« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016/04/30

なじみ

営業は通常車で出かけるのだが、都内の目的地が少数の時は電車の方が楽だ。

電車を利用するときは大抵会社の最寄り駅の近くの中華食堂に昼食に寄る。

「こんちは~」
「いらっしゃい~」

私の顔を見るなり、いつも座る席に手招きし、同時にいつも頼む定食を厨房に大きな声で飛ばす。

この食堂は11:30に開店する。
その時間に私は立ち寄ることが多いが、そのために座る場所はいつも決まっていて、オーダーも同様決まっている。

前回は、私が料理名を告げる前に「いつもの」やつは今日は食材の一部が無くて出来ないと言われる始末。
すっかり、「いつもの」料理を覚えられてしまったようだ。

私は変な癖がある。

その味を気に入るとその店ではその「いつもの」料理以外は頼まなくなる傾向にある。
逆に言えば、それを食べるためにその店に行くと言うことになる。

たまに浮気はするが、何十回に一回程度くらいで、結局いつも「いつもの」を頼んでしまう。

だが、その「いつもの」で裏切られると、その店に他にどれほどおいしい料理があっても二度と行かなくなるという悪い癖もある。

以前に、大変おいしい「味噌ラーメン」の店があった。
週に2回から3回は通った。

だが、ある時テレビで紹介されてしまった。
当然、いつもの時間ではいつも座る席には着けないし、とにかく延々並ぶ羽目になる。

おいしいものにありつけるのであればいいのだが、客数が増えると味が変わることが多い。
その店ではスープの味が薄くなった。

客数が多いため仕込んだスープの量が足らず、薄める場合があると誰かに聴いた。
本当かどうかは知らないが、確かに味が変わってしまった。

そのため、私を含む幾人かの常連が姿を消した。
どんなに忙しくても、状況が変わっても変えてはならないものがある。

そして、どんなに親しくなっても店と客の立場は変わらない。
それが「なじみ」の鉄則なのである。

日暮里に行きつけの小料理屋がある。
御徒町にあったのだが、数年前に今の地に変わった。

だが、主人と奥さんは今でも昔の雰囲気のままだし、料理のメニューもそして味も変わらない。
既に40年の付き合いだ。
長く通っているのでそれこそ超常連だが、しっかりとなじみの鉄則は出来ている。

明後日は、自転車クラブの仲間のお別れ会帰りにクラブの連中とその店で飲むことになっている。
「絵馬堂」という小さな店だが、夫婦も歳なのであと何年お付き合いできるだろうか・・・・

ちょっと、宙を見てしまった。


| | コメント (0)

2016/04/25

ネモフィラ

一面に咲いていた。

Photo

すがすがしい風に吹かれていた。

| | コメント (0)

2016/04/24

LightroomとPhotoShop

私は月々1000円ほど支払って、AdobeCloud契約しPhotoShopとLighitroomを使わせて貰っている。
2台のパソコンまでインストール出来るので、メインに使用しているいるiMac2014のMacとWindows10の両方にセットアップし活用している。

本当ならば、私のパソコンと家内のパソコンにと思っていたのだが、現在我が家にあるインクジェットプリンター、キャノン製MG5330とPhotoShopの相性がいまいちで、スキャナーを使用しようとするとキャノン純正ドライバーではスキャナーが見えず、Windows標準ドライバーでかろうじて機能制約モードで使用出来る。

また、標準ドライバーではワンクリックではだめで、幾つかのボタンをクリックして使用しなければならず、家内からクレームがきた。

と言うことで、滅多に使用しないiMac2014のWindows10にもAdobeCloud契約のPhotoShopなどをセットアップしてると言う状況だ。

家内のiPodTouchを128Gb仕様に変えてから家内の写真撮影機会もぐっと増え、ここのところ花の写真でパソコンがあふれかえるようになった。

FaceBook仲間も増えたようで、綺麗な花の写真をアップしている。

そこで、以前使用していたLigitroom3を家内のパソコンにインストールした。
AdobeCloud仕様からみると、幾つかの機能が少ないが充分に活用できる。

娘のパソコンのみにインストール指定あるので、ライセンス的には家内の分もOK。
使い方を教えたら、結構活躍している。

以前は、PhotoShopCS2を使用して撮影した写真を加工していたが、やはり現像専用ソフトウェアには敵わない。
写真好きにはなんと言ってもLigitroomは必需品に違いない。

我が家では、花が踊るこの季節、アウトドアインドア共に忙しい。

0001

準逆光になるため、画像が暗く映るのでLighyroomで自動補正後、ホワイトバランスと黒部分の調整を行い、、最後に彩度を調整すればいい。
PhotoShopを使用して、余分に写っていたもの・・この写真で言えば、右下に金網が映り込んでいたから消した。

0002

iPodTouchだと全体的に画質が暗めに出る傾向にある。
全体が暗いので、暗部が更に暗くなり、全体的にメリハリの薄い写真に仕上がるため、お気に入りの写真は必ず補正して保存・・記録されるといい。

彩度を少しいじると鮮やかさが増すので、標準な写真もいい感じになる。
この写真も右上に金網が映り込んでいたのでPhtoShopで消した。

0003

この写真は色補正だけで無修正。

入り口は立派な散歩道みたいだったので自転車で進入したら、出口は階段だった。
へんなの。

と言うことで、我が家ではこの二つのソフトウェアは欠かせないアイテムとなっている。


| | コメント (0)

2016/04/21

電話機

20160421_180930

駅のベンチで若い女性が使用していた。

最初、何だろうと思ってみていたが、結構笑える。

思わず、アマゾンで「ぽち」

当初は宴会で盛り上がりグッズとして・・・なんて考えていたが、いまや事務所での必需品になった。

あごと、肩の間に挟み・・・と言う格好は事務所では当たり前。

スマートフィンだと、イヤホンなどを使用してハンズフリー化するが、耳が痛くなる欠点がある。
ヘッドセットも邪魔。

スマートフォンを机の上で固定し、その隣に受話器置き場を設ければ、れっきとした固定電話になる。

実に便利。

ちゃんとボリュームボタンもあるし、オンフックボタンもある。
しいていえば、リダイアルボタンもほしいけれど、金額が1200円(プライム送料込み)弱では贅沢な要求か。

とにかく便利の一言・・・気に入っている。


| | コメント (0)

2016/04/17

MacBookPro2009

アップルのホームページを覗くとこの機種はWindows10をサポートしていないと表示されている。
と言うよりもサポートしないという方が正しい。

MacでWindowsを運用する場合、BootCampと言うシステムを利用する。
Windowsのパーティーションを作るときに、Windows用のソフトウェアを作成・・正確にはダウンロード・・して、Windows導入後にそのソフトウェアを用いてアップグレードする。

そのソフトウェアには、システム用のドライバーとMacとWindowsを切り替えるためのソフトウェアが組み込まれている。

MacBookPro2009はWindows7まではサポートされているので、もちろんサポートソフトもWindows7用になる。

さて、今回既にWindows7がインストールされているMacBookPro2009に強引にWindows10をセットアップしてみようと考えた。
アップルがサポートしていないだけで、基本的にWindows7とWindows10だからといって大幅にシステムが異なるとは思えない・・・と勝手に決めつけての事。

既にUSBにWindows10Pro 64bを組み込んだインストールメモリーを用意してあり、それを用いるのでMacBookProにはWindowsがインストールされている必要がある。
インストールではアップグレードと新規インスト-ルを選ぶことが出来る。
Windows7のアップグレードならば、予測的にドライバーや各種ソフトウェアはそのまま引き継がれるだろう。
しかし、windows8から大幅にファイルシステムが変更されているWindows10なのでWindows7からのアップグレードではOSが挙動不審に陥る可能性は否定できないので、ここはクリーンにインストールする道を選んだ。

OSのインストールはさほど時間が掛からない。
1時間少しあれば終了し、あっけないほど簡単にWindows10 バージョン1511のデスクトップが現れる。
問題はここから。

Windows7をセットアップする際にサポートソフトウェアをダウンロードしてあるが、仮にない場合はMaC側に切り替えて作成する。
Windows10をインストールした直後ではMac側に切り替えるスイッチはWindowsにはないので、パソコンをOptionキーを押しながら一旦再起動させ、画面に現れるHDDアイコンでMacを選択して起動すればいい。
サポートソフトウェアを用意できたら再起動し、今度はWindowsを選択して起動する。
USBメモリーを挿入し、サポートソフトウェアのフォルダーを開きセットアップを実行すると「このソフトウェアはサポートしていない」と表示される。
それを管理者権限で実行すれば、サポートソフトウェアは起動する。
幾つかのドライバーを読み込むうちに途中全く進まなくなる。
Windowsのくるくるカーソルがずっと回りっぱなしになるのだ。

ここは、必要なドライバーは手動で一個ずつインストールする方がいい。

サポートソフトウェアのフォルダーを開くとブッック型アイコンの圧縮ファイルになっているドライバー軍が見える。
この中で必要なのはディスプレーとオーディオ、ネットワーク関連だけである。
サポートソフトウェアは複数の機種をサポートする関係上、ATIやNvidia両方のドライバーが含まれているなど不必要なものもあるので予めターゲットを絞り込んでおいた方がいいが、不明な場合はインストールしたからと言って困ることはほぼないので、適当に組み込む。
デバイスマネージャーを見ながら進めると、正規のドライバーが組み込まれたかがわかる。

終了したら一旦再起動し、正規に登録を済ませよう。

次にサポートソフトウェアのフォルダーをも開き、ブック型の圧縮されたドライバーを全て削除する。
その上で、サポートソフトウェアを起動する。
すると、アップルシステム用のドライバーが次々にインストールされる。
例えば、キーボード、トラックパッド、Magic Mouseやカメラのドライバーなど。
管理者権限を要求されるが、ハイハイと進める。
最後にMacとWindows切り替え用アプリケーションがインストールされ、無事にセットアップ終了となる。
再起動し、出来上がり。

カメラは能力不足なので顔認証には使えないみたいだが、マイクは何とか使えそうで、コルテナを利用してコントロールパネルを開かせることに成功した。

オフィスなどのアプリケーションをインストールして、ビジネスで使用する最低限の状態にした、
幾つかの項目をテストしたが何ら問題なくWindows10が動く。
不都合はない。

冒頭にも記したように、システムがWindows10に対応しないのではなく、サポートソフウトウェアを改めてWindows10用に用意しないというだけのことで、基本的にはWindows10の標準ドライバーか、Windows7用ドライバーで事が足りる。

管理者権限を利用して、少し手間だが上記のようにドライバーを組み込んでいけばいい。

MacBookPro2009・・・・・バッテリーも交換してまだまだ現役で使える。

| | コメント (0)

2016/04/12

iMac2014リカバリーを試す

BOXと言うCloudサービスを利用し、データの整理をしていたところ、突然OSが落ちた。

自動再起動後に、不足のトラブルでシステム保護のためシャットダウンしたと数行の説明分がデスクトップに浮かんでいる。
そして、BOXは起動しなくなった。
アプリケーションを削除し再インストールしてもうんともすんとも言わない。
10Gbの無料空間は是非とも活用したい。

そこで、OSのみの修復リカバリーを試みたがBOXは復活しない。
最近パソコンの起動が重いなと感じていたが、OSのリカバリーでどうかと期待したが改善しなかった。

ここは思い切ってクリーンなリカバリーを行ってみようと試して見た。
BootcampのWindows10を残したままだけれど、まぁいいか。

起動時にOption+Rを同時押しでリカバリーモードに入る。
ディスクユーティリティでOSのドライブを消去する・・・実に簡単にHDDは空っぽになる。

続けてOSのインストールに入るが、イメージファイルは全てネットからのダウンロードだ。
このときにタイミングが悪いとデータのダウンロードに数時間を要することになる。
問題が無ければ2時間も掛からない。
従って数時間かかると表示されたらすかさずキャンセルしてやり直した方がいい。
短ければ1時間ほどでインストールが始まる。

再起動して、アップルID登録すれば、メールは直ぐに使えるし、キーチェーンも復活するから初期は問題ない。
OneDriveやOneBoxはアプリケーションをインストールしてCloudからデータを戻した方が、タイムカプセルからよりも速い。
重要なのは、画像データとパソコンで作ってドキュメントに保存した成果物、それと音楽データだ。

タイムカプセルから次々と復活させる。
半日ほどで元の位置に配置する。

写真というアプリケーション用のメタデータは、一旦整合性を取るために1〜2時間掛けて修復を兼ねた検索を実行する必要があるので、この点が面倒だった。

MacXDVD・・・・は期間限定無料サービス版を入手していて、タイムマシンから復元すれば今までは使えていたのに、今回はライセンスを求めてくる。
面倒なので、これを機会にライセンス料を支払い正規会員になった・・・・タイミングを待って入れば無料ライセンスコードをサービスで入手出来るのだが、結構利用させて貰っているので使用料を払ってもいいかなと今回はサービスした。

アプリケーションは復元する方が簡単なものと新規にインストールした方がいいものとがある。
オフィスは新規インストールの方がいい。

Windows版と同じようにあちらこちらにデータをインストールするからだ。
削除時にアプリケーションのみゴミ箱に運べばいいのは復元でいいが、アイインストール実行ファイル付は新規と考えればいい。

結構やりこんでいるDiablo3は復元でいい。
なお、バトルネットでサーバーリンクとの整合性を取るたねパスワードなどの再設定が必要だが、データの再ダウンロードは不要の分だけ簡単だ。

さて、ほぼ元通りになったが、困った問題があった。

iPhoneとiTunesの同期時に写真の同期だけが出来なくなった。
ライブラリーの同期設定が完了していないので・・・・と表示される。

しかし、写真アプリではデフォルトライブラリーに設定している。
ここは写真データの修復をもう一度行なう事で解決した。

Option+Commandで写真アプリを起動すると修復モードに入る。
30分ほどで終了し、その後は無事に同期が出来るようになった。

何を行っても解決しないのが、ピクセラ製Mac用テレビチューナーの再生ソフト。
元々録画した番組をメディアに焼き込み出来ないエラーはあってあきらめていたが、ちゃんと再生は出来ていた。
しかし、今回は録画できていても再生しようとすると「他の機器でチュ−ナーを使用中のため再生できません」と表示されて再生しない。

このチュ−ナー用ソフトウェアの完全なアイインストールは複雑で、Windowsで言うところのレジストリ操作と同じライブラリの深くまで潜らないといけない。
説明書はちゃんとあるからその通りにこなせばいいが間違えると・・・・。

その様にしてアプリケーションを改めてセットアップしても問題は解決しない。
クチコミなどには幾つか同じ症状が出ていて、製品の購入を後悔している方がいるようだ。

なお、ホームページにはそれらに関する記事はないし、メーカーに質問しようにもメールなどで問い合わせする項目がどこにもない。

元々問題が多い製品で、たびたびのアップデートで解決してきているので、次回のアップデートに期待するという、のんびりしたユーザー向け製品になってしまっている。

まぁ、テレビ視聴に何ら問題が無いし、家の中ならば無線LANでiPnoneなどでも視聴できるからそれでいいや・・・とあきらめることにした。

リカバリーしてからノンビリと二日間掛けて復元したが、大変快適に起動するようになった。
一部では問題も出たが、概ね良好。

これで、しばらくはストレス抱えずパソコン生活できそうだ。


| | コメント (0)

2016/04/03

北区荒川河川敷

20160403_145107

赤羽駅近くの駐車場にインサイトを止めてそこから徒歩10分ほどで、荒川の千本桜にたどり着く。

荒川大橋近くの芝生は花見客でごった返しているが、そこから京浜東北線方向に行くと少しずつ宴会客が居なくなるので、少しはゆっくりと桜の観賞が出来る。

20160403_142237

芝桜の季節には少しだけ早かったようだが、それでも8分咲きで美しい紫は桜の淡い色と対比し、とてもあでやかに映る。

20160403_143739

この週末は曇のため、桜もどんよりとした印象だが、少し薄日が差した瞬間。
花も喜んでいるようだ。


20160403_145740

駅に戻ると途中小さな寺があり、そこにそれもまた省スペースで竹林になっていた。

東京の真ん中・・・と言っても都内の一番外れだが・・・・にも癒やしの場所は多い。

・・・・・それを感じる瞬間である。

しかし、私は食い意地の方が増さり、「竹の子ご飯、食べたいなぁ」・・・・・・・・・・・・・小市民か。


| | コメント (0)

2016/04/02

20160402_133733

桜の季節。

いいもんだ。

20160402_132901

HDR撮影は時として変な写真になるけれど、まぁいいか。


| | コメント (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »