« TR1 iPhoneその後06 | トップページ | Diablo3 久しぶりにデーモンハンター »

2014/02/10

ゲーミングマウス

ゲーミングマウスというネーミングから、ゲームプレイに使う専用マウスと思っていたが、簡単に言えば多機能マウスもしくは多機能ボタンマウスという風に言い表した方がいいかも。

気になっていたのは、マウスの長さや高さを変えられたり、重心の位置変更や重さの調整など結構マウスにとって重要な点が調整出来る製品に興味を持っていろいろ探していた。

私の場合、コアなゲーマーではないので、手にフィットして思ったところにカーソルが飛んで、手首が疲れない製品・・・・といろいろと触ってみた。

ゲーミングマウスにしたいと思っていたのは、それぞれのボタンに任意の機能を振り分けることで、デスクワークに多少役に立つだろうとの思いからだった。

秋葉原に出かけ、幾つかのお店で実際に実機に触れて見た結果、自分が選んだマウスは当初考えていた高さや重さやら調整出来るものでは無い製品だった。

クリックボタンを含め全てで11ボタンがあるロジクール製「G602」だった。

お店には悪いが、いつものパターンで、お店から出てiPhoneでアマゾンにオーダーを入れる・・・・・・ごめんなさい・・・・だって、1000円以上も価格差があるのだもの。

数日後、手元に届いたので早速専用アプリをダウンロードしてセットアップしてみた。

このマウス、横チルトボタンが無いので、ノーマル状態での使用では少しもの足らない。
だが、専用アプリで横ボタンにそれぞれ「移動」を割り当てれば少なくともエクセルでは不便では無くなる。

WindowsよりMacでの相性がいいみたいな気がするが、私に場合メインがMacなので、そのカーソルの鋭い動きに充分満足している。

特に作業によって切り替えられるポインター速度は、なかなかいい。
細かな作業の時は低速dpiで・・・・大まかな作業時は高速dpiに手元のボタンで10段階くらいの切り替えが瞬時に出来るのでばっちりだ。

Macでは、横移動以外にWEBの戻る進むと、画面キャプチャー(全画面と選択部分)機能を割り振った。
結構画面キャプチャーは使うんだよね。

ゲームのプロファイラが幾つかアップされてるらしく、それらを活用すると先の割り振るボタンとは別にそのゲームに最適化されたボタン機能になるらしい。
私がプレーするゲーム用のプロファイラがあるとよいと思うけれど、今のところ興味の対象外。

しかし、こぎ見よい動きを見せてくれるマウスだ。
久しぶりにいい買い物をしたと持っている。


20140210_211202


|

« TR1 iPhoneその後06 | トップページ | Diablo3 久しぶりにデーモンハンター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« TR1 iPhoneその後06 | トップページ | Diablo3 久しぶりにデーモンハンター »