« ひまわり | トップページ | バイク逃げる »

2019/08/22

トラブルその後

NTTの工事業者が翌日やってきた。

我が家の回線は、既に15年以上経過している。

エアコン業者が切断したのは屋外の日当りが一番いい壁面のケーブル。

光ケーブルは、ゴム系樹脂で覆われた細いガラス製のチューブからなる。

ガラス製チューブと言っても髪の毛ほどの太さしかない。

そのチューブの表面にはゴム系樹脂と干渉しないように別の樹脂が薄らとコーティングされている。

ラジオペンチなどでゴム系樹脂を剥ぐと少し青みがかった樹脂がコーティングされた光ケーブルが見える。

専用器具でその樹脂を取り除くとガラス製チューブのみになるので、接続用治具をその剥いだ部分に取り付ける。

インケーブル、アウトケーブル両方とも同じように治具を取り付け、溶接機にセットする。

溶接機の構造からレーザー光でガラス製チューブ同士を溶接接合するようだ。

溶接を行ったら固定部品で押さえ込み、細いパイプ状のものでしっかり覆い被せてしまう。

その後、その接続箇所を中心に全長1mほどゴムチューブでケーブルを覆い、ビニルテープを巻いて水の浸入防止処理を行えば作業は終了。

もちろん、データ通信に影響がないかのチェックは行う。

以上の作業だが、その溶接がうまくいかなかった。

ケーブルの劣化が原因という。

結局、雨樋付近の太陽光を浴びていない(つまり紫外線劣化していない)箇所のケーブルを切断し、新しいケーブルを持ち出して溶接接合後にその新しいケーブルを室内まで引き込んで作業を完了した。

さて、切断はエアコン業者が発生させたので、支払いはNTTさんとエアコン業者で行って貰うことになったが、どうやらエアコン業者がケーブルは経年劣化で切れかかっていたので・・・とNTTさんに主張して若干もめたらしい。

結局、切断面形状から工具で切ったとみられる痕があり、無理は通らなかったらしい。

いずれにしても、ケーブルを切られた私達の迷惑(半日会社を無駄に休むことになったりして・・・)は何処に行ってしまったのだろう。

少しは謝れよ。

|

« ひまわり | トップページ | バイク逃げる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひまわり | トップページ | バイク逃げる »