« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/26

Time Capsule

MacのOSを最新版のアップグレードして、iMac2014の調子が改善するのを楽しみにしていたが、ブラウザなどの動きが悪いのは結局Niftyで契約していセキュリティソフトが原因と言うことは分かった。

iMac2011では問題なく稼動していることから、セキュリティソフトに何らかの不具合が発生した固有の問題だと思うが、一旦削除して再インストールしてみようとしたが、OSのバージョンが違うと蹴られてしまった。
アップデート待ちなので、それはそれでいいとした。

さて、OS更新後に相当長いタイムマシンによるバックアップも終了したので、バックアップ状態をチェックしようとタイムマシンを立ち上げたが、なぜか最新のバックアップ以外は現れない・・・日付は表示されている・・・。

昨日以前に移動しようとすると「待機中」とでてパソコンが固まってします。
強制的に終了し、念のためiMacを再起動してみたが、事態は変わらない。

OSのアップグレードは得てして、不測の部分に不具合を発生させることがある。
全体的にばっちりうまくいったと思っていても、今回はバックアップシステムに問題を発生させた。
ここは、OSのみのリカバリーで様子を見たいと考え、実行した。

macOS(MacOSX)はWindowsと違い、アプリケーションや設定項目などをそっくり残してOSのみをリカバリーインストールすることが出来る。
この方法でほぼ問題は解決する。

1時間ほどで、それら作業も終了しその結果タイムマシンも問題なく過去の分も見られるようになった・・・・・・
ところが、暫くすると・・・・・同じ症状が現れ、OSアップグレード後のバックアップファイルはアクセスできるのにそれ以前は「待機中」になってしまう。

2TBのHDDには1.5TB程の過去のデータが入っている。
覗いてみると、暗号化されていないのでデスクトップにファイル一枚から復元は可能だ。

ここは面倒だが、タイムカプセルにしているHDDを初期化しようと考えた。
ただその前に折角だからiMac2014を根本的に完全な初期化・・・つまりCドライブをさっぱりフォーマットしてからまっさらにOSをインストールした。

その上でタイムマシンを起動しタイムカプセルから過去のバックアップデータを・・・と試みてみたが、やはり「待機中」で固まる挙動は変わらなかった。

HDD内を覗き、必要なデータを規定のフォルダーに手動で全て(と言っても写真データ、iTunesデータ、iMovieデータと、一部のアプリケーションのみで、Cloud対応データは、該当ソフトウェアをセットアップすれば自動で同期する)戻し・・・4時間ほど掛かったが・・・・あとはOfficeやAdobe製品を再セットアップしてパスワード設定(他の殆どはキーチェーンで復元する)をし直せば、ほぼ半日で元の状態のシステムが出来上がる。

同期ファイルや、初期化して新規になったタイムカプセルに対する初回のバックアップは、寝ている間に終わるからそのまま放っておいた。

そして翌日である今日、全体の動きを見ているがどこも問題が無く、快適に動作してくれる。

MacのOSが新しくリリースされ数日しかたっていないので、今回の件をネットで検索しても類似の問題に関連するような情報は見つけられない。

果たして、何が原因でOSアップグレードでバックアップシステムにエラーが出たのだろう。
私の場合、別の外付けHDDに、必要なデータはこまめにバックアップしているので、タイムマシンは現時点の、つまり今のデータが突然パソコンの不調に見舞われたときの安全対策以上の期待はしていないからいいが、このシステムに頼っている方にとっては大変なことであろう。

ここはきっちりと原因を探っていきたい。

| | コメント (0)

2016/09/22

セキュリティソフト

Niftyと年間契約のセキュリティソフトを使用している。

Windows10などは、ディフェンダーというセキュリティソフトサービスがあるので、ある程度の安全対策は取れていると思うが、Macの場合はその様なサービスが無い。

昔は、セキュリティソフトなど導入しなくてもウィルス感染の心配は無いと言われていたが、昨今はMacでも感染するウィルスが多数報告されmその危険度は高まっている。

と言うことで、自宅二階のiMac2011と一階のiMac2014それからMacBookPro2009にそれぞれセキュリティソフトをセットアップし、安全率を高めている。

二階のiMacとMacBookProは問題なく普通に起動し、Webも普通に開いたり閉じたりしているが、iMac2014だけはここ半年ほど異様に遅く感じられるようになった。
感じられるというレベルではなく、場合によってはHPが開かないときもある。

セキュリティソフトの締め付けが影響しているのかなと思っていたが、特別設定は変えずデフォルトのまま。
つまり他の2台と同じ条件だ。
だから、影響があるのかなと言う程度しか思っていなかった。

今回、MacOSXがmacOSに名称変更と同時にメジャーアップデートしたのを機にここは新規リカバリーセットアップでもと考えたが、取りあえずセキュリティソフトをアンインストールして試しの様子見と実行してみた。

・・・・・こんなに快適にWebが動作するんだ・・・・と言うくらいにサクサク動く。

やはり、セキュリティソフトが悪さをしていたのだと分かったが、さて再インストールするべきか、どうか。

一応、タイムカプセルを利用してしっかりバックアップはされているが、念のため大切な画像データのみ専用の外付けHDDにコピーを取って、いつでもOSのリカバリーを実行できるようにはした。

その上で、セキュリティソフトを再セットアップして、同じように動きが悪いようならば、OSリカバリーを実行し、その上で今一度セキュリティソフト・・・と考えている。

さて、考えたとおりにやってみようかな・・と思ったら、OSアップデート後初めてのタイムカプセルによる自動バックアップが始まっていた。

本来、1時間ごとに実行されるのに、今回はなんと前回から8時間も経過している。
その間、バックアップ準備中だったようだ。

たぶん、今回のバックアップは新OSを含めた周辺の変更点も対象なのだろう。
バックアップ対象容量31Gbとなっている。
しかも完了まで約9時間と表示されている。

20160922_193524

ひとまず、このバックアップが完了するまでセキュリティソフトの再インストール後の様子見と、場合によってのリカバリー作業はお預け。

まぁ、普通に起動してくれれば何もしなくて済むのでそれでいいのだけれど・・・・ふぅ。


落ちがあった・・・・・・・・セキュリティソフトを再インストールしたが、OSチェックで引っかかる。
OSが新しくなって、セキュリティソフトとのバージョンが合わなくなったたまだ。
そう言えば、以前も同じ事があったのを思い出した。
対応バージョンがリリースされるまで、暫く要注意と言うとことか。

| | コメント (0)

2016/09/08

サイクルキャリア

十数年ぶりにロードバイク(昔はロードレーサーと称していた)に乗っているが、当時の自転車は「ホリゾンタルフレーム」と今は言うらしいが、いわゆるダイヤモンド型というトップチューブが地面と水平になっているタイプだった。

現在は、小型軽量化を図るためトップチューブがハンドルからシートチューブに掛け斜めに低くなっている「スローピングフレーム」が主流を占めていて、私の乗っている「オルベア」というメーカー品もそのタイプだ。

我が家から少しがんばって走ると荒川という大きな川があり、その両岸には結構広い歩行者と自転車のみの専用道路が完備され、ディズニーランド近くの葛西臨海公園から約70km以上、埼玉県の北部までつながっている。

初めてそこを走ったとき、自転車人口がこんなに多いとは、とビックリしたのだが、よくよく監察しているとサイクリングロードだからそこに人が集まっているだけで、実際一般道路では、確かに私の全盛期時代に比べ多くはなっているが絶対ではない印象だ。

つまり、安心してスピードを出せるサイクリングロードだけを走る方達が多く、ツーリングと称し自転車で旅行を楽しんでいる方はそれほど多くは無い。
----------------------------------------------------------------------
初めて自転車で旅行に出かけたのは18歳の時だ。
ブリジストン製で、フレームが分割し輪行時の分解が楽な旅行専用車で「クロームモリブデン鋼」仕様ではなく更に高級な「マンガンモリブデン鋼」だった。
名古屋市内から伊勢湾を延々走って、和歌山県の潮岬という本州最南端まで出かけた。
今は岬の大島と橋がつながっているらしいが、当時は連絡船に乗って島に渡った。
「ここは串本、向かいは大島、中を取り持つ連絡船・・・」確か、この様な看板があった気がする。
三重県にある那智の滝の登りがきつく、観光バスのおばちゃん達が「がんばれー」と励ましてくれた。

きつくても登り切ったときの達成感がやみつきになり、それ以来自転車は私にとって最上のアイテムになる。

名古屋から国道19号線を利用し、信州の山々の峠道路をいくつも越える。
東京都下の八王子に居を移してからは更に峠道を走り、いつの間にか100種を越え200近くの峠の看板を見てきた。

20歳過ぎに比較的早くマイカーを手にした私は、車の中に愛車を放り込み、行き帰りは自動車と平行して道路を走ることを避けたサイクリング生活を送った。
「City Road Cycling Club」という同好会チームを作り、月に一度ツーリングに出かける時は、自転車を分解して袋に入れ列車を利用して遠出する「輪行」を利用した。

マウンテンバイクが主流になり、仲間が経営する自転車ショップのチームが参加するレースに便乗して出かける時は、自動車の屋根に直立させて乗せるサイクリングキャリアを愛用するようになった。

そして、現在は娘と私のロードバイクと家内のクロスバイクの3台を屋根に乗せることが出来るようにしている。

自転車を載せて自動車を走らせていると、結構眼を引くらしく追い越していく車の窓から身を乗り出す輩もいる。
確かに珍しいと思う。
久しぶりにキャリアをセットして出かけるようになって数ヶ月、同じように乗せて走っていることを見たことがない。
・・・富士五湖の西湖湖岸に止まっているのを見たか・・・後は埼玉にある道満と言うところに彩湖という湖があり、そこの近くのサイクルショップの駐車場で、キャリアだけ見かけた。
そのくらいに少数派だし、電車で輪行・・・と言うのもあまり見ない。
まぁ、輪行は一般の乗客にあまり迷惑を掛けない時間に利用する傾向があるので遭遇する可能性が少ないと言うことはあるが。

と言うように、荒川サイクリングロードはあふれるようにツーリング姿があるのだが、旅行サイクリストは絶対的には少ないのではないかと思う。

サイクリングの醍醐味はとにかく自然の中を爽快に走るヒルクライムだと思う。
クロスロードデビューしたての家内が自転車に慣れたら、いよいよ本領発揮な走りに連れ出したいと思っている。

| | コメント (0)

2016/09/03

Rise of the TombRaider 100%コンプリート

20160903_225704

散々探した。
ようやく見つけた。

近寄れば、点滅しているはずと思い込んでいたから見つかるわけがない。

偶然、潜った。

20160903_230055

潜ったのはここから。

20160903_230144

そして、この奥にリュックと共に取り損ねていた20個目の「サバイバル キット」があった。

いやぁ、これですっきり寝られます。

| | コメント (0)

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »