« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012/07/28

新大阪

暑い。

とにかく、人が多くて、酸欠になりそう。

大阪のユーザーに誘われ、橋下さんのスキャンダルでより名前が大きくなった「北新地」に出かけたのは昨日。
夜型の担当は早朝二時になっても帰る気がないみたい。
お客様だから、私からお開きを言うことはよろしくないのだが、流石に睡魔に襲われて(特に早朝起きだったからなおさらか)ついに帰りサインを出してしまった。

高級寿司屋で、金額の割りにはそれほど食していない。
クラブでも乾き物くらい。

クラブをあとにして三次会は焼肉屋・・・・・
お腹は空いているはずでも、睡魔が先で食べられなかった。
とろけるような牛肉だったけれど・・・・・・(-。-;

ホテルに入ってそのままバタン。
でも、普段の如く多少いつもよりは遅かったがちゃんと目が覚めロンドンオリンピックの開会式後半、聖火の点灯シーンはしっかり見ることができた。

さて、東京駅八重洲で関係会社のフェアが開催されていて、家内とお友達を誘っているので、それに間に合う新幹線に乗るべく新大阪駅に着いたが、あまりにも人の熱で駅コンコースが暑く、息苦しい状態。

まだ、予定の新幹線には40分もある。

飲み過ぎよりもここでの体力消耗が大きい気がする。

夏休み・・・・・・クソガキどもが人の荷物を蹴って行く。

アァ早く新幹線に乗りたいよう(´Д` )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/26

OSX10.8

気がつかれておられる方は分かっていると思うが、今回のアップデートでMacと言う冠名がなくなった。
今後、色々な形でシステムなども含めて変わって行くのだろうか。

昨日、App Storeよりダウンロードが可能となったので、早速、1700円課金した。

既存のソフトウェアとの互換性などの問題があると嫌なので、とりあえずお試しにということでMacBookProにインストールしてみた。

インストール直後にとりあえずバックアップと考え、タイムカプセルにアクセスしたが、バックアップの準備中から進まない。

現在、メインで使用せず、ほとんど電源を入れないMacBookProなので、データもほとんど何もないから、とりあえずバックアップストレージをフォーマットして新規にバックアップをかけたらすんなりと進み始めた。

月掛けで契約しているAtokが消えてしまった・・・・・と焦ったが、使用する言語のチェックが外れていただけで、すぐに使用できる状態になったが、オリンピック人名辞書アップデートがエラーを出してインストールできない。
絶対必要なものではないのでいいけれど、まさか根本的にアップデートができないというわけではないだろう・・・・・少し不安。

SkyDriveを起動しようとすると(自動起動だけれど)、キーチェーンに何やらと表示が出て起動できない。
ソフトウェアをインストールし直したり、キーチェーンを立ち上げて、skydrive関連のファイルを削除して、いわゆる初期化みたいな状態にしても、MacBookProを再起動すると、再び同じエラーが出る。

現在、この辺りまで検証したが、メールは一度設定の整合性の検証があり、その後、問題なく立ち上がっている。

Apple製ソフトウェア関連は、新OSに適合するように調整起動をするが、それらは最初だけで二度目からは普通に起動する。

これからいくつかのサードパーティ製ソフトウェアを使ってみて不具合があったら改めて報告したい。

いずれにせよ、メインマシンであるiMac2011にはテレビチューナーがセットアップしたあるのだが、これが不具合を出すと、これから始まるオリンピック録画に大きな支障が出るので、、こちらのシステムのアップデートはしばらくお預けだ。

テレビチューナーに問題がなくても、他のソフトウェアの不具合に引っ張られてパソコンが立ち上がらなくなった・・・・などはあり得るから、調子がいい状態で録画など安心して行いたいからね。

さてさて、明日は大阪に出張であり、新幹線移動だから、新幹線内で少し新OSと遊んでみようかな。
イーアクセスのモバイルが東海道新幹線のトンネル内でも使用できるようになったというアナウンスがあったのをうろ覚えだが何処かで見た気がする。
それらの使用感も確かめたいし・・・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/21

特許他・・・

来月は我が社の年度末月となる。

振り返ってみて、昨年の震災による建設業界の低迷は一年前の同じ時期にほぼ脱却し、秋口からは非常に好調なペースで業績を残してきた。

自分を言うわけではないが、社内の営業成績ではトップの座をキープしてどうやら今期を終わらせる事が出来そうだ。

だが、営業の仕事というのはスタッフの存在があって初めて完成するものだ。
そのような意味で、我が社では営業よりも業務の方が大きな顔で社内を闊歩している(笑

でも、私にしてみれば本当は営業職は片手間であって、本職ではないのだ。
どれほど数字が上がっても、時間が余ったらするのが営業であり、私の本職は開発である。

営業は数字と言う結果が残せるが、開発仕事はヒットしても当初こそ評価を受けるが、安定するといつしか開発者のことは忘れ去られてしまう運命にある。

現在、会社の製品の8割は私が開発した製品である。
特許や実用新案、各役所の認定などの9割以上が同様である。
でも、会社のスタッフはそれらのことはすっかり何処かに行っているようで、私が一応存在を有しているのは、営業の数字を常に上げているという実績があってのことだ(笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、我が社での危機は、私の後継者が居ないと言うことだ。

工場の従業員や営業、業務などは決して難しくなく従業員を補充することが出来る。
しかし、製品開発向けの人間は余程のチャンスが無い限り手に入らない。

私の後継となる営業マンは既に複数名育てた。
社内改革を得て、各セクションの責任者も充分に力を付けたので、既に私の必要は無いレベルまで来ている。

しかし・・・・・社長とも、会長とも幾度も議を重ねても、開発部門の後継が出来なければ、会社の存続はそれほど永くないと言う意見は一致している。

本気で焦り始めている、今日この頃なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/20

電子カタログ

Macのソフトウェア、iBooksオーサーを使用し、iPad用の製品一部を収録した電子カタログを作成した。

出来上がったので、早速我が社のインターネット担当に、アップロードの依頼を行ったら、契約しているサーバー会社では、jpgやpdfなどの一般的な画像やテキストファイルのみで、動画もアップできないという。
従って、iBooksファイルのアップも出来ない事が分かり、私の計画は大幅に狂ってしまった。
何処かにファイルをアップし、そこからリンクを張ってダウンロード出来るようにするしかないが、考えてみればiPadでどれほどのダウンロード効果があるだろう・・・当面はそこまで無理する必要は無いと判断。

ファイルをPDFファイル化してアップすることにした。

iBooksファイルのように、本みたいにフリックでめくったり、動画の再生が出来たりなどはしないけれど、文章にハイパーリンクを掛けたURLはちゃんと機能してくれている。
ファイルの容量の割には製品画像の発色などの解像度も悪くなく、一番いいなと思ったのは印刷や画像の切り出しが出来ないようにプロテクトを掛けることが出来ると言うこと。

アクロバットを使用すれば、同等以上の操作はできるが、iBooksオーサーはあくまでも無料のソフトウェアである。

素晴らしい。

さて、我が社は再来年、創立50年を迎える。

その頃はきっと今よりもタブレットが普及していることだろう。
そのために、他の製品のカタログを全て作り終えた後には、50周年記念を加えた会社案内なども電子カタログ化して配布したいものだ。

そのためにも、もう少し勉強しておかなければ・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/19

ベランダの防水

晴天が続く日を狙って、業者が一気に工事を行っていった。

見積書では、エアコンの室外機2台を外すため、外した室外機を置くために室内の開放が条件だったが、実際は私たちが不在であっても問題なく工事を行っていった。

帰宅後に現場を確認し、工事業者に電話を入れ、お礼を言う。

さて、後は間違いなく防水効果が出ているかどうか来週にはテストを行うため、今度は室内に入るとのこと。

なお、それだけではない。
台風上陸の時に、雨漏り具合を確認するため、天井の点検口から天井裏を覗いていたときに、体のバランスを崩し、点検口ごと床に落ちてしまったため、天井が500mm×400mm程の穴が空いてしまった。
もともと点検口は300mm×300mm程なので、相当大きな穴が残ってしまっていることになり、それの修復も工事に追加されてしまった。

工事業者にそれを伝え、それらの大きさの点検口を取り付けてもらうことになるのだろう。

ため息・・・・

だが、厚く防水層が塗られたベランダは実に美しく輝いていた。
少なくともこれで、雨漏りが直れば床に落ちたときの打撲も名誉の負傷と・・・・言えないか(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/10

Brave: The Video Game

Mac AppStoreにてMac用ゲームとしてアップされていたので、少し遊んでみた。

大体、映画を題材としたゲームで楽しかったことがないので、正直期待はしていなかったが、今作はさにあらず、結構はまってしまった。

私はアクションゲームベタなのにもかかわらず、果敢にチャレンジしていつも挫折する方なのだが、そんな私でも十分に楽しめる。

もちろん、イージーモードだけれど、このような感じならばもう少し高いレベルでも遊んでみようかなと思ってもいる。

プレー日は数日だけれど、取得したコインで既にアップグレードできる部分は全て完了し、更に後残り2ステージ(たぶん2ステージと思う)のシークレットを全て取得すればパーフェクトになる。

このゲーム、先にも記したように「コイン取得・・・・アップグレード・・・パワーアップのこと」以外にシークレットでのアイテム収集(弓と剣、そして衣装・・・コレクション項目で装着チェンジできる)、コンセプトアート(クリアステージ・・ロック解除)がある。

レベルはイージー以上、4段階から選択することができる。

キーボード操作は結構方向キーとアイテムキーを押し間違えて、戦いのシーンではひやっとすることも多いが、イージーモードでは、適度に敵キャラが回復アイテムを散りばめてくれるので、主人公がお亡くなりになることはまずない。
ジグザグに飛びながらの海越えなどでうっかり踏み外すと、ヘルスが減って踏み外した場所から続き・・・・という感じだが、失敗を重ねヘルスがなくなっても決して死なない。
だが、ヘルス0状態で敵キャラの攻撃を食らうとセーブポイントまで戻されるという仕組みだ。

途中クマにチェンジして、コイン取得バトルがあるし、小熊を使ってのパズルゲームもある。

クリアしたステージに再び旅立つことができるので、コインを十分に取得してパワーアップしながら次の新しいステージにどうぞということも可能。
その場合、小熊のパズルはスキップすることができる。

ゲームパッドでもプレーできるのでMac対応製品ならば、きっとそちらの方が操作が楽だと思う。
私はXbox360コントローラーしか持っていない。
純正ドライバーはWindowsのみだがサードパーティ製がアップされているのでそれをインストールしてTombRaider2はちゃんと起動するが、今作は誤動作する。
仕舞いにゲームが終了出来ず、キーボードもマウスも全く受け付けないため、電源強制終了となる。

とにかく、主人公を斜めに走らせるシーンが多いので「W」「D」で右斜め前進などの2キーであちこっちに移動は辛いなぁ。

でも、私でも楽しめるゲーム!

ご興味のある方はお試しあれ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/07

MacBookPro不調 その後

名古屋出張を終えての翌日、土曜日。

iMac2007にWindows7をインストールしアップデートまで終えた状態で出張に入ったので、今度はその続きだ。
古いEFIではWindowsOSの64ビットインストール問題は、iMac2007も対象のため、Windows8インストール時にはその問題乖離用インストールディスクを作成したのだが、今回はそれらの作業も面倒なのと32ビットOSならば使用出来るソフトウェアも手元にあるため、今回は敢えて64ビットOSにこだわらなかった。

iMac2007はその使用上、最大4Gbとなっている・・・どうやら8Gbもいけるらしい・・・。
従って、現在4Gbのメモリーを乗せているが、32ビットでは3Gbを使用し1Gbは使わない・・・使えない。
だが、業務で使用する以上はそれほどは求めないからこれはこれでいい。
それらも含め、各ソフトウェアをチューニングしながらインストール作業を進め、あとは実際事務所に持ち込んで、事務所内の機器とリンクをとれば完成だ。

専用に接続していたバックアップ用USB接続HDDを、改めてパーティションを二分割し、片方をMacOS用タイムカプセル化し、もう一つはWindows側・・・業務データのバックアップ用にした。

準備は万端。

月曜火曜は事務所作業なので、月曜日の午前中に残りの処理を行って、午後からは問題なく使えるようしたい。

しかし、Windowsはいとも簡単にクラッシュ・・・・何の前触れもなく発生する。
日頃からのバックアップは十分すぎるほどに心がけたし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/04

MacBookPro不調

突然、ブートキャンプのWindows7が死んだ。
修復を複数の方法で試したが、結局生き返ることはなかった。

昨日の夕方、仕事が終わって普通にシャットダウンして鞄にいれた。
今日、事務所に戻り起動しようとしたら、スタート画面から先に進まない。

以前にも、定例のWindowsアップデートを行ったのち、数日して同じようなことがあり、その度に修復して起動するようにしてきたが今回、二日前にアップデートがあったのを思い出し、またか・・・・と思いながら・・・・・・だが、今回はお亡くなりになったようだ。

今はクラウドの時代。
必要なファイルはWindows内にはないので、そのままパーティションをMac一本に仕切り直し、新規にWindowsのインストールと思いきや、今度はいくつかのファイルの移動ができないので、パーティションが切れないと言ってきた。

これは、HDDドライブそのものにエラーが出ているのかと考え、Macドライブの検証を行ったところリカバリーHDでOSをインストールし直せと言ってきた。

小一時間かけ、取り合えずOSのみ入れ替える形で、新規にインストーして問題は解決した。
・・・・・・・根本的にHDDに物理的エラーでも出ているのかな。
少し不安が遮った・・・・・・・・・・・
このまま元の状態に戻しても再び故障したりしたら・・・・・・・・・・手間だな。

そこで、以前から思っていたことを実行することにした。

我が家には実質的に使用していないiMac2007がある。
それにWindows7をセットアップして会社で使用し、MacBookProはMacのみで使用するということだ。

実際、出先ではiPadでことが足りる。
時折、パソコンの力を借りるが、それはMacOSで十分だ。

ということで、iMac2007にインストールしていたお試しWindows8はあっちにやって、Windows7をインストールし直した。

さて、明日は、早朝から名古屋に出張なので、今日のところはWindows7のセットアップのみで終わらせ、お休みになったらゆっくり続きを行おう。

しかし、昔はリカバリーなんて苦でも何でもなかったのに、面倒に感じるのは歳のせいかなぁ。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/07/03

ゲーム

iOSではHeroes callと言うゲームを楽しんでいる。
これはDiablo風の斜視点(私の勝手な造語)ゲームで、クエストをこなしながら進んでいくゲーム。

レベルの高いアイテムは、課金しなければ得られないジェム(宝石)を使わなければ購入できないが、それらを無視しても充分にクリアできるゲームだ。

はっきり、グ何とかとかデ何とかも見習ってほしい、正当なゲームを楽しんでいる。
だから、たまには開発者に謝礼と称し、アイテムを率先して購入してあげようという気持ちになる・・・でもなかなか購入しないが・・・・・・(笑

MacOSでは、Braveというディズニーのキャラクターのゲームを楽しんでいる。
これは、TombRaiderのようにキャラクターの背面を追うような部分と、Diabloの視点を組み合わせた見え方の主人公を旨く操るゲームだ。

得られたコインで、スキルを高めるのだが、一度クリアしたステージは何度でも入り込めて、改めてコインを集めて、更に高いスキルを確保する。

そうすると、次のステージで・・・・多少・・・・有利になる。

さて、Windowsではどうか・・・・・。

プレオーダーで既に課金済み。
Steamで入荷待ちのゲーム・・・・・トーチライト2。

夏リリースだが、現時点でダウンロードは出来ない。
これも、Diablo風のゲーム。

トーチライトはWin/Macハイブリッドだったが、今回はWindowsオンリー。
但し、サイトではMac版もリリースとあるので期待はしている。

と言うことで、時折それ以外のゲームに浮気もするが、結局本気でアタックするのはこのあたりなのだろう。

・・・・・・・・かみさんに睨まれそう・・・・いや、睨まれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/02

サンフランシスコ

大学の授業は明日から。

3ナイトのホテル準備を終え、大学の寮に移動した連絡が来た。

事前に調べて知り得た寮の情報と実態とは相当かけ離れいるらしい。
さすがに日本のような正確な情報発信とは異なるお国柄を改めて知らしめられた気がする。

まあ、それも勉強。
如何に我が日本に住み続けて、法に守られているかと痛感させられる。
世界の常識、日本の・・・・・非常識では無く、人間性(この言葉も純ジャパ的比喩か)の究極的体験といえるのかもしれない。

国内の英語ではトップを行く大学で、親が言うのも何だが素晴らしい優秀な成績を持って出立した娘から、全く言葉が通じない(実際は相手が早口で聞き取りづらいので苦労しているようだ)という知らせに、大きな戸惑いを抱きながら、そういえばオーストラリアの女の子もばっちり日本語を覚えたはずなのに、日本に来て挫折したと言う話を聞いたことがある。
やはり、日常会話と正式な標準語では、相当の違いがあるだろうからね。

中国びいきの会社のスタッフも、充分に中国語を習得して挑んだ中国旅行で、タクシー運転者に「降りてくれ」と言われた経験談を聞いた。

「どこに行ってくれ」と言えばいいが、習った言葉は「私はどこに行きたい」・・・・・
短気な中国人から見たら、宇宙人はあっちにいけってことなのだろう(笑
英語でも、日本語でも一緒。

私は何かをしたい・・・では無く、何かをしてちょうだい・・・でいいだけのこと。

娘も、日常会話などを習得をするのは時間の問題と思うが、分かるためには現地で体験する以外に無いことなので、素晴らしい経験に今さらされている状態なので、思わず・・・・何かじゃないが「いいね!!!」

しかし、世界は確実に狭くなっている。

遙か数千キロ離れている場所にいるにもかかわらず、Facetimeでまるで隣の家に居るごとく会話が出来ると言う脅威。
しかも、お金が掛からず・・・・

従って錯覚するのだ。
本当に娘がサンフランシスコにいるのかと・・・・・・

ともあれ、短期といえどもどれほど成長して帰国するかが今から楽しみにしているのも事実。

親ばかかなぁ・・・・と言う言葉も快感か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »