« Heroes Call | トップページ | Windows8 RPその後02 »

2012/06/07

Windows8 RPその後

Select CD-ROM Boot Type:

と言うメニューが画面に表示されるが、キーボードもマウスも全く受け付けない状態。

非常にポピュラーな症状らしく、インストールEFIプログラムに問題があるのだという。
これは、最新のEFIに対応していないパソコンで発生するようで、Windows機、Mac機の違いは関係がないようだ。

今回インストールを試したiMac2007は、古いEFI仕様のためエラーが出たということだ。
なお、64bitOSが対象で32bitOSでは発生しないようだ。
試しにWindows7 32bitのインストールは問題なく出来た。

しかし、ものは試しとWindows8 32bitのインストールディスクも作成してインストールを試みたが、こちらはダメな症状でおしまい。

なお、32bitに64bitのアップグレードインストールはできないから、どうしてもWindows8をインストールしたい場合は、インストールディスクに細工をしなければならない。

Microsoftのホームページから「Windows AIK」と言うプログラムをダウンロードし、OSインストールディスクと融合した対応インストールディスクを作成して、それを利用してインストールすればいいらしい。
とりあえず、今すぐにWindows8が必要というわけではないので、ここは一旦おしまいにし、後日改めてチャレンジすることにした。

・・・・・・なかなかWindows8にはお目にかかれないものだなぁ。

|

« Heroes Call | トップページ | Windows8 RPその後02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows8 RPその後:

« Heroes Call | トップページ | Windows8 RPその後02 »