« 今年のボトルブラッシュ | トップページ | マウス »

2013/05/12

リカバリー終了

WindowsXPを全てWindows7以上にする、不具合の出ているシステムを全て修復すると言うことで、本当はゴールデンウィーク中に終わらせようと思っていたが、ついついTR9に夢中になりおろそかにしていた。

しかしながら遅ればせながら、本日ようやく終了した。

結果を記したい。

リビングのWindows専用機である夏子2号は「Windows7 32ビット」。
もともとRAMが2Gbしか積んでいないので32ビットでいいと判断した。
夏子2号にはTVチューナーもセットし、テレビ録画機にもなっている。

2階にはiMac2011があり、MacOSX10.8+Windows8 64ビットとなっていて、このマシンが私の母艦となっている。

1階には、iMac2007がありMacOSX10.8+Windows7 32ビットとなっている。
このマシンは、Windowsはおまけである事とEFIバージョンが古く、インストールディスクに細工をしてあげないと64ビットのWindowsはインストール出来ないので、あえて無理して64ビットにこだわらないので32ビットにしている。
なお、Mac側にはTVチュ−ナーがセットしてあって録画も出来るが、結構このチュ−ナーは接続エラーが出るので、そのために夏子2号にTVチュ−ナーを付けてあるのは録画失敗を避けるためである。

さて、今回一番大変だったのは家内のパソコンである。

Macmini2009はRAMを4Gbに増設してあるが、家内の使うソフトウェアの関連でWindows7は32ビットでセットアップしていた。
パフォーマンス的にはCore2Duoを使っているので決して非力ではないが、VGAはそこそこのため家内の要求するスペックまで至らないらしい。
しかもDVDドライブは、DVD-Rなどのコピーメディアの再生が出来ない。
通常のメディアは読んでくれるが、やはり不便ではあった。

と言うことで、私が使っていたMacBookPro2009にWindows8Pro 64ビットをセットアップしてMacminiと入れ替えた。
外付けUSBHDDを使用し、150Gb程のデータを一気に移動した。
結果、メールデータ以外は何ら問題なく出来たのだがWindowsLiveMailのデータ移行はどうしても、エクスポートしてインポートし直して・・・・・そのためにフォルダー配置は元の場所ではなくインポートしたフォルダー配下になるので、フォルダー分けが多いとインポート後の作業が大変になる。
インポートまでは私の仕事だが、それ以降は家内の作業のため・・・・・・・・ふぅ・・・と言うことになる。

だが、RAM8GbのMacBookProはたぶん快適だと思う。

さて、Macminiだが、これは会社で使用することにしていた。

シンクパッドタブレット2を購入したことで会社ではサブディスプレーを使用してデスクトップ風にシンクパッドを使っていたが、非力すぎて常用では使えない。
あくまでもモバイルの領域を出ることは出来ないと思う。

と言うことで、Macminiと言うことになる。

ここまでは予定路線。

ここ数日で、3台のOSリカバリーをこなし、それぞれアプリケーションのセットアップとデータ移行を行って・・・・・もうしばらくはいいや・・・・・。

と言うよりも年中エラーが出て貰っても困るけれどね・・・ないことを願おう。

|

« 今年のボトルブラッシュ | トップページ | マウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年のボトルブラッシュ | トップページ | マウス »