« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014/04/30

Diablo3 Crusaderレベル60

20140501_194802

ACT5を卒業し、HardレベルでACT2に入ったところでレベル60になった。

一応、地道に育て上げているのだが、このペースならばACT4あたりでレベル70に到達するだろう。
その後は再びパラゴンレベル上げにいそしみ、パラゴン100あたりでDiablo3卒業と決めたい。


| | コメント (0)

2014/04/20

一体何だろう?!

iOSもしくはMacOSX標準のマップ・・・・・

航空写真モードにして、英国のネス湖を拡大していくと・・・・・・・

体長30m程らしい。

一体何なのだろうか・・・・・・・・・・・・1

今、ネットで見つけた話題です。


| | コメント (0)

2014/04/16

ELECOM製 木のスピーカ

昨日、家内のパソコンを新調しセットアップを行って、無事に稼動しているのだが、重大な問題があった。
と言うよりも見落としていたと言うのが正しい。

私の家のパソコン環境は、iMacを含むMac製品は全てスピーカー内蔵だし、リビングの夏子2号ことWindow機のディスプレーもスピーカー内蔵だ。

だから、改めてスピーカーの必要が無かった。

家内の環境も、Macminiの時代以降はスピーカー内蔵だから、いつの間にやら以前のスピーカなどはほしい人にあげてしまって無い環境になっていたのを、すっかり忘れていた。

・・・・・・・・・・・・・つまり、家内のパソコンは音が出ない状態なのだ。

さて、折角高性能なパソコンなので・・・・と思案していたら、今までスピーカーなどの邪魔者が無い状態だったから、目につきにくいスピーカーにしてね・・・と言うリクエストが来た。

普段から、iPadなどモバイルのスピーカーになれてしまうと、改めて良音なスピーカーはそれほど・・・・と言う傾向にあるらしい。

実際、あれほど音にうるさかった私も、最近はめっきりヘッドホンで過ごすことが多くなり、結局比較的良質な音を出してくれるiMacのスピーカーで満足している始末。

どうしたものか・・・・

結論的には、それほどの音量は必要ないからゆったりと耳に厳しくないレベルの音を出してくれるスピーカーを選んだ。

ELECOMの木のスピーカ・・・・・・・・・・・41bt0wykm1l

接続は実に簡単。

USBしか無いのだ。

一時流行ったUSB接続スピーカー・・・・ノートパソコンなどに重宝するタイプなのだが、ある程度低音が出ていてなかなかいい。

とにかく邪魔にならない。

価格もアマゾンで1300円ほど。

これで、ようやく家内のパソコンが完成した次第。


| | コメント (0)

2014/04/14

家内のパソコン

家内のパソコンは、和室の一部に組み立て式のテーブルを利用して設置している。
スペースに限りがあるため、当初は一時流行った小型のベアボーンを利用した自作パソコンだった。
それが故障したので、色々と思案した結果Macminiでブートキャンプ化し、Windowsで使用していた。

しかし、もともとHDDの容量が250Gbとと少なく、MacOSXとWindowsOSがそれぞれパーティションを分けているため、実際使用出来るHDD空間はそれほど多くは無かった。

我が家では、動画データ、画像データの取扱量が多く、サーバー的に私のiMac2台がそれぞれのデータを適当配分し、アップルTVを介してテレビで楽しんだり、iPadなどでも鑑賞したり出来るようになっている。

しかしながら、動画データなどは屋外で鑑賞するケースもあり、その場合はやはり元データは自分のパソコンにある方が便利だし、不要かな?と思うデータも削除をためらうケースもあって、気がつかないうちにデータは肥大化するものである。

Macminiも古くなり、今時のパソコン能力から比べれば多少見劣りするようにもなったことでもあり、そろそろ新調してもいいかと思っていたが、重なるときは重なるもので、なかなか予算が組めなかった。
そこで、一時的にMacminiよりは多少性能が上の、私のMacBookProを家内に貸すことにした。

現在、私の会社のデスクにはMacminiが稼動しているが、ビジネスクラスの処理には充分に使用出来る。
だが、MacBookProでも動画データのやり取りには多少力不足という点は歪めない。

・・・・・・・・・と、ここにきてようやく家内用パソコンを新調した。

と言うよりも、MacBookProでWindowsを立ち上げると「エラーのため修復し再起動します」薄い水色のバックに白文字が表示され、ひどいときは数回繰り返す。

時期だな・・・・と感じて、新調に至った次第。

実家の義父のハードはデルを選んだ。
金額と、スペックのバランスがとてもいいからだった。

一昔前のデルは、安いなりだったのだが、昨今の評判は決して低くはない。
と言う評判で選んでみたが、結構いい出来だった。

そこで、家内のパソコンもデルのモデルで選択した。

結果、我が家で一番能力の高いパソコンが届いた。

高さが、予定より20mmほど高いので、テーブルの脚を足してかさ上げし、テーブルの下にセット。

さて、家内のパソコンデータの引っ越しだが・・・・・・・・・・・・・・300Gbほどの動画、画像、もろもろ・・・・・
元の場所に収まるように、取りあえずさっさと片付け、今風のリカバリーディスクをHDD内蔵イメージからDVDメディアに焼き込む作業を終えたときは、実家の時と同様、ゆうに8時間を越えた作業になっていた。

まぁこれで無事にWindows8.1が稼動を始めたのだが、今後5年間ほどは特別に触ることなく、家内の手助けをしてくれることだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、再び手元に帰ってきたMacBookProだが、MacOSXのみに調整し、いつでも仕事に使えるように設定し直して電源を落とした。

既に数年使用しているためバッテリーの交換を予定してくださいとメンテナンス表示されている。
フル充電で3時間ほど使用出来るくらいなので、今しばらくは緊急用としての活用には差し支えないだろう。
ただし、無理しているとバッテリーの内部膨張という危険もあるから、交換するときはした方がいいとは思っているが・・・

まぁ電源を落として、本棚に差し込んだ。
つまり、今はiPadなどがあるのと、WindowsタブレットもあるためMacBookProの出番がないので、暫く眠りにつかせるという意味だ。

しかし、アップル製品の持ちがいい。
たまに故障はするがWindowsパソコンのような致命的な故障がない。
修理すると元以上に快適になって直ってくれる。

iMac2007など、今でも充分に使用出来る現役で、テレビ録画とラジオ録音を毎日こなしてくれている。
つまり、24時間起動状態だ。
だから、ポゴプラグを利用したサーバー機的な使い方もしている。

定期的にHDDをチェックしているがSMARTでも良好と表示される。

まだまだ、使える。

| | コメント (0)

2014/04/01

雑な工事

チャイムが鳴ったので、玄関に出た。

オペレーターとは午前中早めでお願いし、了解を取っていたはずだ。
だが、業者から工事前日に来た連絡は11時だった。

そして、11時30分を少しまわった時間に、薄汚れた作業着姿の長髪男性が部屋に入ってきて契約解除の回線改修工事を始めた。

新規に契約して工事を行っていったNTT業者は、同じ作業着でも清潔にしていた。
同時に作業手順も丁寧で、工具の使い方も上図だった。

そして、旧回線は完全撤去を希望しない限り普通残していくものですと、言っていた。
再度契約時に工事を簡略化するためらしい。

しかし、KDDI業者は無言でスパッと室内の回線を切断して、エアコンの穴に残っているケーブルを外壁から無理に引き抜こうとしている。
しかし、エアコン本体から飛び出しているケーブル端部と、エアコンダクトの穴は左右反対側なので、室内機の上蓋を外さぬ限りケーブルを引っこ抜く事は出来ない。

エアコンの穴に不要なケーブルがあるのは好まないが、位置確認もしないで無理矢理引き抜こうなどと言う行為に結構不安を感じ、「無理して抜かなくてもそこで切断すればいいですよ・・・・」と業者に言ってみた。

外壁には屋根側から2本の光ケーブルが来ている。
もちろん古い方がKDDIケーブルであり、最初はそのケーブルを切断した。

ところが、その業者は何を思ったのか更にNTTのケーブルも切断したのだ・・・・パチンと!!

20140401_120552

その結果が上記画像。

もちろん、通信品質が落ちていないか回線チェックは行った。

汚いなりして、遅れた謝罪も無く、回線を傷つけてしかも、一部の不要ケーブルを庭に残して、さっさと去って行った。

KDDIさんには申し訳ないが・・・・・・たぶん外注下請けだと思うけれども・・・・・・二度とau光に戻ることは無いと思う。
業者教育チャントできるまでは、絶対・・・・・・だ。


| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »