« LTE | トップページ | バックアップ用HDD »

2013/07/24

とほほ降臨

Macにはタイムマシンという、自動バックアップシステム機能がある。
バックアップ先は、Mac本体内蔵ディスクをパーティション割けしたシステム外のドライブレター域でも可能だが、原則的には外部ディスクを用意し、そこをバックアップ先にしてその機能(バックアップシステム)を利用する。

無線LANのアクセスポイントに使用しているタイムカプセルは娘のMacBookProのバックアップ先にしている。
このタイムカプセルは複数のMacからバックアップ先に指定することが可能だが、そう設定するとどうも時折バックアップ先HDDとして認識してくれないことがあり、私はiMac2011には専用のUSBタイプの外付けHDDをバックアップ先に使用している。

外付けドライブとして昨年5月に2Tb、バッファロー製のファンレスドライブを購入し利用していたが、昨夜カタ・・・カタ・・・カタ・・・カタ・・・・と嫌な音を発し始めた。
明らかにディスクをシークするアームの動作音である。
データの読み出しが出来ないときに発生する、連続リーク音はすなわちディスクのクラッシュを意味する事が多い。
案の定、デスクトップに表示している各ドライブのアイコン群からバックアップディスクのアイコンは消えている。
当然、バックアップできませんとダイアログの表示も追い立てるように表示された。

バッファロー製のNASを含むHDDドライブは比較的安価のため使ってきているが、全体的に短命と言わざる終えない。
実際、ここ5年間でNASは二回クラッシュしている。
ドライブの目的上、24時間稼動が宿命なので、それを前提に設計されているはずなのだが、たぶん熱的性能が弱い傾向にあるようだ。

なお、NASはもちろんFAN付きだが、それでも結構高温になっている。
いずれの場合も内蔵HDD部分は生きていたので、専用フォーマットで仕切られているドライブからデータを復元するためには、バッファロー製のNASを利用する以外に無いため、再びバッファロー製と言う事になり、懲りずに同じタイプの製品を購入してきた。
そして、現在3台目と言うことになっているわけである。

まぁ、現在はそのNASは、WindowsでもMacでも隔たりなく、データのやり取りを確実に行なう事が出来るので、所謂中継基地的な役割を持たせている(家にある各パソコンには専用のバックアップ先が何かしら用意してある)から、トラブルがあっても大きな影響は無いので、その際はどのメーカーにするか再考したいと思っているが。

さて、今回のトラブル・・・・・・

基本的にUSB型の外付けHDDは、動作音の関係でFANレスを選ぶことにしていたが、今回クラッシュ問題で、改めて考えを変え、ネットの口コミを信じ(相当静かと言っている)アイオーデータの静音FAN付きHDDをアマゾンでオーダーした。
使い勝手がいいかどうかは改めて報告したい。
新しいHDDは明日にも届くと思うが、今日明日はバックアップ先が無いので、ちゃんと意識をしておかなければならない。
Macのタイムマシンは一時間おきにバックアップが行なわれるので、今作成した成果物をうっかり削除してしまっても、殆どの場合元に戻せるのだが、それらの安心感からバックアップを手動でする習慣が無くなっている。

従って、取りあえずはコピーを取っておくことを失念すると・・・・と言うことに注意が必要と言うわけだ。
まぁ、明日には新しいHDDにフルバックアップするからいいけれど・・・・・・・・・


------------------------------------------------------------------

故障した外付けHDDを分解してみた。

弁当箱に蓋がしてある構造なので、幾つかのノッチをへらを使って外しながら蓋を剥がすように取り外す。
ネジは使っていない・・・・はめ込んであるだけだ。

HDDは、ウェスタンデジタル社製WD20EARXと記載されていて、SATA仕様となっている。
HDDに小さな基板がポート接続され基板のLEDを利用して透明の棒状プラスチック部品をフロントまで伸ばしてHDDの起動状態を光らせお知らせする構造となっていた。

別のUSBキットを使用して簡易外付けHDDに見立てたHDDをMacに接続したが、カタ・・・・カタ・・・・音は変わらず、認識もされない。
余っているHDDを壊れた外付けHDDの基板に接続してMacでチェックしたが、どうやら基板は生きているようだ。

と言うことで当初、HDDだけをオーダーしようと思ったが、箱は箱で余っている500GbのHDD用に使用すればいいと思い、新規に外付けとして完成した製品のオーダーに踏み切った。

タイムマシン代わりに使用する関係上、書き込み速度にこだわらないが、とにかく故障しなければいい。
少しでも長く使用出来ればいいわけで(少なくとも3年は使いたい)、バッファロー製とアイオーデータ製をしっかりと比較してみたいと思っている。

|

« LTE | トップページ | バックアップ用HDD »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« LTE | トップページ | バックアップ用HDD »