« ThinkPad Tablet2 | トップページ | Windows10のIME »

2015/08/02

Windows10

ThinkPad Tablet2のディスプレードライバーが対応していないため、Windows10へのアップグレードは出来ないと表示される。
Windows10はタブレットモードなども充実しているということなので、本来はThinkPad Tablet2を真っ先にアップグレードしたいのだが・・・・・・・・・。

ということで、しばらくはWindows10へのアップグレードは見合わせる予定だった。
しかし、タスクバーの右下のアイコンが気になって仕方がない・・・

ということで、一番ダメ元でいいiMac2014にお試しとしてWindows10を導入することにした。

-----------------------------------------------------------------------
結論

なんのトラブルもなく終了した。
クラシックシェルをインストールしているため、スタートメニューはデフォルトでは現れない。
クラシックシェルを終了すると本来のメニューがでるのだが、Windows7以前の形式とは違うため戸惑う方も多いのではないかと思う。
なにかしら設定で切り替えでも出来るのならいいが・・・しばらくはこのままクラシックシェルがお友達だろう。

デバイスマネージャーを覗く。
すると、2種類のデバイスに「!」がでている。
一つはMac専用のテレビチューナーなので当然。
もう一つはBluetooth USB Host Controllerとなっている。
共にWindowsでは困らない・・使っていない・・デバイスなので、無視する。

さて、使用し始めて一番困ったのが、Mac用のワイヤレスキーボードでローマ字とかなの切り替えが出来ないことだ。
仕方がないのでWindowsキーボードで、この記事を入力している。
この部分は、そのうち調べてみる。
Windows8.1では何ら問題なく切り替えが出来ていたのだから・・・・


-----------------------------------------------------------------------

マニアックな方なら、あちらこちらいじりまくって新しい機能を楽しまれるのだろうが、私はMacがメインなので一応使用できればそれでいい。

いつも遊んでいるゲームが問題なく起動してくれればいい。
試してみたが、何ら問題がない。

取りあえず、このまま使用を続けてみよう。


|

« ThinkPad Tablet2 | トップページ | Windows10のIME »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ThinkPad Tablet2 | トップページ | Windows10のIME »