« iMac2007逝く | トップページ | iMac2007分解してみる »

2014/07/10

iMac2007動作チェック

出張から帰ってきた。

台風が来るという状況下だったので、もう一泊する予定を切り上げて戻ってきた。
東北3県のユーザーを訪問し、インサイトで1700km走ってきたので、さすがに足腰が・・・・・・・・。

と言うわけでもないが、早速出張前に不調を見つけ、電源を落としたままだったiMac2007の動作検証に入った。

相変わらず、起動ディスクが見当たらない状態。
元々付属していたMacOSX10.4「タイガー」をドライブにセットして再起動。
オプションボタンを押したままで起動し、現れたCDアイコンをクリックして修復モードで起動ディスクを見てみる。

「Media」というSATA接続ドライブがあるが、見えると言うだけで、ドライブの操作は一切できない。
と言うよりも存在しないと同じ状態。

そこで、外付けUSBドライブを接続して、そのドライブにMacOSXをインストールしようと試みたが、赤の三角マークが出てインストール出来ない。

MacOSXは確か外付けOKのはずだったのだが?

答えは簡単。
外付けサポートされたのはその後のOSだったので、早速MacOSX10.6「スノーレパード」のシステムメディアで再チャレンジしたところ、今度は問題なくインストール出来た。
ついでにアップデート。

Test

最初、USB接続キーボードやマウスが認識してくれなかった。
マジックマウス「ブルートゥース」とアップルワイヤレスキーボード「ブルートゥース」で接続出来たので、そちらを使ってインストール作業を行ったが、再起動しOSの歓迎画面の後はブルートゥース機器が使えなくなった。
その代わりにUSBキーボードとマウスが使えるようになった。
ブルートゥース関連は、改めてペアリングすればいいと思うが、今はこのままでいい。

さて、小一時間操作したが、多少もったりとしているがこれはUSB外付けHDDなので仕方が無いこと。
それ以外は特に問題が無いので、どうやらシステムにエラーはなさそうだ。

と言うことで、改めてHDDをオーダーした。

元々は500Gbだが、1Tbを換装しても問題が無いという情報を信じ、アマゾンに頼んだ。
吸盤はある。
トルクスドライバーも用意してある。

今度の日曜日に交換工事を行おうと思っている。

なお、MacOSは何でもいいのだが、BootCampで運用していたWindows7を復活させ、Windowsバックアップしている、iTunesのデータを復元しなければ。

iMac2011に保存しきれない動画などをiMac2007に移してあるのだが、移すと同時に別の保存用外付けHDDにバックアップしている。
しかし、暫く怠っていて10タイトルくらいそのままだったと記憶している。
映画などのデータなら別にいいのだが、家庭の記録などだとちと具合がよくない。

iMac2011はMacOSX運用で、タイムカプセルにタイムマシンで随時バックアップされているが、iMac2007はテレビ録画とラジオ録音を毎日行っているためWindows起動がノーマルなので、バックアップに不安な点がある。
と言うよりも、今回が初めて本格的な復元作業になると思う。

Macのような気配りの行き届いたバックアップじゃないからなぁ。

まぁ、何事も経験ですわ。

さぁて、システムにエラーがあれば、修理に数万円はかかるだろうから、その場合は復元あきらめようと思っていたが、どうやらHDDクラッシュで済みそうなので助かった。

HDDとトルクスドライバーで締めて8000円なり。
iMac2007のHDD・・・・・・・・・・・・・・7年よく持ったと思う。


|

« iMac2007逝く | トップページ | iMac2007分解してみる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« iMac2007逝く | トップページ | iMac2007分解してみる »