« 2017年9月 | トップページ | 2018年2月 »

2018/01/31

月食

3年ぶりの皆既月食と言うことらしい。

ゆっくりと我が家の二階から堪能しました・・・・首が痛くなったけれど。

幻想的でした。

Img_3944

娘のカメラを借り、そこに私の300mmレンズ乗せて、ISO100、シャッター速度1/50秒(シャッター優先モード)、f5.6。

少しましな写真は撮れたのでよかった。

※Canon EOS Kiss X7
CanonEF 75-300mm-f4−5.6 USM
1/50秒 
f/5.6
ISO100
マニュアルフォーカス(シャッター優先)

こちらは、ISO6400で撮影したので、しっかりを全体を捉えているが、ISO飛びを起こしてる・・・あくまでも参考画像。


Img_3997


| | コメント (0)

2018/01/30

サラウンド02

サラウンド再生が出来るヘッドフォンを検索していたら、パナソニック製RP-HX550と言う白い色の製品を見つけた。
なお、このヘッドフォンは決してサラウンド仕様ではない。

今までヘッドフォンなどはiPhoneなどのイヤフォンを除き、黒が定番と思っていて、もちろん現在所有のBOSE製品などは黒のみ。

そのため、白色に凄い新鮮な感覚になった。

DTS headphone xなどと聞き慣れない仕様に対応しているとあったので調べてみると、その仕組みは特別なヘッドフォンで無くてもいいと言うことらしいが、DTS headphone xの仕様に合わせたチューンアップを施した製品と言うことらしい。

ま、簡単に言えば至極普通の2chヘッドフォン。

しかし、アマゾンで3500円ほどだったのと、オーバーイヤー(アラウンド型)・・・オンイヤー型は持っている・・・は持っていなかったので、ついポチッとしてしまった。

さて、地デジとiMacで使ってみた。

もちろん音楽を聴くのにはBOSE製には敵わないが、映画には向いているかもしれない。
少なくともドライバーチューニングがDTS headphone x向けになっていることが幸いしているのか、音が結構暴れてくれるので、爆発音やヘリの飛行音など、結構メリハリがあり、会話も明瞭に耳に伝えてくれる。

なお、Diablo3などBGMはきっちりと雰囲気出してくれるのだけれど、攻撃効果音の高音域は派手すぎて耳にひどい。
他のゲームは試していないのでなんとも言えないが、私の耳ではどうやら映画鑑賞用に落ち着きそうだ。

昨日、見つけた宇多田ヒカルの「リスク」というDVDクリップのジェットスクーターの効果音は2chながら今手元にあるイヤフォンやヘッドフォンの中では一番臨場感があるかもしれない。

用途に合わせれば、3500円ほどでいい音を楽しめるので良い買い物と思う。

その前に白に惚れた。

| | コメント (0)

2018/01/29

サラウンド

家の片付けを行っているときに古いDVDメディアが何本か出てきた。
懐かしいな。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだ5.1chサラウンドが一般的ではない頃。
白物家電のDVDプレーヤーなどは大変高価な時代、パソコンをDVDプレーヤー化する方が多少安く仕上がるという事があった。

DVD映画を再生するためにはパソコンの性能もある程度必要だったが、それよりもビデオカードそのものがDVD出力できるかどうかと言うことの方が重要だった。

当時、マトロックス製ミレニアムなどの一部が対応していてそのシステムにウーファーを含めた6個のスピーカーを用いて下手な映画館より余程音響の素晴らしい体験をしていたものだ。

その頃、パソコンの性能を測るのに用いられるのが宇多田ヒカルの「UH1」「UH2」と言う、DVDアルバムだった。
結構データ転送が重く、非力なパソコンでは再生時に駒落ちする事があり、これらの映像をいかに綺麗に再生することが出来るかが課題だった。

当時、どのようなシステムだったかは忘れてしまったが、私のパソコンは充分に再生する能力があり、自分の部屋で映画を存分に楽しんだものだ・・・・・と言いたいが、今のようなレンタルがあるわけではなく、映画のメディアも高価で、もっぱら友達との貸し借りが中心だったが・・・・。

私が一番お気に入りだったのは宇多田ヒカルの「リスク」。
今回の片付けで見つけたDVDメディアの一つだ。

このDVDクリップには空中を走行(飛ぶ)するスクーターに宇多田ヒカルが乗って飛び回るシーンがある。
その時のジェットエンジンサウンドがまさに5.1chなのだ。

頭の周り360度に音響がこだまし、まさにサラウンドのために製作されたDVDと思う。

その後、DTSが登場し、更に音響の世界が飛躍していく。

ジュラシックパークは国内販売バージョンは5.1chサラウンドだが、米国版はDTS仕様となっているのでわざわざ取り寄せたものだ。
パソコンの場合、リージョンコードは数回まで書き換えが出来るがそれらは面倒なので、ドライブを2個用意し、日本用と米国用に分けて楽しんでいた。

今考えてみると、実に時代だなと思う。

今の我が家は、テレビはブルレィ内蔵でDTS対応となっていても、結局は2.1chで再生されるしパソコンも同じようにサラウンド2ch。
車も2.1chサラウンド。

仮にスピーカーを置こうにも家族に邪魔扱いされるので相当前に処分している。
つまり、本格的なサラウンドの設備はとうの昔に消えている。

でも、パソコンには光出力端子があるからここはヘッドフォンを活用すればいいのではと思い、調べたらかなり良い製品があることが分かった。
いずれも2〜30000円ほどだから少しがんばればいい。

どの程度の音響を楽しむことが出来るのかどうかは分からないが、少し興味が湧いてきた。
早速体験に出かけてみようかな。

| | コメント (0)

2018/01/28

ドローン

アマゾンでカメラ付きのおもちゃドローンが、タイムセールで格安販売されていた。
思わずポチッと・・・・・。

でも、考えたら飛ばす場所って結構無いんですね。
近くの公園などはもちろん禁止・・・人が集まる場所だから当然。

家の前の駐車場も遊ぶ場所じゃない。

河川敷は?
川面でロスしたときに泣きが入る。

元々目的は趣味の写真撮影時に、いつも地上からの風景を上空からもみてみたいというのがあったから。

と言うことで、会社の敷地内で初飛行を試みた。
丁度関東大雪の翌朝。

20180128_093929

工場にどれほどの雪が積もっているか動画撮影を行い、結構役に立つかも知れないと確信。
そこで、次の休日に、工場前の駐車場(従業員用なので休日は車は一台も止まっていない)で飛行練習を試みたが所詮はおもちゃなのか、3m位の風では流されてコントロールが出来ない事が分かった。

それでも、一応は遊べそう。

20180128_092121

低空で飛行させていたら、猫が追いかけ始めた。

そこで、猫の廻りを旋回させたところ、手で払い落とされそうになったが、その姿が滑稽だった。
残念ながら、私の操作が下手のため、猫の方にカメラを旨く回せず動画には収まっていないが、猫を旨く捕らえた動画から切り抜いた画像を残しておく。

20180128_092309

さて、次はどのようにして楽しもうかな。


| | コメント (0)

2018/01/15

ホームベーカリー

Img_9478


Img_9498

我が家にやってきた新しい仲間を使用した。

娘が以前からほしいと言っていたホームベーカリー。
いやぁ、大変おいしいパンが出来上がり、しっかりと堪能させて貰った。

東陽町の有名なパン屋さんに、それこそもっちりでとても爽やかな甘さのパンをわざわざ買いに行く我が家である。
決してパン食中心というわけではないが、少しでもおいしいパンを求めている事は確か。

娘の今後に期待し、私も負けじと勉強して我が家流のパンを作ってみたいと思っている。

ちなみに、我が家のホームベーカリー、チーズや何やらも出来るらしい。
これは楽しみだ。


| | コメント (0)

2018/01/06

風の谷のナウシカ

映画の内容についての記事を目にした。

この映画は原作マンガ本があり、私は購入していたが一度も覧ること無く倉庫に眠らせていた。
記事では全7巻からなる物語の中から、映画はこの原作本の1〜2巻当たりになると言う。

そして、この映画の背景についても記されていた。

気になったので、とにかく一通り読んでみた。

・・・・・・・・・・なるほど・・・・・・・

映画と原作本では少しでは無く、かなりの部分でストーリーに違いがあることが分かった。
風の谷とトルメキア帝国との関係、巨神兵の扱いなどは相当違いがある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

環境破壊、人口増加、戦争などの果てに大規模な核戦争を行った結果、地球全土が荒廃した。
一部の有識者達が作為的に核戦争を実行し、殆どの人類を排除した後、彼らは人工冬眠(に似た方法)に入る。
腐海を環境浄化のための手段として人工的に育成し、数千年の時間を掛け荒廃した地球が元の環境に戻った後、蘇る予定だった。
有識者達が遺伝子操作によって作成した、瘴気にある程度の耐性がある人類がその不環境で生存しているのだが、その一人がナウシカという設定。

それらの遺伝子操作人類は正常な環境では生きることが出来ないらしい。
いずれ環境浄化の際に有識者達を人工冬眠から蘇らせる役目になっており、その後はナウシカなど遺伝子操作人類は淘汰される運命となっている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

全体的にこのような設定背景のなかで、映画とは結構異なるストーリー。

ある意味、二度楽しめると言うことも出来る。
原作本、眠らせておいた「ボケ」は別として、得した気分だった。

| | コメント (0)

2018/01/02

2018年初ライド

Photo

寒い中、娘と初のロードバイク走りを行った。

考えてみたら昨年9月に葛西臨海公園に出かけて以来、サドルに跨がっていなかった。

娘の手の上の富士山・・・・次はどこに行こうかな。

| | コメント (0)

2018/01/01

2018年 あけましておめでとうございます!

93de615d10794b5bb0dce0fa161e7fa7


| | コメント (0)

« 2017年9月 | トップページ | 2018年2月 »