« iPadその後 | トップページ | 点検口 »

2012/04/08

新しいプリンター届く

Epsonにしようか、Canonがいいかと散々迷ったが、結局Canon Pixus MG533を選んだ。

これよりも上位機種の方が、なぜかアマゾンでは安かったが、ランニングコストを考えたらとこの機種にしたのだが、もともと使用していたCanon製MP600と似たような形なので、その点もこの機種を選んだ理由でもある。

さて、USB接続が出来るのだが、今時はやはりWiFi接続である。

我が家は、au光回線契約で、プロパイダ-支給の無線ルーターを使用しなければならない。
そのため現在、2台のタイムカプセルがブリッジ接続されているが、プリンターはau支給のルーターに接続設定を行なった。
というのは、このルーターにはAOSS接続ボタンがあるから・・・・ただそれだけである。

このルーターは・・・と言うよりも我が家の回線は1Gビットなのだが、有線接続では十分な通信速度が出るのに、無線になると旧式タイムカプセルの方が遙かに速いと言う結果が出ている。

追加のタイムカプセルは、一番新しい製品で我が家に来てからそれほど日もたっていない。
旧タイムカプセルとは全く離れた私の書斎では、電波の減衰が厳しく通信速度に不満があった。
メインマシンのiMac2011は内蔵3本WiFiアンテナがセットされているので、ここは3本内蔵の新しいタイムカプセル・・・と選んだが、かなり速度も改善され充分に満足している。

少し話がそれたが、所詮はプリンターの通信速度はそれほど要求しないのとボタンを押すだけで、SSID設定できるお手軽さは大変便利だ。

ただ、家にあるパソコン・・・各OSごとにドライバー設定しなければならない手間は何とかならないかと思う。
6台8OSのセットは、プリンターの管理をする2台以外は、それぞれマシンの使用目的に合わせ、必要なアプリケーションを選択してセットアップした。

このプリンターはMacの場合、付属のCDドライバーはレパードが対象機種のようでスノーレパードはサポート対象外と表示されたが、どちらかと言えばスノーレパードの方が簡単にインストールとセットアップができた。

さて、iPod TouchないしiPadからAirPrint機能を使用して印刷することも可能だ。
だが、その場合印刷設定を変更することは出来ず、WEBやメールなどはA4で、写真はL版でと言う風に決まってしまうようだ。

しかし、Canonでは専用の印刷ソフトをApp Storeにアップしているのでそれをダウンロードし、そこから印刷を試みた。

さすが専用ソフトウェアだけあって、印刷品質、用紙設定や印刷する画像の選択なども簡単にできる。
今時のプリンターにある、画像の自動補正機能はさすがに無いが、全く充分な印刷状態に、凄いなぁと感心してしまった。

だが、驚くのはまだ早かった。

iPod TouchやiPadで、このプリンターを使用してスキャニングが出来るのだ。

そして、専用のソフトウェア内に一旦保存する事が可能であり、その後にカメラロールに保存することも可能だ。
カメラロールにコピーすると必然的にフォトストリームにアップされるから・・・・後はiCloidを活用されている方はご想像できよう。

私は、AirPrint機能で写真などが印刷できればいいや位しか思っていなかったが、更にこれらの機能も付いている・・・。
いやはや、超便利になったものだ。

現在、アマゾンでは20880円だ。
私的に凄いお得だと思っている。

よかったよかった。

|

« iPadその後 | トップページ | 点検口 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しいプリンター届く:

« iPadその後 | トップページ | 点検口 »