« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012/06/29

iBooks Author

新製品の開発が終わり、市場の反応を見るためのリサーチなどの行程を経て製品販売準備の中、新しいカタログの作成に入っている。

今回は、既販売製品の一部の製品構成の変更などもからめ、新製品を含む3製品を集合させたカタログを予定している。

それに伴い、それぞれの製品の組み立て方法などのマニュアルも作成し、会社のホームページに貼り付け、カタログと連携させるような方法で用意を行っている。

ホームページでは、建物の耐震実験風景動画以外に製品の燃焼実験動画もアップしているが、今度はそこにiPad対応の電子カタログも貼り付けるべく準備に入った。

と言うことで、以前から興味のあった「iBooks Author」を使用してみた。

テンプレートは6種類最初から用意されている。
その中の適当に一つを選び、デモで貼り付けられている画像の上に、社の製品画像をドロップすると直ぐに置き換わる。

ダミーの文章も削除し、そこに製品の宣伝文句を羅列する。

すると、10ページほどの簡単な電子カタログが出来上がり、それをiPadにプレビューさせながら位置調整を行う。
ついでなので、一部の実験風景動画も張り込んでみた。

どうやら、貼り付けた動画はAir Play機能を使用出来るようだ。

文字などの装飾も結構細かく出来るのには、正直このような無料のソフトウェアでここまで出来るのかと舌を巻いた。
特別な知識が無くても、直感的な作業で直ぐにある程度のカタログの作成が出来る。

もちろん、本格的なビジュアルに跳んだ電子カタログ!!となれば、しっかりと各機能を把握する必要はある。


作業を始めて4時間程で、後はもう少し文字をはめ込めばいいと言うくらいの10ページほどの電子カタログが出来上がった。

画像の数は、25枚ほど、動画は2種類で98Mb程。

動画を貼り付けると、やはり容量は多くなる。
ま、ホームページからダウンロードという形態で考えれば問題は無いだろう。

ただし、iPhoneやiPodTouchの場合はPDF書き出しとなってしまう。
その場合動画はただの画像になってしまう。

iBookでも簡単に開く形式がサポートされていればいいのだけれどね(iPadではiBook2)。

しかし、本当に簡単に電子カタログができるなんて、実にワンダフルだ!。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/28

娘、サンフランシスコに向かう

二ヶ月ほどの短期留学のため、今日成田よりユナイテッドに乗って出国した。

3ナイトホテルに投宿し、時差ぼけを緩和してから大学の寮に移動して、そこから本当の英語だけの学生生活が始まる。
8月中旬にカリキュラムは修了するのだが、丁度日本はお盆休みの最中のため、一週間ほど時間をずらしその間、カナダの友達の家でお世話になる事になっている。

現地に着いたら、まずネット環境を確保すること。
プリペイド電話の契約を行なう事。

いずれも、娘にとって苦手な部分でも有り、誰の手も借りず本人のみで解決しなければならない。

ホテルは無線LANは完備されているらしいが、寮の設備はよく分からない。
無線LANならば、MacBookPro以外に持っていったiPodTouchも使える。

だが、有線LANならば使えない。

ポケットルーターを持たせようとも思ったが、機器に何らかのエラーが出たときの対処は本人では難しい。
そこで、有線LANの場合にMacBookProをアクセスポイント代わりにする方法を伝授し、説明をPDFにしてMacBookProとiPodTouchにファイルを残させた。
もちろん、設定方法を伝授したので、この部分に関しては問題が無いだろう。

いずれにしても、ホテルにチェックイン次第、FaceTimeで連絡が来るだろう。

でも・・・・・・私も行きたいよう!!w

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/23

地デジのブルレイドライブ不具合その後

木曜日の夜にカスタマーセンターに連絡を入れ、地デジ内蔵ブルレイドライブの不具合を報告し、修理の依頼を行った。

オペレーターも的確に要点をまとめ、速やかに対応を行ってくれた。
そして土曜日の午前中に修理班が訪れ、あっという間に修理完了となった。

シャープAQUOSは2009年11月に購入している。
だから今回の修理は有償と覚悟を決めていたが、なんと無料だった。
ドライブを新品にそっくり交換したのに‼


購入して2ヶ月ほどで、DVD-Rに焼き込んだ映画の再生が出来なくなった。
そのためDVDプレーヤーをわざわざ購入したのだが、新しくなったドライブは、もちろんちゃんと再生できた。
従って現時点では、DVDプレーヤーは不要になったが、前例があるのでしばらくそのままにしておこう。

残していかれたハガキには一週間程様子を見た上で、アンケート内容を記入後に投函して欲しいと言う。

ネットではシャープ製ブルレイプレーヤーなどの評価は低い。
更に内蔵ドライブは更に辛辣な意見も多くある。

ということで、一週間後に・・・・・・と、あるのだろうか。

まぁ、いずれにしても対応の速さはいい評価と言えないだろうか。
欠点?をサービスで補うことができれば、ある部分、それで十分ではないか・・・・
いろいろな意見があることと思うが、取り敢えず満足な私であった。

そして、無事に「マイケルサンデル教授」による国際フォーラムでの特別講演後半のテレビ放映の録画を終えたのであった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/21

地デジのブルレイドライブ不具合

2009年11月中旬に我が家に届いた、シャープ製アクオス亀山モデルに内蔵されたブルレイに不具合が発生した。

テレビをスリープモードにするとBDディスクが排出される状態がスタート。
録画した番組を消去保護するためにロックを掛けるのだが、それが出来ない。
逆にロックを掛けた番組のロックを解除できない。

もちろん、消去も出来ない。

仕舞には、一部のメディア以外は全て汚れているメディアといいながら排出してしまう。

また、一部は勝手に初期化を始めるのだが、結局初期化失敗といいながらディスクを排出する。

なお、それぞれのメディアの再生はパソコンに接続したBDドライブを利用して「パワーDVD」では問題なく再生するし、録画も出来る。

今度の土曜日には、しばらく前に参加させてもらった「マイケルサンデル教授」の講演録画番組の後半が放映されるので、録画の予約をしてある。

念のため、Macに接続した地デジキャプチャーとWindowsの地デジキャプチャーも録画スタンバイにしてある。
だが、再生はやはり地デジが一番と言うことには変わりが無い。

と言うことで、早速シャープのカスタマーセンターに連絡を入れた。
センターは平日は夜の8時まで。
思ったよりも遅い時間の対応であり、対応してくれたスタッフも的確に私の要求を理解し、修理スタッフが土曜日に駆けつけるよう速やかに手配を行なってくれた。

ただ、当日その場で修復できるとは思えない。
従って、マイケルサンデル教授の講演放映の録画はパソコン頼みと言うことになる。

このBDドライブは元々、DVD-R録画の映画などの再生は出来なかった。
もちろん、本来は対応しているし、最初の数ヶ月は問題が無かったが、その内「再生できないメディアです」という表示と共に全てアウト。

そのために、外付けDVDプレーヤーを買い足したほどだ。

メディアも結構シビアで、メディアの表面にほんの少しでも汚れがあると直ぐに排出する。
まぁ、BDが繊細なのだろうと、それらには慣れたので、いつも表面を綺麗に拭いてからドライブに入れるようになったが・・・でも、たまに排出の憂き目は当初からあった。

と言うことで、もともと「はずれ」のドライブだったのだろう。

しかし・・・・・・・・・・・

数ヶ月前の暴風低気圧の時、天井から雨漏りが有り、業者に見てもらったらベランダの防水修理が必要と言うことだった。

エアコンの室外機を一旦外して室内保管と言うことなので、娘がアメリカ留学中に工事を行なう予定なのだが、それなどは結構費用が掛かる。

もちろん娘の留学の費用は相当な金額になる。

たぶん、BD修理も有料だろうから、それなりの費用が掛かるだろう。

ここのところ、昨年からNASが飛び、タイムカプセルが壊れ、掃除機もそろそろ(ローラースイッチなどの接点不良くらいは私でも直せるので、何とかしのいでいるが・・・)限界かもしれない。

冷蔵庫の製氷器はしばらく前に故障したままにしてある。
というのは、我が家は99.999%有害性物質等除去が可能な浄水器を使用している。
それらの滅菌した浄水を製氷すると、製氷器内に住んでいる雑菌があっという間に増殖するのだという。

つまり、水道水に含まれる塩素分まで除去するから、浄水内は雑菌にとって天国になるわけだ。
これらは、冷蔵庫のマニュアルに記載されているが、うっかりがあるので注意されたし。

話を戻そう。

いずれ、10年を越えた冷蔵庫だから、数年以内には買い換えなければ・・・・

お金はいくらあっても足りない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・はぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/19

喫茶店

お茶の水近くの本郷界隈。

古いビルの3階にその喫茶店がある。
ビルの表に看板はない。
エレベーターを使わず狭い階段を登ると、店の前にメニューと兼ねた店名入りの看板が立っている。

お店の窓ガラスには大きく店名ステッカーが貼られているが、空を眺めながら歩いていない限り、窓に店の名前が上がっているとは気がつかない。

店内は、事務所をそのまま喫茶店にして、適当にあった椅子やテーブルを並べただけという殺風景なイメージ。

お店に入りすぐにレジでコーヒー代を払うと、席まで運んでくれるが、片付けは客の仕事だ。
つまり、半分セルフサービスになっている。

取引先の印刷会社担当に連れてこられない限り、ここに喫茶店があるなどとはわからない。

・・・・・・・・・・近隣に大きな病院がある。
今の病院は、院内のみならず併設という形でも喫煙コーナーがないところが多い。
そこで、その病院の理事長の立っての要望で、この喫茶店が開業したのだという。

つまり、利用客のほとんどが病院関係者ということになる。
だから、看板など要らないのだ。

法令上、そこが何かを示すものが必要らしく、そのためだけに窓に店名があるのだという。

なるほど・・・・・・・・・・

自分のオアシスにしたいが、喫煙喫茶店。
このブログ名が「たばこのけむり」でありながら、既に喫煙卒業をしてしまった私である。

ここは私のオアシスには不向きだ。
白いはずの壁は、触ると・・・・・・・・・・
とても静かだが、残念だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/17

Mother

Seamoと言うシンガーが謳う表題の曲を聴いた。

------------------------------------------------------------------------

私は、20年ほど前に母を亡くしている。

親を失って初めて親の偉大さを知ったとき、もっと親孝行をすれば良かった、なぜしなかったのかとしばらくは自分を攻め続けたのを覚えている。

旅行が大好きで、時間があるといつの間にか出かけてしまっていて、そしてフラッと帰ってくるような人だった。
しかし、脳梗塞を患って、足が不自由になると自分では思うように出かけられなくなり、私を頼った。

だが、仕事に追われる日々を過ごし、連日出張のさなかに改めて旅行なんて・・・まるでそれもが出張のようで、出来るだけ理由を付けて逃げていた私。

でも、たまに連れ出すとインテグラの後ろの席で、実に楽しそうな姿に思わず私もほほえんでいた。

だが、ある日それも何の前触れも無く、突然に・・・・・・・・・。

心の整理が付かないまま、私はお別れをしなければならなかった。

だが、時間は優しいものだ。
今では遠い思い出になり、時折思い出すくらいになっているのだが、「Mother」を聴いて泣いた。

子は、いくつになっても子なのである。

自分自身が憎まれ口をきく子供たちに翻弄されている中で、自分も親の子供なのである。
だから、泣いた。

でも、あのときの涙とは違い、忘れていた思い出をなぜか思い出し、懐かしく恥ずかしくそしてうれしくて泣いたのだ。

・・・・・・・・・・母さん・・・家族みんな元気でやっているからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/16

マイケル・サンデル

しばらく前に国際フォーラム開館15周年記念と題し「マイケル・サンデル」ハーバード大学教授が招かれ、5000人に及ぶ聴衆を前に白熱講演が行われたのだが、私たち夫婦が運良く講演のチケットを抽選にてゲットできたので、もちろん参加させてもらった。

10000人に及ぶ応募だったらしいが、なんと別々で抽選に応募して見事に2人ともゲットできたのは幸運としか言いようがないが、講演には結局娘と二人で出かけた・・・娘は抽選に漏れたようだ・・・当選の葉書が来なかったから。

19時開演・・・・終了は22時30分をまわる長時間の講義だった。

NHKなどで白熱授業と題し、相当の番組放映が有り多くの方がご存じの政治(経済)哲学者だが、やはり素晴らしい講義を受講でき、娘と二人で感激し合いながら帰宅したことは、決して忘れないだろう。

さて、本日それらの講演を収録した番組がNHK Eテレで放映される。
実際は二週に分けてになるが、前列より7列目ほどに着席した私たちもきっと画面に映っているに違いないと、しっかりと録画体制に入ってる。

あぁ、実に楽しみ!!

http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20120615/E1339675240018.html

続きを読む "マイケル・サンデル"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/15

infinity Blade2 レベル96で打ち止め

入手したアイテムを全てマスターした。

結局レベル96途中で止まった。
あとは、ルーレットを回して運良くブラックアウトアイテムをゲットできたら、その分多少進むと言う程度だとろう。

後は、アップデートだな。

Img_0400


Img_0401


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/12

infinity Blade2 レベル95

追加になったアイテムを順番にマスターし、レベル95に到達。

なお、残りのアイテムを全てマスターしてもレベル100には届かないかもしれない。
ただ、近日中に再び大型アップデートがあるというアナウンスは出ているので、地道にこなしていけば届くだろう。

なお、ブラックアウトになっているアイテムがいくつか残っているが、これらはやはりルーレットでゲットできるものに違いない。

現在、200万ゴールドを越えたが、とりあえず現在の入手アイテムをマスターするまでルーレットはお預けにしておこう。

レベル90から95までのスナップショットをマイフォトにアップしたので、ご参考まで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/09

infinity Blade2 レベル90に到達

ここしばらく、別のゲームにはまっていてインフィニティブレード2をおざなりにしていた。

他のゲームを二本と、一本のゲームの途中(少し飽きた)をこなし、再び剣を振り回す生活に入った。
ゴールドが貯まったので、新たにプレートを装着し、ひたすら貯金をする流れのなかでレベルが90に上がった。
更にお金を貯めて・・・・・・

とりあえず、得られるアイテムを全て入手し、一番弱いアイテムから装着し、いつものパターンで転生1をリスタートして、あとはこれらの弱いアイテムをマスターしレベルを上げるのみ。

マスターしていないアイテムの中で指輪だけが1個しかないが、他は複数本あるから結構レベルアップになると思う。

画像は、現時点で最強のアイテムを装着した状態と、手持ちで一番弱いアイテムを組み合わせた状態。

Img_0373_2

Img_0374

これで、暫く遊べるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/08

Windows8 RPその後02

Windws7 AIKと言うツールをMicrosoftのページからダウンロードし、ネット上に散見する情報を元に、Windows8 RP版64ビットと融合させる事に成功し、無事にiMac2007にインストールが完了した。

Windpws_aik

いくつかのホームページで、コマンドプロンプトを使用してバッチを実行させるためのパスを公開しているが、結局画像の通りに行なう事で、ファイルの融合が出来た。

さて、Mac機の場合はここからの作業がある。
つまり、BootCampソフトウェアのセットアップだ。

このソフトウェアをインストールすることによって、デバイスのドライバーのみならず、WindowsとMacの行き来や読み込みだけながらWindows側からMacドライブが見えるようになるので、データの取り込みなどができるようになり、大変便利なのである。

MacOSX LionにてBootCampを始めると最初にBootCampサポートソフトウェア4.0をダウンロードすることができる。
これをCD-Rに焼きこむか、USBなどに保存を行った後にWindows用のパーティションを作成してOKをすると一旦再起動し、Windowsのインストールが始まる。

無事にインストールが終われば、先のBootCampサポートソフトウェアを使用することになるのだが、今回インストールしたOSはWindows8である。

OSチェックで見事に跳ね返される。

ここで、サポートソフトウェアの中に「BootCamp64」という実行ファイルがあるので、それを管理者権限で互換性チェックをスキップさせれば、サポートソフトウェアのインストールが始まるはずなのだが、再びはねられる。

そこで、スノーレパードのインストールディスク内に収録されているBootCampサポートソフトの中の「BootCamp64」実行ファイルと入れ替えて、管理者権限・・・を実行してみたところ、すんなりとすべてのドライバーがインストールされた。

なお、このBootCamp64がBootCampコントロールプログラム本体なので、バージョンチェックをすると「3.0」となっている。
ただし、ドライバーそれぞれはWindows7用でインストールされているので、デバイスマネージャー上でもエラーは全くないし、起動も快適だ。

・・・・スタートメニューがデフォルトでは見えないので最初は戸惑う。

これらは、そのうち当たり前のようになれてしまうのだろう。

ということで、本日はここまでで終了した。


続きを読む "Windows8 RPその後02"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/07

Windows8 RPその後

Select CD-ROM Boot Type:

と言うメニューが画面に表示されるが、キーボードもマウスも全く受け付けない状態。

非常にポピュラーな症状らしく、インストールEFIプログラムに問題があるのだという。
これは、最新のEFIに対応していないパソコンで発生するようで、Windows機、Mac機の違いは関係がないようだ。

今回インストールを試したiMac2007は、古いEFI仕様のためエラーが出たということだ。
なお、64bitOSが対象で32bitOSでは発生しないようだ。
試しにWindows7 32bitのインストールは問題なく出来た。

しかし、ものは試しとWindows8 32bitのインストールディスクも作成してインストールを試みたが、こちらはダメな症状でおしまい。

なお、32bitに64bitのアップグレードインストールはできないから、どうしてもWindows8をインストールしたい場合は、インストールディスクに細工をしなければならない。

Microsoftのホームページから「Windows AIK」と言うプログラムをダウンロードし、OSインストールディスクと融合した対応インストールディスクを作成して、それを利用してインストールすればいいらしい。
とりあえず、今すぐにWindows8が必要というわけではないので、ここは一旦おしまいにし、後日改めてチャレンジすることにした。

・・・・・・なかなかWindows8にはお目にかかれないものだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/06

Heroes Call

最初無料の後から課金という今風のゲーム。

この手のゲームは好きで、ついついハマってしまう。
レベル11に達した。

少しもっさりしたところがあるが、同じように敵キャラものんびりしているから取り囲まれないようにすれば、比較容易にステージクリアできる。

システム的には、1ステージクリア式で、最初からクエストがあるか、ステージ上でクエストをもらってということになる。

なお、ステージの背景は殆んど何処かで使い回しされ、結果的にゲームの軽さに繋がっている。
ゲームを進めれば進める程、飽きがくるかもしれない。

また、いくつかのステージからか、次ステージ開始まで3時間とか表示され、直ぐに次ステージを開始したければ、ジェムを使えとくる。

因みにそのジェムは途中で敵キャラなどを倒すとゲットできたりするが、次ステージ・・・・時に要求するジェムの数分は集まらない。

ジェムは課金で購入することができる。
つまり、次のステージに行くためには金を払えというセコイシステムゲームなのである。
まぁ無料なので仕方がないが、武器購入のためのゴールドならばいいけれど、次のステージに・・・・・tというのはあまり好きではない。

まぁ見方を変えれば、ステージクリアするたびにその日分と考え、続きは次の日のすればいい。
でも、1ステージ短すぎるしなぁ。

なお、無料ゲームなので、作者のために一般ゲームクラスの分くらいと、幾ばくかのジェムは購入してあげたが。
しばらく遊んだら、やめだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/05

Windows8 RP

現在、休眠中だったiMac2007にWindows8をインストールしようと早速ブートキャンプを利用してみた。
まずパーティションを切って・・・・・・(´Д` )

だが、何故かプログレスバーが途中で止まったまま30分経過してもその位置のまま・・・・・

気が短い私は強制的に(本来は中止できない)中止させた。
結果、ブートキャンプのために切ったパーテーションが削除などができない状態で残ってしまった。
多分そうなるだろうなぁと思ったまんまで、ため息。

でも、残りのHDD容量で充分にWindows8をインストールできると考えて、引き続き新たにパーティション切り直し、いざインストール・・・・・・・・・・。

ボートメニューに見慣れない文字が現れ、何やらインストール手順を選ぶようだが、キーボードもマウスも言うことを効かないし全く先に進まない。

結局それも諦め、パーティションを元に戻し・・・・・
でも、最初の強制終了した時の削除できない不明の領域が残ったまま状態が気に入らないのでここは一気にリカバリーした。

iMac2007は、もともとLeopardの時代のPCである。
だが、ここは面倒なのでSnowLeopardをインストールしてLionのアップデートと言う手順でOSのインストールを完了させた。

だが、実はその前にSnowLeopardをインストールしながら、タイムマシンからの復元を行ったのだ。
ところが、復元はうまく行ったと思うのだが、ログイン時にパスワードを入れるところでいつものパスワードを受け付けてくれないのだ。

思い出せる限りのパスワードを試して見たけれど、結果的にログインできない。
一体なぜ?

ということで、今度は一旦OSを普通にインストールして、移行アシスタントを使用してタイムマシンから復元を試みた。

こちらからだと、一部のソフトウェアにエラーが出る。
正確にはもう一度インストールし直したりパスワードの設定をやり直しすればいいが、今回は必要最小限のアプリのみでいいので、不具合アプリはすべて削除。

写真データと音楽データの復元を済ませ、タイムマシンを逆にフォーマットして、何もかも新しくすべくバックアップを新規に行った。

さて、最初の目的であるWindows8だが、時間が空いた時にブートキャンプでWindowsVistaなどの空きOSをダミーにしてインストールし、いわゆるアップデート風にWindows上からWindows8をインストールしてみようと思っている。

うまくインストールできたらいろいろと試してみたい。
その場合は、改めてご報告いれましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »