« 実家のルーター | トップページ | iMac2007動作チェック »

2014/07/08

iMac2007逝く

今、青森のホテルにいる。
今日を入れて3日間、東北出張である。

台風の動きが気になるが、帰路はたぶん嵐の中の運転になるかもしれないと覚悟して、そのために金曜日を予備日に当てているが、出来れば木曜日には帰りたい。

早朝、着替えのために二階に上がると、メディアサーバー代わりとはいえディスプレーは常にスリープ状態のはずのiMac2007のディスプレーが点灯している。

よく見ると、画面の真ん中にフォルダーアイコンがあり、その中央に?マークが現れている。

バックアップ用外付けUSBハードディスクをオフにして再起動を掛けたが、今度はアイコンさえも表れず、もちろん各ドライブのアイコンもない、真っ白な状態だ。

時間が無いので、電源を落とし、更に本体の電源コードも外した。

週末は、まずシステムディスク(付属のメディア・・この頃の製品は、OSのメディアが付属している)で、起動させてみる。
起動したならば、ハードウェア(本体)のエラーではないと判断できる。
一度も故障をしたことがないが、いかんせん7年前のシステムなのでマザーボードエラーの可能性がある。

取りあえず、起動したと仮定しディスクユーティリティを利用してHDDにアクセスしてみたい。
OSエラーならば、アクセス出来るだろうし、ディスク修復出来ればデータの復旧は出来るだろう。
もともとBootCampでWindows7をインストールして運用していて、テレビ録画などに使用していた。
主要データのバックアップは自動で定期的に取ってあるから、ある程度は復元できると思うけれど、HDDが生きていればなおさらいいし・・・・・

だが、OSエラーならば、復元ドライブはオプション起動で画面に現れると思うけれど、そうじゃない現状ではどうやらHDDが飛んだのだろう。
7年間使用してきたからね、仕方が無かろう。

仮にHDDエラーなら交換すればいい。
幸いiMac2007のHDD交換は、多少のスキルは必要だが、比較的簡単な方に分類できる。
と言っても、情報を十分に入手して把握した上で実行しないと、それこそ二度と生き返らなくなる。
私の言う簡単というのは、iMacの中ではという意味だ。

最新のiMacはフュージョンドライブがデフォルト設定なので、そこの点を心得ておかなければならないし、私がメインで使用しているiMac201のHDDは、ドライブ自体に温度センサーが組み込まれている特殊品なので、市販品と交換したらFanコントロールが出来なくなり、最大で回りっぱなしになるという。

だが、iMac2007のシステムは比較的自作パソコン並みの部品で組み合わせられているから、分解手順さえしっかり守れば、HDDの交換は容易でありシステムの復元が可能とみている。

まぁ、HDDが原因ならば標準500Gbを1Tbにアップして10000円でおつりが来る位で済むが、システム・・・マザーボードならば、ここは潔くPCリサイクルマークのお世話になろうと思っている。
その後は、お金を貯めて次のiMacを狙うか。

さて、週末まで時間がある。

分解手順のおさらいをもう一度頭に入れておこうか・・・・・・・・・・

|

« 実家のルーター | トップページ | iMac2007動作チェック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 実家のルーター | トップページ | iMac2007動作チェック »