« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/19

Crusade Of Destinyその後02

Img_0718

ゲーム自体はクリアしたのだが、サブクエストが一個だけ残っていた。

ファイヤーバレーという場所でのイベントで、内容は夜になにやら墓場で騒ぐとなっている。

このエリアは、一番奥にある洞窟に入る前に住人が一人居て、別のサブクエストをもらうことが出来るが、それとは別に、バンパイアの情報をもらうことが出来る。

更にトンネル内ではバンパイアが現れたり現れなかったりする。

ここがポイントで、吸血鬼は夜間に行動するわけだから、彼らが居ない間が昼間とすれば、トンネル内に現れている時間は夜間と言うことになる。
同時にトンネルの外の住人はバンパイアが現れている間はそこに居ない。

さて、ここまででヒントは揃った。

あとは、バンパイアが現れている時間に、墓場に行けばいい。

そして、そこで得られたサブクエストの続きを、一箇所何のためにあるのか?と思っていた、灼熱のトンネルに入り次のイベントをクリアし、再び墓場に戻れば、最後のお願いを授かることになる。

サブクエスト達成後、住人から鍵をもらうのだが、はて?どこに宝箱があったっけ・・・・・
たぶん・・・・エルフに関するものだろうから・・・・

宝箱から得られたものは、エルフのアメーバみたいなものなので、後は既に経験したことを繰り返すだけ。
結果的に武具の一つ、エルフのヘルメットを入手し、これで装備が完成した。

これによって、このゲームは完全クリアしたことになる。

Img_0715

Img_0716

ボスとの対戦も私のレベルで攻略できるのだから、ゲームのやり込めの方ではもの足らないだろうと思う。
また、ちまちまと進めなければならないから、短気な方にも不向きだと思う。

英語の内容は比較的難しくはないが、やはり紛らわしい部分もある。

キャラクターのデザインも好き嫌いがあると思う。

合う合わないが結構鮮明になるゲームとは思うが、私はこの手のゲームは好きだ。
実に面白かった。

Img_0717

続きを読む "Crusade Of Destinyその後02"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/18

Crusade Of Destinyその後

いくつかあるエリアの内、ファイアーバレーという村で、溶岩巨人をちまちまと倒し続け、更に死に神も同様に何十人とあの世に嫁がせて、レベル50に達した。

レベル50に到達した途端、次のレベルに進むプログレスバーがフルになったまま止まってしまった。
つまり、このゲームの上限に達したと言うことだ。

これ以上、何をしてもレベルは上がらない。
但し、相手を倒せばアイテムを落とし、そのアイテムを課金すればヘルスポーションなどを購入することが出来る。
そのためにも、時折キャラと戯れた方がいい。

エリアごとに登場するボスは、ある程度のレベルであれば、ポーションを使用しないで攻略することが出来るが、最後の王ボスが居るエリアに入ると飛び道具などで確実にヘルスをへらしに来るキャラが続く。
そのポーション代くらいは貯めておこう。

このゲーム、基本は対1で対戦するので、一人倒してヘルスが回復するまでそこでじっとしていればいいが・・・・短気な方は無理か・・・王ボスはそうはいかない。
やはり複数のポーションを用意して戦いに挑んだ方がいい。

なお、王ボスを倒すと、女王が現れ城で大歓迎を受けるようになる。
しかし、そこでセーブされるわけではないので、再びロードすると王ボスのエリアに入る前に戻ることになり、再び戦いになる。

でも、使ったポーションはしっかりと減っているので、確かに戦った証拠になる。

さて、終盤になり、女王から最後の封印解除シールをもらってそれを使う場所に行くのだが、巨木から人間は通さないよ・・・とストップが掛かり、先に進めない。

ヒントは全て木で出来た武具(剣と盾はいいみたい)に付け替えれば、巨木を騙して封印を解いて、その中のボスと戦うことが出来るようになる。

そして、そこで得たアイテムを持って女王に謁見すれば、いよいよ王ボスの居る城の封印を解き、最後の戦いに進むことになる。

旅の途中、いろいろなサブクエストをクリアして住人からキーをもらい、宝箱を開けたときにアメーバみたいなエルフのアイテムを入手している。
合計で4個あるのだが、4個揃った段階で、どこかのトンネルをくぐった先にエルフの神殿があるがそこで、そのアメーバを球体にチェンジしてもらう。

それをマスターな村の鍛冶屋に持っていくとエルフの武具(武器以外)に作り替えてくれる。
どうやら、それらがこのゲームの中では耐久性など最上級のものらしい。

取りあえず、ゲームはクリアした。
しかし、一つファイヤーバレーでのクエストが未完了だ、

女性から授かった「ファイヤーバレーの夜に何者かが叫ぶ・・・・・・」と言う意味だと思うのだが、それのクエストが分からない。

このステージで、そのままではヘルスが減ってしまうトンネルがある。
炎に耐性のあるポーションがこの村の売店で唯一手に入れられるのでそれを使えば、一定時間そのトンネル内で行動が出来るのだが、特別何があるとか何かが出てくるとかと言うことが無く、何のトンネルかも分からない。
このトンネルがクエストに何らかの関わりがあるのか?とも思っているが・・・・・・

クリアできないので、何となくしっくりきていないが、ゲームは終わった。

遊びやすく、適度に面倒くさい部分が有り、充分に楽しめたゲームだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/17

カナダ

娘がサンフランシスコでの短期留学を終えたが、そのまま帰国せずカナダの友達の家に直行させた。

このブログは、1日一つのテーマと決めているため、二つのテーマがある場合はわざと日にちを変えているため、現在のテーマは15日の事であることを予め記しておきたい。

いよいよ、今週末に帰国を控え、カナダでは鯨ウォッチングなども体験した娘とまたカナダの友達とFaceTimeをそして(なぜか途中声が聞こえなくなることがあるから・・・)、Skypも活用してお互いの顔を確認しながらの長い会話となった。

彼女(カナダの友達)は、日本語研修のため一年間家内の実家でお世話をしたのだが、長い間常に交流があり、もちろん実家の義父義母も現地を訪れ、彼女のご両親に大歓迎をされたことがある。
また、家内の妹夫婦と姪もそれこそ、ロッキーの麓をマウンテンバイクで疾走して帰ってきたこともある。

帰国前に際し、どうしても娘がお世話になったことを、義父義母交え、直接お礼を伝えようと時差を越えて世間話をしたというわけだ。

彼女は日本語が堪能なので、英語と日本語が入り交じり楽しい時間を過ごすことが出来た。
娘が大学生である内は、私たち夫婦が気軽にカナダに出かける事は難しい。

でも、後数年もすれば手が離れるだろうから、その時は今度は私たちが押しかけようと思っている。

しかし、便利な世の中になったものだ。
お手軽に長距離とお話が出来るのだから。

娘の話では、一昨年オーストラリアから来た一家の中の男の子と今度Skypeで日本語の勉強をするらしい。
男の子が日本語習得(学校の課題らしい)のために娘を頼ってきたとのことだ。
またそれも面白そうだ。

まだ暫く先だが、来年4月頃には家内がオーストラリアで過ごしていた頃の友達が夫婦で出かけてくる予定だ。
彼女は日本は複数回目だが彼は初めてらしい。

さて、男同士今度は私の出番である。

どのような遊びをしに出かけようか・・・・・今から楽しみが一杯だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/16

Crusade Of Destiny

面白そうなRPGを見つけた。

本来、iPhoneアプリのため、iPadでは二倍拡大モードでプレーすると画質もそこそこになるのと、キャラクターなどのデザインも決して今風な感じのものではないが、なぜか継続してプレーしてしまう。

レベルと武具の装着で強さが決まる。

レベルが1つでも違うと、耐久性攻撃性は格段に変化する。
このゲームくらいにその違いが出るのもそう多くないと思う。
また、武具の攻撃性や耐久性も如実に違いを見せてくれる。

例的に言えば、29レベルの時に同じチョウチョ型キャラの攻撃に対して、31レベルでは比較的容易に倒すことが出来る。
ヘルスも半分程まで減るが余裕だ。
ところがそのそばに同型の(攻撃選択すると相手のレベルが表示される)チョウチョ型キャラがいて、レベルが34だとする。
相手のヘルスを半分減らす頃には、こちらがやられてしまう。

そのくらいに違いがある。

ゲームは、ホームとなる村から始まる。

全て英語なので、それらを読み解きながらいくつかのクエストをこなす。
まず最初に剣を入手しなければ始まらない。
剣さえ入手すれば、村から出たところにいる、昆虫を攻略しレベルをいくつか上げていく。
ドロップするアイテムを村に持ち帰り、武器売買所にてゴールドに変え今度は武具を調達する。

一揃えする頃にはレベルも上がり、熊くらいは簡単に倒すことが出来るようになる。
レベルが15位に上がると、お城の女王に面会が出来ると同時にクエストをもらえる。

武器売買所でマップを購入すると、村の周辺にいくつかのトンネルがある事が分かる。
マップが無くても村周辺をうろついていれば必ず遭遇するのだが、やはりマップが役に立つ。

それぞれのトンネルを通ると別のステージにたどり着くのだが、敵のレベルは30〜50程と、15~20
レベルでは到底歯が立たない。

自分のレベルにあった敵が居るエリアにて、とにかくちまちまと自分のレベルを上げていく。
レベルが上がれば上がるほど、弱いキャラをいくら倒してもレベルを上げるためのインジケーターは変化しない。
自分と同等か、1〜2レベル低いキャラと戦うのが、レベル上げにはいいが、かといって敵が落とすアイテムを換金して得られるゴールドは、20レベルも30レベルのキャラもそれほど変わらないので、お金集めならば数レベル低いキャラをバッサバサと片づけた方が早いかもしれない。

私はレベル上げを優先したいので、同等レベルのキャラを選んで戦っているが。

現在、32レベルなので、チョウチョ型キャラ(31〜33レベル、倒すと57ゴールドゲットできる)を選んでステータスを上げている。
だが、このエリアで入手出来る防具は、一点2000ゴールド、剣は8000ゴールド、弓が6500ゴールドなので、それらに買い換えるためにはどれほどの敵を倒さなければならないのだろう。

そのような意味で、このゲームは根気が必要である。

どうやら、各ステージにはボスが居るようだ。

ボス戦ステージにつながるトンネルを進むと、巨大な蜘蛛が現れる。
巨大な蜘蛛ボス戦は、排出する子蜘蛛を適当にあしらい、ボス蜘蛛のお尻付近をタップするとリング状に光るのでそこを選択し、剣でひたすらぶったたくと攻略できる。
そのステージの奥に宝箱が有り、それの中からアイテムをゲットすると、今度はその村の何処かにある入り口が閉じられているトンネルの鍵となっていて開けて中に入ることが出来る。

別のステージのボスは、巨大な岩石巨人だが、二度チャレンジしたが敗退した。
どうやら、おなかアタリの光っている部分を選択し、弓矢で攻略するらしい。

このゲーム、敵にやられると、次のレベルに到達するためのゲージ表示が確実に減る。
要はペナルティである。
同時に、村の中心に戻される。

但し、その村は最初の村とは限らず、それがどのように決められているかは分からないが、現時点ではいつも雪に覆われた村だ。
その前は砂漠の村だった。
もちろん、最初はゲームスタートの村だったが。

まぁ、当面目標は50レベル。

このあたりのキャラがうようよいる赤い村で、大きな顔が出来るようになると、このゲームずいぶん楽になると勝手に思っているから・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/15

湯沢のマンション02

黒姫コスモス園の近くに、ミヒャエル・エンデやちひろの絵で有名な黒姫童話館がある。
以前訪れたときには、館内をゆっくりと見学させてもらった。

Img_9778_2

今回は、館の周辺をゆっくりと散策した。
ローズガーデン、そしてのんびりと牛の放牧。

Img_9788_2

広がる緑と、鳥のさえずり・・・‥。

白樺の彫刻の一つ一つの表情を比較しながら風に吹かれて、時間を無駄に浪費する贅沢。

それと忘れてはいけない出来事。
コスモス園で押し花製作体験が出来たのだが、家内がすてきなポーチを完成させた。
もちろん初めての体験だったが、結構いい出来上がりに満足のようだった。

Img_976

------------------------------------------------------------------------------

歩き疲れての帰路。

予定にしていなかったが、寄り道気分で野沢温泉にハンドルを切った。

ここは、以前に数回訪れたことがある。
CRCC(City Road Cycling Club)のメンバーと、山越えをしてたどり着いた温泉。
町営無料の公衆温泉がいくつかあり、仲間とそれこそ裸の付き合いをした思い出がよみがえる。

数年前に無料の足湯が出来た。

突然の思いつきのため、タオルセットなどは用意をしていないので、今回は足湯のみ。
家内は少し不満のようだが、楽しみは少しは残しておかないとね。

Img_0010_2

------------------------------------------------------------------------------

楽しい時間というものはあっという間に過ぎていく。

予定最終日は、松代(まつだい)と言う町の売りにしている「棚田」を見に行こうと言うことになった。
マンションから約50km。

1時間少しで着いてしまう距離。
都内で50km・・・・・一般道路の走行速度が70km/hほど(法定速度は40〜50km/hだが、そのような速度では誰も走っていない)だから、1時間程など想像できないが、着いてしまうのだ。

お昼少し前に松代駅に到着。
観光案内のパンフレットを入手し、そば屋をチェック。
ネットもチェックし、ターゲットを絞り込む。

外見は、少し躊躇する建物だったが、頼んだ天ざるそばの天ぷらは・・・おいしかったなぁ。
そばは、湯沢側に軍配を上げるが、トータル的には松代に得点を上げたい。

今回は、3日間のお昼はいずれも日本そば・・・ざるそばを食した。
それぞれの風味と味わいが有り、どれも旨かった。

Img_0666

松代のそば屋では、ダシの中に自分でクルミの実を殻からほじくって入れるなどの、今までに経験したことがないことも体験できた。

さて、目的の「棚田」にはもちろん出かけた。
山の緩やかな斜面に段々と重なるように田んぼが広がる。

のどか・・・・・・・

Img_0695
---------------------------------------------------------------------------------

夕方、マンションを出発。

関越自動車道は、藤岡付近から都内にお向けて、50km程の渋滞。
通過に100分以上と表示されている。
更に先の渋滞も考えれば、かなり時間が掛かりそう。

現在、関越自動車道と東北縦貫道は高崎近辺から佐野近辺に接続されている。
少し遠回りになるが、羽生から先14km渋滞とある。

結果敵に湯沢より3時間で帰宅した。

関越自動車道をそのまま走り続けたら後+2時間は掛かったと思うので、いい判断だったが現在はそのように迂回することも可能となり、大変助かる。

いずれにしても、怪我も無く事故も無く、道中ひやっとする事も無く楽しく過ごすことが出来た。

家内曰く、次はいつ出かけようかな・・・・・・・・・


続きを読む "湯沢のマンション02"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/14

湯沢のマンション01

バブルの頃に購入したリゾートマンションに久しぶりに出かけた。
13階に相当広い天然温泉がある。
このあたりのマンションはバブル崩壊後に、相当安く転売されるようになり、現在では場合によって数十万円で購入することも出来る位に値下がりしている物件もあるらしい。

しかし、我が社のリゾートマンションは、関係会社にも開放され特に冬場はスキー目的でほぼ休日は埋まる。
下手な温泉旅館に負けない広い温泉は魅力だ。
そのために、今でも社員の保養所として存続しているのだ。

--------------------------------------------------------------------------------------

仕事を終えて、家の用事を終え、適当な時間に家内と二人で家を出た。
関越自動車道は、前橋あたりまでは、多少の込み具合だったが、そこから先は自分のペースで走行できるほどの交通量。
マンションに到着したのは日付が変わるか変わらないかの時間だった。
荷物を片付けてゆっくりする頃は次の日だった。

その日は午前中は大掃除に使った。

このマンションを利用する殆どのグループは一泊2日組だから、室内清掃は帰りに簡単に掃除機を掛ける程度だと思う。

数年前に室内リニューアル後の本格的な清掃はたぶん、誰もしていないのだろう。
換気扇や、蛍光灯の笠の上の埃が相当積もっている。

我が家の家内は、もちろんそれらを見て我慢できなくなったらしい。
従って、私も巻き込まれ・・・・・・新品の掃除機集塵袋が一杯になったくらいに埃が凄かった。
・・・・確かにこの部屋に入ったとき、最初にくしゃみが出た・・・・私は埃アレルギーの傾向があるので、てきめんだったが、清掃後は相当収まった。
・・・・・・旅行後に自宅に戻ると、それこそ完璧にぴたっと収まったことから、我が家はどれほど清潔か・・・本当に家内に感謝したい。

余談だが、私は会社でマスクをしている。
会社は空調製品メーカーだが、事務所内環境はよろしくなく、過敏性肺炎(アレルギー)の私は、この時期マスクを手放せない。
会社の事務所を出て、自宅まで10分。

会社で5分もマスクを外していると咳き込み始めるが、、その状態で会社を出て家に戻れば、全く何も無かった状態で普通に戻れる。

過敏性肺炎は、一種のアレルギーで、花粉症がその名の通り花粉症などを起因としてアレルギー反応が出るのに対し、カビやダニの死骸の発散で起こる。
どちらも、いままで掛かった事が無い人が一旦発症すると同じ環境になった場合に次回からは必ず起こるようになるのでやっかいな病気だ。

だから、マンション内に入ったときに私がアレルギー反応を発症したと言うことは、それだけ不衛生状態だったことになる。
しかし、普段使用していないマンションのこと、仕方が無いのだが定期的に室内清掃すれば改善できることなので、会社には新たに提案してみようか。

----------------------------------------------------------------------------------------

今回の目的は、この湯沢のマンションを起点に少し遠出をしようと考え、妙高高原近くの黒姫高原のコスモスを見に行こうと考えた。
それと同時に「日本そば」である。

初日は、マンションから車で20分くらいの場所に、結構混み合うそば屋がある。
開店時間を狙って当日第一号の客となり、天ざるを頼む。

相変わらず、料理を頼んで30分ほど待たされる・・・‥でも待った甲斐があるおいしいそばを堪能できるからいい。

Img_0623

朝摘みのトウモロコシのプレゼントがあった。
そば屋敷地隣の路上販売からの差し入れという。
これが甘く・・・・・・もちろん帰宅日に改めて購入に出かけたが・・・・・・・・。

湯沢から長野市は、距離にして80km程と決して遠い距離ではない。
道中途中にある野沢温泉までは40km程。

少し早めにマンションを出発し、一般道路2時間ほどで目的地の黒姫コスモス園に到着したが、季節的に2週間ほど早かったか・・・・コスモスの開花状況は10〜15%程だった。
ダリアなどは素晴らしかったが・・・‥。

Img_9624

さて、ここでもそばを食した。
「露下 十割そば」とあったが、そこそこの食味・・・・料金も観光金額かも。
やはり、そばは食後にそば湯がないと寂しい。

Img_9650_2

以前に訪れたときは、一面のコスモスに散策だけで時間が無くなってしまった。

Img_9741_2

天気も比較的良く、時間を気にしなくてもいいゆったりとした空気の中に浸り、至福の極みだった。

Img_9715

・・・・後編に続く

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/07

インフィニティ・ブレード2アップデート04

飛行物体のパイロット怪人は、レベルの低いライトサーベルしか所持できないので・・・・と言い訳だが、とにかく強すぎるので、この怪人との戦いはあきらめ・・・・・・

と言うことで、再び塔に昇る途中の大きな鍵が必要な部屋に入った。

Img_0607

Img_0608

ここの住人は巨人であっても大して強くはないので、簡単にけりを付けて光るボタンをクリックして先に進むことにした。

光るボタンだが、最初を選択すると今度は二箇所のボタンの選択リングが出る。
前回は右のボタンを選択して、持っていない装備をしなければだめ・・・と表示されたので、今度は左のボタンを選択した。

案の定、特定の武器を持てと表示が出た。
そのサーベルを購入するためには60万ゴールドが必要。
すでにマスターした武器だが、まぁいいかと購入して、光るボタンを選択してみた。

Img_0610

登場した怪人は、あの飛行物体の怪人と同じで、全く歯が立たない。

Img_0611

一旦、塔の屋上に逃げて、転生を繰り返し、再び同じこの場所に戻ってきて、今度はさりげに右のボタンを選択すると、前回は既にマスターした武具などを探して見ても見当たらない名前の武器を所持しろと出たが、今度はインフィニティブレードを所持しろと出るではないか。

現在所持する最高の武器なので、今度はがんばれるかも・・・と挑んでみたが。

Img_0612

Img_0613

ブロックがほぼきかない。

魔法で回復する余裕がない。

パリ-とドッジを確実に決めないと、ほぼ4太刀で死ぬ。

Img_0606

・・・・・・・・・・・まだ、マスターしていない武具が3点ほど(いずれも80万〜100万ゴールド)あるので、それらを全てマスターしたら再びチャレンジしようっと。

・・・・・むりかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インフィニティ・ブレード2アップデート03

Img_0599

レベル100に到達したときのステータスをアップしてみた。

ライトサーベル・・片手持ち武器は、150程しかステータスがない。
インフィニティブレードが500程。

ハンマー系では1400クラスがあるので、パリ-して相手を仰け反らせて以降の瞬殺には相当の差が出る。
転生画面の最初の敵を倒してからその場所より下に降りていくルートを選択すると、2体のボスが居るが、一度倒しても復活して二度戦う巨獣とでは、ついつい、インフィニティブレードに持ち替えて戦っている。
・・・・・ハンマー系は得意ではないから、1400クラスの武器も直ぐに売却してしまったが・・・・

一応、レベル100に達したのだから、現在持っている武具の最高位を全身にセットした時のステータス画像もアップすることにした。
各武具に埋め込んだジェムの種類によって、結構アップダウンが生じるようだ。
ご参考までに・・・‥

Img_0598


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/06

iPod Touchクラッシュ

起動しなくなったわけではないが、iMacと直接接続して同期したところ、どうも調子よく進んでくれない。
また、ライブラリーの表示などがどうもおかしい。

そこで、一旦復元を行って調子を復活させようと復活コマンドを使用した。
ところが、容量のプログレスバーが4Gb他は全て黄色になって表示されている。
つまり、「その他」というデータで一杯だと言うことだ。

これは、以前に娘のiPod Touchで経験している。
つまり、何を行っても修復不可と言うことだ。

簡単に言えば、工場出荷時・・・完全な初期化を行う以外に無い。

しかし、最近のアップル製品のリカバリーは大変簡単になった。
つまり、iCloudがあるからそのほとんどが簡単に復元できる。
あとは、音楽データやアプリケーションなどの同期に時間が掛かることが手間と言える。

再設定しなければならないのは、@me.com以外のメール設定のみ。

パソコンもそうだが、タイムマシンなどのバックアップがあるから、Windowsに比べ10分の1くらいの時間で、システムが復元できて、その分速く仕事に戻ることが出来る。

さて、愛用のiPod Touchの音楽同期は残り1000曲となった。
無事に快適な状態に戻ってくれているかどうか。

気になるのは、ハードウェア的な部分のみ。
機械的エラーは流石に直せないからね。

さてさて・・・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

インフィニティ・ブレード2アップデート02

一旦、ゴッドキングを倒して転生画面に戻ったが、その時点では飛行物体は現れない。

ゴッドキングと戦う前に3人のボスキャラを倒すのだが、その中で一番強い巨人では無く巨獣を倒した後の転生画面から歩行物体は現れる。

そして、再びボスが居た広い場所に行くと、その飛行物体と共に・・・・・・敵のレベルは訪れてからのお楽しみに・・・・

ちなみにライトサーベルをセットしていないと、そのボスとは戦えない。
その武器よりも強力な剣などをセットしたいのだが、チェンジした途端リングマークをクリックしても選択できない。

強力な宝石をライトサーベルに埋め込み・・・・私のスキルでは全く歯が立ちませんでした。

さて、過去にアップグレードしたときは、転生後最初のシーンの方で2体の強力な敵キャラが追加され、同時に樹林を昇ったところでも結構強い怪鳥が登場している。

今回のアップデートでは、飛行物体の強力な敵、塔に昇る前の巨人と今のところ選択できない光るボタンなどが追加されている。

気長に待っていれば、新たなわくわくが増えてくるなど、お買い得ゲームそのもの。
まだまだ、楽しめる。

Img_0596

レベル100に到達。

まだ、いくつかのアイテムとブラックアウトしている武具があるので、最終的には103レベルくらいまでは行くことが出来るか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/03

インフィニティブレード2 アップデート

500万ゴールドを貯めて待っていた‼

新しい武具が相当数増えていた‼

だから、あっという間にチープになってしまった。
だが、一気にレベル99に上り詰めることができた。

塔に登る前の入り口から階段を登ると、今まではそのまま屋上に至ったが、新たにエリアが追加された。
右はそのまま屋上にスルーする。
左側に一番大きな鍵を用いて(これは一回使えば、次に訪れた時は不要)開くことができる扉がある。
そこを通ると、巨人がいて、それを倒すといくつかの柱に光るボタンが現れる。

選択リングが輝くのでタッチしてみたが何やら装備していないと反応しないらしい。

一応マスターした武具や、手持ちの武具、未購入の武具などもチェックしたが、表示された名前の武具は見当たらないので、きっと現在、ブラックアウトになっている未知の武具なのだろう。

塔を攻略し、新しい転生開始のシーン時に、飛行物体が背後から轟音と共に現れ、塔の中間に着陸する場面が新たに追加された。
きっと、新しい巨人はその乗り物でやって来た輩だろう。

光るボタンは、ひょっとして飛行物体に乗ることができる何かなのか?
期待したいなぁ。

光る・・・・ライトサーベルが武器の中に追加された。

歩行中は一見何も持っていないように見えるが、戦いの最中は青白く光るサーベルだ。
敵キャラを倒すと光はスーッと消えていく。

スキューバダイビング一式になることもできる。
足かきを履いて、ライトサーベルを振りまわす様は、結構いいかも。

毎回恒例のアップデートがあるたびに転生レベルリセットを今回も行って、弱い武器のマスター中。

まだまだ楽しめるインフィニティブレード2である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »