお試しにお付き合い下さる会社との約束では、必ずメールの後に電話でファイルを送ったことを伝えなければならない・・・そうしないとメールを開いてくれないのだ。
FAXでは通信料金が掛かるが、メールならば定額通信料の中での事なので、実質的に無料である。
だが、電話をいちいち掛けるのでは・・・・・・私の業界はまだまだである。


|

« インフィニティブレード2をiPadでプレーする・・その後 | トップページ | 山梨に出かける »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPadから注文書を外注に送る方法模索中:

« インフィニティブレード2をiPadでプレーする・・その後 | トップページ | 山梨に出かける »