« インフィニティブレード2 レベル85 | トップページ | 炭火 »

2012/05/05

Time Capsule逝く

現在、我が家では二台のTime capsleが稼動していた(過去形)。
一台は、今年になって増設した2Tbの最新版であり、二階に設置しているファイルサーバーの代わりになっているiMac2007用バックアップシステムだ。

無線LANは、私と家内とに関係するシステムの優先として娘や息子はアクセスさせていない。

以前から使用していたTime Capsle(500Gb)は、娘のMacBookPro専用とし、無線LANも娘のみ、もちろんバックアップも娘専用になっていた(過去形)。

息子は、現在の光回線契約で必要不必要に関係なく強制的にレンタルさせられるNEC製無線LANルーターに単独で接続するように設定している。

さて本題だが、娘からインターネットに接続できないと訴えてきた。
確かにSSIDそのものが消えている。

テレビ台の上にある地デジテレビの裏側は、我が家の各機器の設置場所となっている。
そこは各機器を常にメンテナンスするのに非常に便利な場所だ。
キャスター付きのテレビ台をずらせば、直ぐにアクセスできる。

緩衝材を使用し二段に重ねてあるTime Capsleのアクセスランプが旧Time Capsleのみ点灯していない。
電源プラグは接続されているが、一旦外して再度接続する。
オレンジ点灯するが緑色点灯する前に消灯してしまう。

取りあえず分解し、HDDが生きているか死んでいるかをチェック・・・問題なく生きていることを確認し、原因が本体側にある事が分かった。

HDDが生きていれば、娘のデータは再生することが出来るので取りあえずは安心。
分解した本体をつぶさに観察したが、電源部分、冷却ファン周りのエラーは見当たらない。
結局、HDDが生きていればいいことだし、娘には新Time Capsleにログインできるようにすればいいし、バックアップも供用すればいいことなので、壊れたTime Capsleはそのまま廃棄した。

今後、新しくTime Capsleを購入するか、外付け用の箱を購入しTime Capsleから取り出したHDDを取り付けて娘のバックアップ用にするか・・・でも、バックアップの知識の薄い娘にUSB接続外付けHDDはたぶんお荷物になるだろう。

このまま、新Time Capsleを供用し続ければ一番簡単だが、データを一箇所にまとめた場合、エラーが出ればやはり一緒に・・・と言うことになるので、私の基本はあくまでも分離である。
管理の手間は掛かるが、いざという時はその方法で助かってきている。

と言うことで、予算が付けば改めて娘用のTime Capsleを購入しようと思っている。


|

« インフィニティブレード2 レベル85 | トップページ | 炭火 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Time Capsule逝く:

« インフィニティブレード2 レベル85 | トップページ | 炭火 »