« 雑な工事 | トップページ | ELECOM製 木のスピーカ »

2014/04/14

家内のパソコン

家内のパソコンは、和室の一部に組み立て式のテーブルを利用して設置している。
スペースに限りがあるため、当初は一時流行った小型のベアボーンを利用した自作パソコンだった。
それが故障したので、色々と思案した結果Macminiでブートキャンプ化し、Windowsで使用していた。

しかし、もともとHDDの容量が250Gbとと少なく、MacOSXとWindowsOSがそれぞれパーティションを分けているため、実際使用出来るHDD空間はそれほど多くは無かった。

我が家では、動画データ、画像データの取扱量が多く、サーバー的に私のiMac2台がそれぞれのデータを適当配分し、アップルTVを介してテレビで楽しんだり、iPadなどでも鑑賞したり出来るようになっている。

しかしながら、動画データなどは屋外で鑑賞するケースもあり、その場合はやはり元データは自分のパソコンにある方が便利だし、不要かな?と思うデータも削除をためらうケースもあって、気がつかないうちにデータは肥大化するものである。

Macminiも古くなり、今時のパソコン能力から比べれば多少見劣りするようにもなったことでもあり、そろそろ新調してもいいかと思っていたが、重なるときは重なるもので、なかなか予算が組めなかった。
そこで、一時的にMacminiよりは多少性能が上の、私のMacBookProを家内に貸すことにした。

現在、私の会社のデスクにはMacminiが稼動しているが、ビジネスクラスの処理には充分に使用出来る。
だが、MacBookProでも動画データのやり取りには多少力不足という点は歪めない。

・・・・・・・・・と、ここにきてようやく家内用パソコンを新調した。

と言うよりも、MacBookProでWindowsを立ち上げると「エラーのため修復し再起動します」薄い水色のバックに白文字が表示され、ひどいときは数回繰り返す。

時期だな・・・・と感じて、新調に至った次第。

実家の義父のハードはデルを選んだ。
金額と、スペックのバランスがとてもいいからだった。

一昔前のデルは、安いなりだったのだが、昨今の評判は決して低くはない。
と言う評判で選んでみたが、結構いい出来だった。

そこで、家内のパソコンもデルのモデルで選択した。

結果、我が家で一番能力の高いパソコンが届いた。

高さが、予定より20mmほど高いので、テーブルの脚を足してかさ上げし、テーブルの下にセット。

さて、家内のパソコンデータの引っ越しだが・・・・・・・・・・・・・・300Gbほどの動画、画像、もろもろ・・・・・
元の場所に収まるように、取りあえずさっさと片付け、今風のリカバリーディスクをHDD内蔵イメージからDVDメディアに焼き込む作業を終えたときは、実家の時と同様、ゆうに8時間を越えた作業になっていた。

まぁこれで無事にWindows8.1が稼動を始めたのだが、今後5年間ほどは特別に触ることなく、家内の手助けをしてくれることだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、再び手元に帰ってきたMacBookProだが、MacOSXのみに調整し、いつでも仕事に使えるように設定し直して電源を落とした。

既に数年使用しているためバッテリーの交換を予定してくださいとメンテナンス表示されている。
フル充電で3時間ほど使用出来るくらいなので、今しばらくは緊急用としての活用には差し支えないだろう。
ただし、無理しているとバッテリーの内部膨張という危険もあるから、交換するときはした方がいいとは思っているが・・・

まぁ電源を落として、本棚に差し込んだ。
つまり、今はiPadなどがあるのと、WindowsタブレットもあるためMacBookProの出番がないので、暫く眠りにつかせるという意味だ。

しかし、アップル製品の持ちがいい。
たまに故障はするがWindowsパソコンのような致命的な故障がない。
修理すると元以上に快適になって直ってくれる。

iMac2007など、今でも充分に使用出来る現役で、テレビ録画とラジオ録音を毎日こなしてくれている。
つまり、24時間起動状態だ。
だから、ポゴプラグを利用したサーバー機的な使い方もしている。

定期的にHDDをチェックしているがSMARTでも良好と表示される。

まだまだ、使える。

|

« 雑な工事 | トップページ | ELECOM製 木のスピーカ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雑な工事 | トップページ | ELECOM製 木のスピーカ »