« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013/07/30

Diablo3 パラゴンレベル10になった

一番嫌いな、ACT2のラスボスを倒すことで、このまま最後までいけると思っているが、なかなか簡単そうでは無い。

ヘルレベルまでのユニークモンスターのつもりでいると簡単にやられてしまう。
幾つかの魔法を組み合わせながら、後退しつつダメージを与え続けていかないと、簡単に旗が立つ。

ACT4に入り、それほど進んでいないのに数回死んだ。
ここからは相当に心して掛からないと厳しい。

現在のウィザードのステータス。

20130729_225518

20130729_225528

こちらは、止まったままのデーモンハンターのステータス。

20130729_225552

20130729_225559

そろそろ、再びオークションで武具を物色しなければならないかと思っている。

さて・・・・・ところで、途中でレジェンダリーアイテムを幾つか取得したが、キーと丸いオブジェみたいなものがその中にある。

武具ではなさそうだが、一体何だろう。
使い方が分からない。


| | コメント (0)

2013/07/29

プリンスオブペルシャ クリア

あっという間にエンディングだった。

なお、後半は幾つかのステージで、完全クリアしていないので、それを目指してもう少し楽しみたい。

完全クリアには、時間とアイテムと、探索を全て100%にしなければならない。

Img_1343


Img_1344


Img_1346

しかし、ゲーム全体のボリュームとしては短いと思う。
たぶん、殆どのプレーヤーが消化不良を起こす可能性がある。

宮殿の中をあちらこちら探索するのは実に面白いので、もっと楽しみたいという方が多いだろう。

追加ステージか、続編を期待したい。

| | コメント (0)

2013/07/28

Diablo3 パラゴンレベル10までもう少し

少しずつ進んでいるのだが、浮気して他のゲームに夢中になっていたりして、ようやくパラゴンレベル9も後半になった。

情報では10になると多少プラスαあるらしく、楽しみにしているところである。

現在、インフェルノレベルACT4に入ったところ。

20130727_102857

画像は、倒したはずのユニークモンスターだが、動かずじっとしたままそこに消えずに残っている。

一旦、ベースに戻って取得したアイテムの整理を終えて戻ってきた時には消えていた。


| | コメント (0)

2013/07/27

プリンスオブペルシャ・ザ・シャドー アンド ザ・フレイム

ここのところ、iOSでまともに遊べるゲームというものに出会っていなかった。
だが、しばらく前に上記題名ゲームのアナウンスが有り、大変興味を持っていた。
ようやくリリースされたので、さっさとダウンロードしプレーしてみた。

画面は3Dだが、横スクロールゲーム。

移動などは画面タッチかジョイスティックか好きな方を選ぶことが出来る。

現在、4面に進んだところだが(画像は2面)、ここまでの印象は、私のようにアクション下手でも楽しめそうと言うこと。

アドオンは無いが、コインはリアルマネーで購入が出来る。
なお、こつこつ楽しむならば地道にコインが貯まるので、どうしてもせっかちに・・・出なければ初期の250円で充分だろう。

システム的には、今のところ敵キャラは骸骨しか出てこないが、すり足で近づいて振り向きざま一発で斬り殺す・・・敵が攻撃態勢に入ったスキを狙って防御ボタンを押すと敵が気絶風にひるむのでコンボで瞬殺する・・・まともに戦うときは防御で相手の剣を払い、じわじわと斬り殺す・・等など、ヘルスを減らさずにポイントを重ねることが出来る。

なお、トラップは一発で死ぬ。
これはPOPの伝統であろう。

但し、死んだ場合、その面の最初からリスタートするか、ヘルスを一個払ってその場所からやり直すかを選択できる。
私は今のところ、最初からにしている。

と言うのも、宝箱などは二度取得は出来ないが、コイン袋やヘルスなどは再び取得出来るからだ。
死んでリスタートとなっても、一旦取得したものは消えず、再びあった場所に行けば積み増しできるのと、スタートからゴールまでが一直線では無く、結構分岐が有り寄り道多くすればそれだけコインやヘルスの所持が増える。
しかも、行きそびれが必ずあるので、それらを探しまくるのもこのゲームの面白さなので、死んだらスタート地点・・・・と言うように、今のところその様にして貯められるものをためながら楽しんでいる。

Img_1397


| | コメント (0)

2013/07/26

バックアップ用HDD

アイオーデータ製静音FAN付きUSB接続HDDが届いた。

以前、FAN付きドライブが、轟音とまではいかないがとても気になる程の音に、普段はスイッチを止めていた程だから、トラウマ的にFAN付きには抵抗感を感じていた。

しかし、常に電源が入りっぱなし、サーバー的な使い方をしているiMac2011なので、それのバックアップとなれば、当然おつき相的に24時間稼動である。

自宅に誰かいれば、昨今の暑い日であってもある程度まで室温は下がっているだろうけれど、不在ともなれば日中の室温も結構高くなっていると思う。

バッファロー製FSANレスHDDの熱的負担も相当あったろうと想像できる。
それらが理由で、寿命も短くなったと思ってあげよう。

と言うことで、今回FAN付きにしたが、確かに温度は上がらない。
真夏の熱がドライブに影響を与えることは少ないと思う。

だが、何よりもクチコミ通り本当に静かだ。

確かにドライブが起動している音はかすかに聞こえるが、FANの音は全く聞こえない。
タイムマシンが1時間単位にバックアップを自動で始めるとき(書き込みが始まる)にHDDが接続されているという事が分かるくらいの静かさだ。

いい買い物が出来た・・・・・と思う。

と思うとしたのは、まだ使い始めだからだ。

直ぐに壊れたりしたら、いい買い物・・・なんて言えないから、現時点での評価は静音性だけはいい買い物だったと言い換えておく。

| | コメント (0)

2013/07/24

とほほ降臨

Macにはタイムマシンという、自動バックアップシステム機能がある。
バックアップ先は、Mac本体内蔵ディスクをパーティション割けしたシステム外のドライブレター域でも可能だが、原則的には外部ディスクを用意し、そこをバックアップ先にしてその機能(バックアップシステム)を利用する。

無線LANのアクセスポイントに使用しているタイムカプセルは娘のMacBookProのバックアップ先にしている。
このタイムカプセルは複数のMacからバックアップ先に指定することが可能だが、そう設定するとどうも時折バックアップ先HDDとして認識してくれないことがあり、私はiMac2011には専用のUSBタイプの外付けHDDをバックアップ先に使用している。

外付けドライブとして昨年5月に2Tb、バッファロー製のファンレスドライブを購入し利用していたが、昨夜カタ・・・カタ・・・カタ・・・カタ・・・・と嫌な音を発し始めた。
明らかにディスクをシークするアームの動作音である。
データの読み出しが出来ないときに発生する、連続リーク音はすなわちディスクのクラッシュを意味する事が多い。
案の定、デスクトップに表示している各ドライブのアイコン群からバックアップディスクのアイコンは消えている。
当然、バックアップできませんとダイアログの表示も追い立てるように表示された。

バッファロー製のNASを含むHDDドライブは比較的安価のため使ってきているが、全体的に短命と言わざる終えない。
実際、ここ5年間でNASは二回クラッシュしている。
ドライブの目的上、24時間稼動が宿命なので、それを前提に設計されているはずなのだが、たぶん熱的性能が弱い傾向にあるようだ。

なお、NASはもちろんFAN付きだが、それでも結構高温になっている。
いずれの場合も内蔵HDD部分は生きていたので、専用フォーマットで仕切られているドライブからデータを復元するためには、バッファロー製のNASを利用する以外に無いため、再びバッファロー製と言う事になり、懲りずに同じタイプの製品を購入してきた。
そして、現在3台目と言うことになっているわけである。

まぁ、現在はそのNASは、WindowsでもMacでも隔たりなく、データのやり取りを確実に行なう事が出来るので、所謂中継基地的な役割を持たせている(家にある各パソコンには専用のバックアップ先が何かしら用意してある)から、トラブルがあっても大きな影響は無いので、その際はどのメーカーにするか再考したいと思っているが。

さて、今回のトラブル・・・・・・

基本的にUSB型の外付けHDDは、動作音の関係でFANレスを選ぶことにしていたが、今回クラッシュ問題で、改めて考えを変え、ネットの口コミを信じ(相当静かと言っている)アイオーデータの静音FAN付きHDDをアマゾンでオーダーした。
使い勝手がいいかどうかは改めて報告したい。
新しいHDDは明日にも届くと思うが、今日明日はバックアップ先が無いので、ちゃんと意識をしておかなければならない。
Macのタイムマシンは一時間おきにバックアップが行なわれるので、今作成した成果物をうっかり削除してしまっても、殆どの場合元に戻せるのだが、それらの安心感からバックアップを手動でする習慣が無くなっている。

従って、取りあえずはコピーを取っておくことを失念すると・・・・と言うことに注意が必要と言うわけだ。
まぁ、明日には新しいHDDにフルバックアップするからいいけれど・・・・・・・・・


------------------------------------------------------------------

故障した外付けHDDを分解してみた。

弁当箱に蓋がしてある構造なので、幾つかのノッチをへらを使って外しながら蓋を剥がすように取り外す。
ネジは使っていない・・・・はめ込んであるだけだ。

HDDは、ウェスタンデジタル社製WD20EARXと記載されていて、SATA仕様となっている。
HDDに小さな基板がポート接続され基板のLEDを利用して透明の棒状プラスチック部品をフロントまで伸ばしてHDDの起動状態を光らせお知らせする構造となっていた。

別のUSBキットを使用して簡易外付けHDDに見立てたHDDをMacに接続したが、カタ・・・・カタ・・・・音は変わらず、認識もされない。
余っているHDDを壊れた外付けHDDの基板に接続してMacでチェックしたが、どうやら基板は生きているようだ。

と言うことで当初、HDDだけをオーダーしようと思ったが、箱は箱で余っている500GbのHDD用に使用すればいいと思い、新規に外付けとして完成した製品のオーダーに踏み切った。

タイムマシン代わりに使用する関係上、書き込み速度にこだわらないが、とにかく故障しなければいい。
少しでも長く使用出来ればいいわけで(少なくとも3年は使いたい)、バッファロー製とアイオーデータ製をしっかりと比較してみたいと思っている。

| | コメント (0)

2013/07/20

LTE

Img_1335

所謂、2年縛りという約束でE-Mobileと契約しているが残り6ヶ月、現時点で解約すると9800円の違約金が発生する。
しかし、この時期になると必ず機種変更した場合の契約解除解約金10000円未満ならば免除しますキャンペーンの連絡が来る、しかも事務手数料も無料とおまけが付く。

まぁ、他のキャリアに乗り換えられては困るだろうから早めの手当と言うことだろうけれど、LTE対応による通信速度アップが期待出来るのであれば、機種変更手続きをお断りする理由にならない。

と言うことで、手続きを終わらせて、昨日手元に届いた。

新しい機種はGL06Pと言う機種。

今までよりも多少重量が増すが、これはバッテリーが大容量になったためで、連続使用時間旧機種4時間から新機種10時間に大幅にアップした。
もちろん、通信速度も期待出来るがそれよりもバッテリーの持ちが長くなったことが一番うれしい。

さて、早速セットアップだが、指定されたURLにアクセスし、パスワードなどを用いてSIMの切り替え手続きを行う。
前機種では3G回線専用だったので、SIMの入れ替えだけで特別な切り替え手続きはなかったが、今回はLTE対応ということで専用SIMの使用手続きが必要になるのだろう。

SSIDとパスワード、それから設定用パスワードを初期設定から変更し、準備完了。

さて、我が家から20m程の範囲は、なぜか3G回線に自動切り替えとなってしまうが、そこから出るとLTE回線になってくれる。
まぁ、自宅ではE-Mobileのお世話は不要なのでいいけれど・・・・・。

確かにLTEは速いと感じた。
サファリの動きもさくさくだし、地図の表示もこぎみいい。
機種変更して正解だったかも・・・・・・・

まぁ、対応範囲がどの程度なのか分からないが、今までより改善してくれてあればいい。
ただ気になるのは、8月にLTE回線強化のために3G回線通信速度を半分にすると言うことが決定している。
つまり、LTEエリア以外は通信速度が激減すると言うことでもある。

E-Mobileのエリアは、結構不満を持っている方が多いらしく・・・少し心配ではある。
なお、現実的に公称速度より遙かに遅いというのが相場だから、最大値が半分になっても実速度が変わらない状態ならばいいのだが・・・と多少期待している。

まぁ、たぶんこれから1年半(次回のキャンペーンがあれば・・・)お世話になる機種なので大切に扱わせていただこう。


| | コメント (0)

2013/07/19

念写

20130718_145555

インサイトを運転中に、全走行距離が90000kmになった瞬間をiPodTouchで撮影した(走行中は危険なのでまねをしないように)。

そのまま、助手席に置いてあるビジネスバッグの上にiPodTouchを移動してからカメラを終了しようとしてホームボタンを押したつもりが、シャッターの切れる音がした。
つまり、シャッターボタンを間違えて押したのだ。

その時に撮影したと思われる画像が上記。

一連の動作から、カメラは背面カメラ状態で、そのレンズの向きは下側・・・つまり写るとすればビジネスバッグになる。

画像に写っているイングランド国旗は、インサイトのイグニッションキーに取り付けたキーホルダーだ。
運転中のためキーはハンドル右の部分に差し込んであるため、手で触る事が出来る状態ではない。

しかも、写っている手は右手である。
よく見るとコイン(500円硬貨かな?)を握っているように見えるが、シャッターボタンを間違えたときにお金なんて持ってはいない。
それにiPodTouchは助手席側のビジネスバッグ側に置いたのと、間違えてシャッターボタンを押したのは左手である。

画像も、まるで何かが壊れた瞬間のように破片が飛び散ったごとく乱れて写っている。
もちろん、画像はブログにアップするため容量制限に引っかからないようにするための容量調整はしたが、画像内容は一切触っていない。

不思議な一枚なので、ここにアップしてみた。

| | コメント (0)

2013/07/17

パンク

Img_1354


長岡から富山を経て金沢に立ち寄り、名古屋で接待・・・・

20社ほど立ち寄るので、インサイトで出かけた。

今年の9月で丸4年になるが、走行距離90000kmになろうとしていたので、そろそろ2回目のタイヤ交換を、この出張後に行なうつもりだった。

だが・・・・・・・

富山で宿泊したホテルの駐車場はタワー式で、しかも自分で操作して出し入れする仕様だった。
入庫するときはもちろん何ともなかったのだが、翌朝出庫したときに何となくゴトゴト感があった。
最初は、駐車場の通路がタイル貼りなので、その段差でゴトゴト言うと思ったのだが、表通りに出てただ事ではないと分かった。

見事に前輪助手席側が、完全に空気が抜けている状態。

インサイトにはスペアタイヤが付属せず、応急パンク修理キットが搭載されている。
これが、一式5000円ほどする。

富山市内なのでナビで近くのガソリンスタンドをチェック。
200m以内にエネオスがある事を確認し、そのままゆっくりと走ってスタンドインした。

パンク箇所を見るためエアーを入れたが一気に抜けるほどの裂傷のためこの際と前輪のみ2本新調した。
本当は4本と思ったが、タイヤのセットで1本30分ほど掛かる。

今後の予定があるので、後は地元に帰ってから・・・・・

さて・・・・・・・いつどのようにしてパンクしたのだろう。

タワー式駐車場に入庫するまでは何ともなかった。
しかし、出庫したときにはパンクをしていた。

エアーを注入しても直ぐにタイヤがぺちゃんこになる程に空気が抜ける。

まぁ、余り考えない。

高速道路走行中だったり、近くにガソリンスタンドがなかったり・・・・そう考えればラッキーだった。

そういえば、一回目の交換の時もパンクがあったっけ。
しかも同じ前輪助手席側だった。

パンクを切っ掛けにタイヤを交換したのも今回と同じ。

まぁ、パンクは気を付けようがないからなぁ。

| | コメント (0)

2013/07/08

雀のひな

20130707_175550

我が家の駐車場に留めてある車の下にいた。

巣から落ちたようだが、雀は人間の手ではまず育たない。
さて、どうしたものか・・・・・

ネットで検索すると、庭の日陰になる草花のある当たりに、そっとしておけば親がちゃんと養育する場合が多いとあった。
確かにカーテンから覗くと親鳥がえさを加えてやってきていた。

だが、車の出入りの時に轢いてしまうのではと気が機では無い。

しかし、人の心配をよそにいなくなってしまった。
どこに行ったのだろう・・・・・

と、心配する内に集中豪雨のような雷雨となってしまった。

たぶん、流されただろうと思う。

無事だといいのだけれど・・・自然には逆らえないなあ。


| | コメント (0)

2013/07/07

TRINE2その後02

20130707_221327

幾つかのパイプを組み合わせて接続させると、次のステージに進むための扉を開く事が出来るようになる。

このようなパズルが次から次に悩ませてくれる。

のめり込むように、次々にステージをこなしていくと、なんだこれはと言うような何度も死なせてくれるステージが、次々に襲ってくるようになる。

あらゆる手を考えて、タイミングと根性で、幾度も死にながら・・・・・やっと次のステージかと思ったら!!!

最後のボス恐竜が待ち受けていた!!

20130708_220351

そして・・・・・・やっとこさ倒した。

それを操る魔女の最後の断末魔。

20130708_220353

・・・・・・コンプリートした。

このゲーム、ここまで250円・・・安すぎだ。
そして、拡張ステージが180円だったので、既にダウンロード済み。
※期間限定で購入したので、現時点では定価となっているようだ・・・

まだまだ、遊べる・・・


| | コメント (0)

2013/07/01

TRINE2その後

20130630_165343

このゲーム、進め方は幾通りもある。
言い方を変えれば、パズルの解き方は常に自由であると言うこと。

スキルアップするためには、宙に浮いている球体や、隠れている部屋を見つけるなど、または嫌らしい場所に置いてある瓶や、敵との戦いで倒して取得するなど、とにかくあらゆる手を使って集めていくのみ。

それを3人のキャラに振り分けて、使用出来る魔法や武具などを増やしたり強化したりしてレベルアップしていく。

このゲームの面白いシステムは、振り分けたスキルを全てもしくは一部をリセットして、常に他に振り分け直すことが出来ると言うことだ。
魔法使いを強化してクリアすることが容易になるステージや、敵との戦いにおいては戦士の武具を強化するなど、時折スキル変更して進みやすく考えるなど面白い仕様となっている。

さて、結構進んだと思われるところで、これらの仕組みを知り、過去にどうしても取得出来なかった球体をゲットすべく、最初のステージから仕切り直してみた。

最初からリスタートしても既に取得したスキルが振り出しに戻ることはない。
そして取りこぼしをしたアイテム以外は残ってはいない。
あくまでも取れなかったアイテムをゲットするだけの旅。

しかし、どうしても取得出来ない球体が幾つかあり、それらはあきらめることにしたが、大方はしっかりと戴いた。

画像は、回転する火を噴くオブジェがある部屋。
下がったままの足場の先に球体が三つある。
更には天井付近にも球体がある。

魔法使いを選択し、魔法で足場を築き、その足場が落下しないようにボックスを使って重しにしておく。
そして、余裕で対岸に渡り・・・・・

なお、炎に当たるとキャラクターは死ぬ。
また、ボックスや足場も破壊されるので、一連の作業を行うためには火を噴くオブジェの回転を止めなければならない。

そこで隣の部屋にあったパイプを運んできて、オブジェに引っかけて回転を止めた(天井にある逆T字型のパイプがそれ)。

と言うことで、ゆったりと対岸の球体をゲットしたのだが、次に天井の球体を戴くために挟み込んだパイプを取り除こうとしたが食い込みすぎて取れなくなった。

ここは、回転するオブジェから火を噴く筒の上に飛び乗り球体にたどり着いて・・・と言うアクションを先にするべきだった。

でも、もう一度このステージのみ最初からリスタートすれば、オブジェの回転も復元されると思うので、再び戻ってこればいいと踏んで、先に行くことにした。

と言うことを繰り返して、スキルをアップしていく。

・・・・・はまり中である。

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »