« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016/02/27

Windows98その後

VMwareを利用しての仮想Windows98の結果は思わしくなかった。
3Dアクセラレーターが無いと言うことで、Drakanの起動は出来なかったが、忘れていたOSセットアップ手順を思い出し、それなりの結果はあった。

ビッグサイトで展示会を見学し、自転車仲間との新春会の宴会場所に向かう途中、秋葉原に立ち寄った。
小一時間物色してようやくこれは?と思う旧型パソコンを見つけた。

ジャンク品になっているが、ちゃんとBIOSは起動する。

ASUS製P4P800と言うインテルチップが載っているマザーボードにペンティアム4(クロック見忘れた)がセットされていて、メモリーは256Mbが一枚刺さっている。

VGAカードが増設されていて、120GbHDDが2個、DVDドライブともちろんフロッピーディスクドライブも用意されている。

問題が無ければ、そのままOSのインストールが出来てしまいそうな状態で1500円(税別)だった。
昔風のタワー型なので路線便出荷で自宅宛にお願いした。

締めて2700円。

仮に不具合があっても、電源と光学ドライブ、FDDが無事なら家にあるマザーに交換して組み直せばいいので心配はしていない。

これで、それほどのトラブルなくWindows98をセットアップできれば、いよいよ・・・・だ。

二階のデスクにあった、iMac2011をデスクの横に移動して、眠っていたディスプレーをそこに載せ、オーディオやビデオケーブルなど配線だけは行なった。
テーブル下のスペースを整理してタワーがおけるようにした。
マウスはPS2式のインテルマウス(マイクロソフトの茄子型)が新品で眠っていたからそれを出した。
キーボードは無いが、会社にいくらでも転がっているからその中からPS2式を持ってこよう。

使うかどうかは分からないが、ゲームポート式のサイドワインダー(これも新品)も出した。

品物が届き次第早速整備に入ろうと思っている。

珍物語になるかどうか・・・・・乞うご期待!!

20160226_165708

| | コメント (0)

2016/02/26

20160226_083926

我が家の玄関横の植木に鳩が巣を作った。
直ぐに取っ払ったが、そこに戻ってきた鳩がじっとしている。

鳩はいわゆる鳥獣害をもたらすことが多いので、ここに居座らせるわけには行かないので、早速対処した。

20160226_0848421


これで、もう来なければいいのだけれど。

| | コメント (0)

VMware

Windows98を動かすための中古パソコンを色々検索したが、予想以上に高額でビックリした。
いずれも完動品なので仕方がないことだとは思うが、中には10万円を越えるものさえある。

近所のブックオフでマウスコンピューターのスリム型だが、WindowsXPがプリインストールされていたパソコンが、HDDや付属品無しで1080円で売られていたので、思わず手を出そうと思ったが、取りあえずやめた。

拡張ボードがハーフサイズじゃないと取り付けられない。
まぁ、動かすとなるとケース無しでもいいけれど・・・・

もう一つやめにした理由がある。

仮想OSでどうだろうかと思ったからだ。

Windows98はフロッピーディスクを用いてインスト-ルするパッケージ版とCDメディアのみでブート出来るOEM版があるが、OEM版を決められた機種以外にインストールするのはペナルティだ。
私のOSはWindows95のアップグレードなので他機種にインストールするのはOK。

但し、FDDがないとインストール出来ない・・・・・と思っていた。
だが、仮想かするのはFDメディアのイメージがあればいいと言うことを知ったので、早速ダウンロードしてそれを利用し、VMwareにセットアップした。

Photo


懐かしいFDISK・・・・FORMAT・・・・SETUP・・・・そして無事にWindows98の起動音。

と、ここまでは良かった。

VMtoolもインストール、DX9もインストール。
しかし、目的のDrakanは3Dアクセラレータが見つからないので起動できません・・・・で、おしまい。

スペースバーニーはDX6が見当たりません・・・・でおしまい。

さて、明日は秋葉原の近くに用事があるので、本格的にジャンクでいいからFDDと電源付きの適当な箱を見つけよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・も、どうしようかな。

MacBookProにインストールしたWindowsXPにインストールしたDrakanがレベルの選択こそできないが、過去に作ったセーブデータからちゃんと立ち上がる。
さらに快適にプレーできるのだ。
これでいいんじゃないか。

確かにDrakanは3DFXに対応しているしA3Dの音響効果は素晴らしいから、それでプレーしたいと思うが、一通り遊べば再び古いパソコンはいらなくなる…そう考えると・・・・・

どうしようかな。

| | コメント (0)

2016/02/24

Windows98

Drakanやスペースバーニーをまともにプレーするにはやはり旧式パソコンを入手する必要があると考え、家にある部品をチェックしてみた。

マザーボードはASUS製P3V4X。
メーカーサイトから日本語マニュアルとチップセットドライバーをダウンロードした。
これはVIAチップを使用したペンティアム2仕様のマザーで、能力は忘れたがCPUとメモリーが付いたままで倉庫にしまってあった。

VGAは3DFX製VooDoo3 3000AGP。
これもネットからドライバーをダウンロードすることが出来た。

20160224_192211

サウンドカードはAurial製A3D 8820。
これのドライバーもゲットした。

20160224_192330

IDE式のHDDも6Gbと容量が分からないがもう一つ、合計2台あった。
PS2のマウスやキーボード、システムの主要な部品は揃っているので、あとはジャンクな箱があれば何とかなる。

秋葉原などで、適当に電源とCD(DVD)ドライブとフロッピードライブが付いたジャンク品でもゲット出来れば完成する。

金曜日の午後は東京ビッグサイトの展示会に出かけ、その後サイクリングクラブのOB会があるので、会と会の間の空いた時間に少し物色に行こうかと思っている。

まぁ、マシンが完成したら改めて記事にしたい。


・・・・・・・・・・・・・・・部品、動くかな。

他の在庫、VooDoo・・・・ミレニアム・・・・・サウンドブラスターLive・・・・Onkyo製が二種類。
他にも数点。
ここら当たりはいいが、マザーが言うことを効かないと困るなぁ。

まぁ、チャレンジ!!


| | コメント (0)

2016/02/23

Drakanその後

以前にもDrakanがまともに起動しないと言うことを記していたのを思い出した。
同じように「エンジンが起動しない」というダイアログが出てエラーで終わっていた。

その場合、昔作成したセーブデータを所定のフォルダーにコピーしてそこから起動すればいいと言うことも思い出した。

なお、仮想OSでは面倒なので、ここはネイティブなOSで起動のチェックを行ってみたいと考えた。

眠っているMacBookProにBootCampでセットアップしているWindowsOSは7である。
Drakanとともに少し動かしてみたいと思っているゲームがある。
スペースバーニーというやはりWindows95時代のゲームだが、これのデモ版があり、当時途中で進めなくなってプレーを中断した覚えがあって、是非ともその続きを・・・と思ったのだが、残念ながらWindows7ではOSチェックでアウト。

それ以外にRuneと言うゲームもDrakan前にチェックしてみた。
これも軌道が出来なかった。

そこで、Windows7をやめてWindowsXPにしてみればと考えた。
我が家には既にフロッピーディスクのパソコンが一台はあるが、これは家族がリビングで使用しているので、それをWindowsMe以前にすることは出来ない。
従って、Windows2000以降のOSで取りあえず試すしかない。

と言うことで、WindowsXPをMacBookProにインストールした。

現在のMMacBookProの標準OSはEl Capitanのため、本来はWindows7以降のOSじゃないとインストール出来ないが、インストールメディアをセットした状態で再起動し、オプションキーで光学ドライブを選択して立ち上げればセットアップが始まる。
その後の手順は普通に行えばいい。
再起動時はオプションキーでWinsowsを選択する手間があるが、取りあえずはWindowsXPの画面になる。

インストールディスクを取り出し、代わりにスノーレパードのセットアップディスクを挿入してBootCampプログラムをセットアップすれば完了。

なお、WindowsXPはSP2なので、この後SP3と思ったが残念ながら既にサポートWEBは存在しない。
なお、なぜか無線LANが使えない。
どうやってもアクセスポイントに接続しない。
有線LANでOSの認証だけは行っておいたが、あとは別にネットに接続してどうのと言う事は無いので、オフライン状態でセットアップ完了とした。

結果から・・・スペースバーニーはアウト。
やはりWindows98クラスじゃないとだめなようだ。

Runeはどうか。
パッチがあるので一応当てて起動した。

たぶん問題なく進行はするだろうが、なぜか前進のスピードがワープ状態で速すぎる。
ゲームパッドならば多少いいが、異常な動きをする。
真剣にプレーしようとは思わなくなる状態だった。

さて、本命のDrakanはどうか。

相変わらず、ニューゲームのレベル選択場面から先には進めないが、セーブデータからは全てのシーンが無事に起動する。
幾つかのパッチがあるのでそれを全て当ててみたが、ニューゲームの不具合は変わらないので、一番最初のセーブデータのみを残して他は削除し、久しぶりに「リン」と旅をしてみた。

キーボードのレイアウトを好みにカスタマイズする。
ゲームパッドも試して見る。

結果、キーボードとマウスのみの方が操作性がいいと判断。
これで、暫くプレーしてみることにした。

平行しながら、秋葉原などで古パソコンを物色しようかと思っている。
仮にVGAなどが非力でも、我が家にはVooDoo3などがしっかりと倉庫に眠っているので、いつでもスタンバイOKだ。


| | コメント (0)

2016/02/19

Drakan

Drakan

元々Windows95ゲームなのだが、今でもアマゾンなのでは7000円ほどで販売されている。

Windows7 32bitで起動したことはあるが、途中のあるシーンから強制終了するようになり、それ以上に進まなくなる症状が出たのでそれ以降は試していないが、何かの切っ掛けがあればもう一度プレーしたいタイトルでもある。

秋葉原当たりに行って、古いシステムでも購入して適当に遊べば事が足りるのだろうけれど、プレー後にそのシステムどうするの?となるので、チャレンジまで行かない。

そこで、仮想OSならどうだろうと、VMwareを導入していたのを思い出したので、早速試して見た。
画像のようにインストールは問題がない。
しかし、起動時に3Dアクセラレーションが無いと言うことで残念ながらアウト。
仮想Windows2000はだめだった。

そこで、仮想Window7 32bitはどうだろうと試したが、スタートメニュー後のレベル選択までは行くのだが、その後の起動時にエンジン停止と表示されてその段階でアウト。

ちなみにネイティブなWindows10上では、もちろんエンジン停止でだめ。
ネットには多くのパッチが散らばっているがどれもだめなので、ここは潔く再びメディアを倉庫にしまうことにした。

手元にはかなり遊び込んだ懐かしいゲームが結構あるが、どれもこれも今のシステムでは遊べない。
Steam当たりで、現システムに対応した状態でダウンロード出来るようになれば直ぐにクリックなのだが・・・・。

まぁ、機会があったらもう一度チャレンジしてみようかな。

| | コメント (0)

2016/02/18

Rise of the Tomb Raider09

Rise of the Tomb Raider全体でTombs(トゥーム)は9箇所ある。
その内の二箇所を既に記したが、3番目に手こずった場所がある。

そのステージに入ると右手にバランサーが高くにある。
そのバランサーと連動する台が地面にある。

バランサーの右にレバーがあり、それを引くと一定時間バランサーが下がる代わりに台が上昇する。

ステージの奥にはレバーと連動する台があり、同じように上下する。

目的の場所は上昇した2つの台を利用して飛び移った先にある。

ステージに入って右側には上昇した台に飛び移ることが出来る高さの台がある。

ステージ中央の左壁側にトロッコがあり、その上にはロープが巻かれた木が乗っている。

私は当初、入り口右の台に乗り、レバーをロープアローで引っ張り、上昇した台に飛び乗って・・・・と考えたが、時間的に2つめの台に到達する前に台が下がってしまって、何度行ってもだめだった。

つまり、方法は別にある。

レバーは入り口右の台の上から操作しなければならないわけではない。
トロッコにはロープアローが働くものが乗っている。

答えは出たようなものだ。

少し考えれば容易なトゥームだったが、考えすぎると迷う場所でもある。

さて、残りの6箇所のトゥームはそれぞれ癖があって面白いのだが、素直なステージだ。
正直それほど印象に残らないので、改めて記すのはやめにする。

TR1はあまり綺麗な画質では無かったのでシークレットなどを探すのには苦労をした。
TR2はTRを初めてプレーしたタイトルのためその操作系を覚えるのとシークレットシステムを理解することなどで徹底的に走り回ったので、ゲームの面白さを堪能する暇が無かった。

TR4は、その連続性に戸惑いながらまた完璧にシークレット攻略するのにも時間を相当掛けたので、やはり醍醐味を味わうという点ではちょこっと・・・・・しかもララの生死が・・・・なんてラストも嫌だったし。

その様な意味で、TR3は一番好きなタイトルで、英語版と日本語版のボスの違いも充分に楽しんだものだ。

シークレットのヒント一切無し。
もちろんハイライト無し、光の柱無し。

やっぱり、TRはそうあるべきな気がする。

たぶん・・・・Rise of the Tomb Raiderは後一度プレーするとそのまま終わるだろうな。
大変面白いのだけれど・・・・・・・・


| | コメント (0)

2016/02/17

Rise of the Tomb Raider08

私がもっとも好きなTomb RaiderはTR3である。

その当時、今風にある攻略サイトというものは無く、ヒントサイトというようなサイトが2〜3あるだけだった。
そこでは、どうしても行き詰まった方に対し、相談者が自らターゲットを攻略できるようにぎりぎりのヒントを与えることをセオリーとしていたので、相談者もTR達成感を満喫できるものだった。

私は、TR2そしてTR1で散々鍛えられてきたので、相談を受ける側に回って、相談者にそれこそ「後ろを見たら・・・」位の言葉でぎりぎりのヒントを数え切れないほど行ってきた。
しかし、場合によっては逆の立場になる事もある。

TR3の巨大水栓では、ボートに乗ったままどこに行けばいいのか全く分からなくなり、仲間に「左後ろ」とたった3文字で、見えなかったものが見えて苦難を乗り越えたこともあった。

いずれにしても当時は、このようなヒントサイトがあった。

現在は・・・・ゲームがリリースされてほぼ数日内に攻略動画がYoutubuにアップされる。
特に今回のTRはPC版が出る二ヶ月前にXbox版がリリースされている。

アップされている動画の日付などで相当以前にアップされていると言うことが分かる。

今回、一週目終了になったので、世界のプロは果たしてどのように進めているのかと覗いてみた。
同時に非力なパソコンでのプレーだったので、果たしてアップされた動画の画質はいかがかと比較を確認する意味もあった。

まぁ、攻略スタイルは根本的に私とは違う。

極端に言うと、私のスタイルはクラシックTRタイプ。
つまり、部屋に入ると隅から隅までタッチして壁の隠しボタンを探すタイプだ。
今風のTRはポイントになるとハイライトしてくれるし、ボタンを押せば行き先さえも教えてくれる。
だからどの攻略動画もパターンが一緒で、攻略と言うよりもただのプレー動画でつまらない。
ただ進むだけならば、ほいほいと光った柱に向かっていけばゴールである。

なぜ動画を観たかというと、一番最初のコインを入手するモノリスがある場所にベースキャンプがあるという情報があったのだが、二週目を始めるに当たってこの部分をくまなく探したが、どうもキャンプが見当たらない。

と言うことで、10種類くらいの動画のこの部分だけを拝見させて貰った。
結論的には、このステージ・・・・・・シリアのステージには一箇所もベースキャンプは存在しない。
つまり、ここでのイベントなどを落とすと確実に100%完璧なコンプリートは不可能になる。

昨日おとといと墓のネタバレを記したが、動画ほどはネタバレになっていないと思う。
動画はネタバレと言うよりもそのままである。

新生TRはクラシックTRと違い、アクション(戦闘アクション)ゲームになってしまった。
それはそれで面白いのだろうが・・・・・・・・その中で、墓の攻略は私風なTR要素が詰まっていて、出来ることならば数倍にその様なシーンを増やしてほしいと願ってやまない。

リュックを拾えば、地図で表示される散らばったおまけは要らない。
探し回って見つける隠し部屋こそがTR要素と私は思っている。

是非、次回作はそのような一癖ある謎をちりばめた作品にしてほしいと勝手に述べておく。

| | コメント (0)

2016/02/16

Rise of the Tomb Raider07

今回もネタバレになる。

古びた建物に入ると正面に扉があり、その扉を引き上げるためにセットになっているバランサーは氷に引っかかっている。
右手には氷柱があり、その奥には入り口の扉を上げ下げしたときのためのバランサーがある。

更にその奥からは断続的に強風が吹く。
入り口の扉を下げるとバランサーが持ち上がり、強風にあおられて氷柱を破壊しそうになるが、当たる場所は氷柱の真ん中にある鉄柱だ。

早速、氷柱と氷柱の狭間からロープアローを使用してバランサーを引っ張ってみた。
風にあおられて、氷柱を破壊してくれれば氷柱の向こうに見える何やらレバーらしきものの操作ができて・・・と直感的に感じたためだが、何度試みても氷柱を破壊できない。

さて、入り口の扉をよく見ると・・・・・・

そこに答えがあった。

すんなりと氷柱の向こう側に進み、あとはロープアローの活躍になる。

ここの墓では氷柱の隙間からロープアローを使用してバランサーを動かすと考えて、それにこだわった。
そのため、的からはずれて矢を射れば普通の矢を消費する。
全て使い切った。

それこそ、的外れの墓攻略だった。

あとで、苦虫をカムほどに印象深い場所でもある。

| | コメント (0)

2016/02/15

Rise of the Tomb Raider06

今回はネタバレになる。

Rise of the Tomb Raiderには人と話すことで発生するミッションが幾つかある。
その中で全ての墓を暴くとご褒美がもらえるものがある。

ゲーム画面の左上にミッションの内容が表示されるが、ゲーム全体で9箇所の墓がある事が分かる。
順当に行けばミッションを受けるステージで既に5箇所ないし6箇所の墓はクリアしていると思う。

私はもちろん9箇所ともクリアし、このミッションを終えているが、その中で最も印象に残った墓のネタバレを披露する。

洞窟を抜けて池に落ちて更に進むとガスが吹き出している入り口にたどり着く。
ララが、ガスを燃やせばいいらしいことを言うので、ファイヤーアローでボン。

これは、前作でも散々体験したものだ。
再びガスが吹き出す前にその部屋に入ると、入り口は二階になる事が分かる。

一階にはクレーンがあり、ワイヤーの先には金属で出来たゲージが床下に鎖で固定された状態になっているが、床下には水が貯まった状態でクレーンを引き上げてもゲージは持ち上がらない。

2階の手すりにはレバーが2本あり、ロープアローで引っ張るとその下の壁にある丸い扉が開き、ガスが噴出する。
たぶん、そのガスをファイヤーアローで爆発させれば金属ゲージが吹っ飛び、対面にあるお宝の扉を破壊してくれるのだろうと、何度か試みるがびくともしない。

ゲージの鎖の為に動かないのだろうと、その鎖を切ろうにも水の中では武具を使用出来ない。

さて・・・・・と言うことで、この墓だけは翌日に繰り越した唯一の場所となった。

ここからネタバレ本編。

二階部分から水流がでている。
その水は床下に流れている。
レバーを引くとガスが出ると同時に水流を止める。

レバーを引いて、ガスが出ると同時に床下の水が引くので、そこに避難すればガスにやられないし、同時に鎖も切断できる。

後は簡単である。

私のiMac2014では、VGAの能力が低くゲームの画質クオリティが最低である。
最初、床下の水の動きが画面を見ていても分からなかった。

だが、位置を変えると暗くなった部分に何か動きが見えて気がついた。

と言うことで、高画質能力があるパソコンがほしいと久しぶりに感じた次第。

さて、明日はこの墓の次に苦労した箇所を記すことにする。

| | コメント (0)

2016/02/14

Rise of the Tomb Raider05 

アクション苦手な私は、はっきり「イージーモード」。
そのおかげであっさり終わった。

コンプリート率99%.

ミッションとチャレンジは全て取得した。
最初のコインとそれ以外にドキュメントが2箇所、未取得だった。
地図上には表示されないので、たぶんリュックなど地図を新たに表示させるものを見つけていないため未表示なのだろう。

どちらにしてもどれほどがんばってもコインを取得出来ないのであれば他のアイテムを取得しても100%達成は無理なので、ここはあっさりと新規プレーに入ることにした。

「The Prophet's Tomb」に入り、直ぐに最初のアイテムがあるが、その後直ぐにオベリスク(モノリス)がある。
情報ではここにベースキャンプがある事になっているが、ぱっと見た状態では見当たらない。

一週目はここで入手出来るコインを取り忘れたのだ。
そしてベースキャンプも寄らなかったのでここに戻ることが出来なかった。

取りあえず、二週目はもう少し時間を変えた頃にと思っているので、一旦ここでセーブ。
ゆっくりとキャンプを探そうかと思っている。

しかし、面白かった。


・・・・・・追記

どうやら、ここにはキャンプは無いようだ。
従って、この場所に再び戻ることは出来ないので、この近辺のアイテムをしっかりゲットしないと100%にならないので注意が必要だ。

| | コメント (0)

2016/02/13

Rise of the Tomb Raider04

セーブすると達成率が表示されるので全体の進行度が分かる。
そのことから、そろそろ最後の戦い?が近い。

新生TRは前作もそうだが、ゲームコンプリート後でも方々に散らばる隠しアイテムを探すことが出来る。
そのため、たまたま見つけたものはいいとして、ゲームの緊張度を維持するためにアイテム探しは後にしてルートを突き進む方と、取りあえずアイテム探しを優先する方と二通りあると思う。

私はどちらかと言えば後者なので、リュックサックを見つけたりすると直ぐに地図を開く・・・・と言うことでアイテム探しに入ってしまう方。

だが、やはり緊張度も重要なので、場合によっては無視を決め込んでいた。
しかし、一箇所どうしても取れないアイテムが発生した。

途中で気がついたのだがコインが残ったままなのだ。
それは、ゲーム開始一番最初の(マップ上の位置で分かる)コインだ。

そこの近くに戻りたくてもベースキャンプが無い。
あまり好ましくは無いが、ネット上には英文だが、ヒントがちりばめられている。
仕方が無いので少しググってみたら、どうやらアイテムの近くにキャンプがあるらしいがそれを訪れ忘れしているため戻ることが出来ず、結果アイテムの取得は無理に落ちって仕舞ったと言うことらしい。

そのことが切っ掛けで、他のアイテムも取得出来なければ・・・と言っても現時点でがんばっても100%達成は無理だけれど・・・・と考え、出来るだけ隠しアイテムを見つけながら先に進む方針に本格的に?切替えた。

一旦戦いを終えて次のステージに入ると、通過したステージに敵は居ない(たまに数名居るけれど・・・)ので、ゆっくりと探すことが出来る。
前作と違い、人と話すことで発生するミッションもあり、また進行具合のページからミッションやチャレンジの内容も確認できるので、未達成具合が容易に把握でき、敵の居ない広大なマップをあちらこちら走り回ることが出来る。

ソフィア達が居た村ステージでは、墓巡りのミッションを依頼されるが、ゲーム全体の墓が何カ所と既に分かっているが、ミッション発生前から既に墓はあり、このステージ後にも墓があるので、このミッションだけは(と思う)複数のマップにまたがるみたい。
現時点でまだミッション完了はしていない。

もう一つ前作との違い。
武器やアイテム(それほど多くはないが)を購入する事が出来る。
入手したコインで購入する事になるので、早めにそろえたい場合は、やはり隠しアイテムトレジャーに変身しなければならない。

また、鉄の箱を開けることで手持ちの武器の強化アイテムもプラスされる。

なお、それらの効果がいかほどかは分からない。
ノーマルならこれ、セット後はこれと言うことだが、私の場合現時点でほぼ入手出来るものはしてしまったから既にかなり強化された状態なのだろう。

次回最初から・・・と言う場合は、最初のコインを取得して100%達成を目指したいが、その反面全くアイテム取得無しでどうか・・・にも興味がある。

いずれのせよ、多方面の方法で楽しめるララとの旅であろう。

| | コメント (0)

2016/02/08

iMac2011

タイトルの通り5年前のシステムのため、仮にBootCampを利用してWindowsをインストールしてもWindows10はサポートされないパソコンとなっている。
しかし、過去に一度も不具合になったことがなく、珍しく購入したときのままOSのアップグレードのみで使ってきた非常に安定したパソコンでもある。

ところが、2週間ほど前よりテレビチューナーの専用視聴ソフトの具合が悪く、セットアップし直しても調子が戻らなくなった。
その少し前からMyMac利用時にネットワークが確立しなくなるケースもあった。
また、iTunesを利用してデータのやり取りをするときにiTunesが強制終了してしまう症状も現れた。

そして、遂にサファリが強制終了し始めたので、ここは修復しなければならないと、オプションキーを押しながら再起動してから選択する「修復モード」をiMac2011では初めて使用した・・・・・・ところが。

待てど暮らせどマークとプログレスバーの状態で止まったまま。
何度か試したけれど結果は同じなので、ここは試しとAppStoreからOSを落として、上書きを実行する。
しかし、結果は変わらず。

ブラウザーが使用出来ないと結構大変なので、iMac2014を使用してグーグルクロームの実行ファイルを落とし、それを使って何とかネットにはつながるようにした。
この時点で朝の3:30・・・・そして娘とその仲間との自転車ツーリング・・・・・

帰宅後、ゆっくりと風呂につかり多少体力が回復したところで、もう一度修復チャレンジしてみるか・・・。

今度は、なぜか修復モードにすんなり入ることが出来た・・・・あらま。
ここに入れば・・・・と直ぐにメイン領域の初期化を実行し、取りあえずシステム域を削除した。
そして、新規インストールを実行。

普通はここですんなりいくものだが、ダウンロード時間14時間などと出ている。
もう一度やり直し・・・・今度はプログレスバーが全く動かず、時間も表示されない。

同じ事を5回ほど繰り返すと・・・・・・今度は15分ほどであっという間にOSイメージのダウンロードは終了してしまった。
この辺りはアップルのサーバーの問題じゃないかと勘ぐっているが、この後は速かった。

現在、セキュリティソフトとテレビチューナーとそれの視聴ソフト、それ以外にOneDriveが標準ソフト以外にインストールされている。

まだセットアップしたばかりなので、それぞれの具合は分からないが、全体的には動作が軽くなった印象。

すったもんだしたが、無事にiMac2011再出発である。

| | コメント (0)

2016/02/07

サイクリング

iMac2011のサファリが開かなくなった。
iTunesがホームシェアリングすると強制終了する。
異常に動作が重い。

0Sのみを上書きしても改善しない・・・・など徹夜で復旧作業を行っていたが、ここは一旦休憩と布団に入ったのはAM3:30。

娘に起こされたのは8時過ぎ・・・・・サークル仲間とサイクリングするのだけれど行かない?

行かないか・・・・と聞きながら半ば強制的に出かける羽目になった。
しかも、ママチャリしかないのに・・・・・・

20160206_095401

私もその昔は、ロードレーサーでレースにも出ていた時代があった。
膝の関節を痛めて以降はもっぱらマウンテンバイクでダウンヒル専門になっていたが、既に20年近く前に現役引退である。
その頃の自転車も既に手元にはなく、今回画像の自転車で参加することになった。

集合場所の赤羽岩淵にある旧水門に10:00集合。

主催者の2名はツーリング車で、娘含む2名はタウンサイクル。
私を含む3人がママチャリだけれど私のだけがその中でも重量級の自転車である。
目的地は指扇駅から2kmほど南に位置する「VIA」という喫茶店である。
片道約25kmの道のり。


20160206_140518

この喫茶店は1年ほど前に開店し、土日ならび祝日のみ営業している古民家を改造したお店。
荒川沿いに整備されたサイクリングロードを利用してツーリングするサイクリストの止まり木になっているようだ。
その喫茶店に13:00頃到着し、小一時間談笑しながら軽食を摂った。

実は、ここにたどり着く3km程のあたりから足が重くなって、メンバーより遅れ気味になっていた。
喫茶店で休んだとはいえ、折り返し後を想像すると・・・・・・・

帰路は、ずーーーーっと遅れっぱなしだった。
メンバーが、多少ペースを落として走ってくれていたと思うけれど、それでも置いてけぼりのシーンもあった。

ゴールまで10kmあたりから、古傷の右足の膝辺りの関節が言うことを効かなくなり、左足だけでペダルをこがなければならなくなった。
更に、オートライト仕様車のため暗くなると自動的にハブ内蔵のダイナモが働き始める。
下り坂でも負荷が掛かってスピードが出ないので、上り坂などはてきめんにあごが上がる。

18:00頃、赤羽になんとか戻ってこられた。
ここから我が家までは数km。

熱いお湯にたっぷりとつかったことは言うまでもない。

しかし、ママチャリで大宮まで・・・・・やはり無謀であった。


| | コメント (0)

2016/02/05

Rise of the Tomb Raider03

基本はお休みの日にプレーすると決めている(あくまでも)ので、現時点でセーブしたときの表示では48%進んでるようになっているみたい。
つまりノンビリ楽しんでいる。

今居る場所は「のろしのイベント」がある場所と言うことで分かる方は分かると思う
現時点のステージと、その前のステージはとにかく広大で、シークレットの数が半端じゃない。

今回のTRは前作と同じように幾つかのアイテムを入手すると次々にマップが完成し、隠しアイテムの表示が現れる。
ゲームが進行し、新たに武器を入手することでその武器を使用しないと進めないシークレットも多数存在するので、前作同様、ベースキャンプから既に経験済みの別のベースキャンプにテレポートして再アタックする箇所ももちろん出てくる。
更に人と話して発生するイベントもあるし、何かの拍子に発生するものもある。
そのステージにどのようなイベント(チャレンジ)があるかを表示させることも出来る。

今居るステージで、「ウサギ肉の干し物」だが後一つが分からない。
また、前ステージで「ソ連の旗」も残っている。
もちろん、発生していないイベントもある。

まぁ、敵を粉砕し次のステージに向かう前の一時を楽しむつもりでノンビリと行えばいい。
なお、ゲームに対する緊張度を維持したいと思えば、シークレットは無視して先に突き進めばいいが、私のようにアクション下手な場合は、イベントをクリアしてアイテムを集め経験値と武器のグレードアップ部品をせっせと集めて強化していかないと・・・・・と言うことでこつこつと言うことになる。

さて、前作同様「トゥーム」というイベントがあるが、前作ではそのステージに立って一通り見渡せばどうすれば攻略できるか、殆ど瞬時に判断できた。
だが、新作TRは結構難しく出来ている。

風が吹く朽ち果てる寸前の廃墟に入った。
奥の扉を開こうにもバランサーが氷に引っかかっている。
その氷のそばでは、入り口の扉用のバランサーが風に吹かれている。

バランサーの方に行こうにも氷柱が邪魔をしているので行くことが出来ない。
氷柱の向こうには巻上機みたいな細工が見える・・・・・・

たぶん前作ならば、ワイヤーアローでバランサーを引っ張って風に乗せて氷柱を破壊して・・・・となるが、
バランサーを狙い、引っ張るが鉄の柱にぶつかるのみ。
ワイヤーアローで狙いを外すと通常の矢を消費する。
何度も繰り返して、矢を殆ど使い切ったところで、これは別の方法がと疑い・・・・・・・。

別のステージでは、ワイヤーアローでレバーを引っ張れば、時限細工が働くが、どうしても目的の場所まで行き着かない。
なるほど・・・と言う解決方法が隠されている。

一ひねり、二ひねるもある謎解きが相当散らばっているのが新作TRである。
そして、解決した先には、しっかりとご褒美が待っているので、ついつい先に進まず道草にはまってしまうのである。

さて、今でも?と思っているので記しておく。

盾をもって現れる敵兵がいる。
それも数人で。
しかも、それ以外の兵も数えると10名くらいに攻撃されたときのことである。

戦うのがめんどくさかったので、敵の周辺などをとにかくジャンプジャンプで逃げ回っていた。
ま、半分遊んでいたというのが正直なのだが、突然攻撃がやんだ。

気がつくと、敵が全員死んでいた。
一発の銃弾も発射していない。

つまり、逃げ回っていたときに敵同士が結果的に同士討ちをしていた(ララを狙って撃った銃弾が別の敵に命中した)ようだ。
特に手榴弾が、効果的に働いたのではないかとみている。

これらが、他のシーンでも通用するかどうかは分からないが、TRは死んでもペナルティは無いので死に方もある意味楽しめるかもしれない要素がある。
次もちょっと遊んでみようと思う。

一発も銃を使用しないで・・・・ありか。

| | コメント (0)

2016/02/01

Adobe Creative Cloud

ここ数ヶ月、iMac2014が異常に起動が悪くなり、OSのリカバリーでもしなければだめなのかと思うほどにひどかった。

ただ、オーストラリアで撮影した写真などの編集や印刷のため、リカバリーに掛かる長時間の使用停止は避けたかったのでだましだまし使ってきた。

しかし、遂に堪忍袋の緒が切れて、OSだけ入れ替える修復を行ってみたが、一向に改善が見られなかった。

システムの動作チェックにMagicanLiteと言うのを使用している。
アップルのApp Storeから標準的にダウンロード出来る無料アプリケーションだが、メモリーやCPUの使用量などをメニューバーに貼りついてリアルタイムに表示してくれるので結構重宝しているのだが、よくよく見るとメモリー使用量が70%以上になっているし、CPUの使用量も60%以上になることがある。
起動しているアプリケーションの動作状態を見てみると「NODE」というものが2つ結構メモリーを使用して起動しているのが見える。
なんだろう・・・・・・・・・

そこで、常に起動しているDropBoxやOneDriveなど常駐アプリケーションを出来るだけ終了して様子を見てみた。
そうするとメモリーの使用量も30%台のまま安定して動作している。
もちろん、パソコンも調子いい。

これでアプリケーションに問題があると目星が付いた。
そこで、一つ一つ順番に起動してみた。
どのアプリケーションを起動すると「NODE」が発生するのか・・・・・

・・・・・・・・・・分かった。
Adobe Creative Cloudが犯人。

さて、ネットでググってみた。
そうしたら、Mac OS X El Capitanにアップした場合、Adobe Creative Cloudではスタンバイ時に異常にCPUとメモリーの使用量が増え、システムの動作にエラーをきたす場合があるとあった。

この場合、一旦アプリケーションを削除してくださいとある。
このアプリケーションを削除しても、PhotoShopCCなどは起動して作業が出来るのだが、Creative Cloudにアップしているデータとのやり取りやPhotoShopのアップデートなどが出来なくなる・・・・・こまったな。
とりあえず、悩んでも仕方がないので削除してみたところ、今まで嘘のように快適な動きが戻ってきた。

これで犯人を捜し当て削除したが・・・・・解決方法が直ぐに見つかった。
Adobeのサイトに最新のAdobe Creative Cloudがアップされていてそれを使用すればいい。
但し、現行のアプリケーションに上書きするのではなく、必ず一旦アイインストールしてからとなっている。

私の場合、既に削除しているので新規にインストール・・・・・・

現在、メモリー使用量が57%程になっているが、サファリなどの起動に結構メモリーを消費しているためらしい。

いずれにせよ、何かする度にレインボーカーソルがくるくると回転することがなくなった。

よかった。

20160201_224605


| | コメント (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »