« アンテナ | トップページ | MacOS »

2019/09/22

アンテナその後

知り合いが最近テレビのアンテナを修理か新設を行ったと言うことで、業者の紹介があった。

我が家のアンテナ工事業者は一昨年あたりに連絡が付かなくなり、次はしっかりした業者に工事をお願いしたいと思っていたので、紹介業者の下調べを行ったが、事務所は普通のマンションで看板も郵便受けにも会社名の記載が無い。

と言うことで、却下。

・・・そう言えば、会社に出入りしている電気工事業者ならいいところを知っているかも・・・と思い、尋ねてみたらその会社でもアンテナ工事を行っていると言う。

なんだ、一番信頼おける業者が目の前にいたのじゃないか。

少なくともトラブル時には親身に取り計らってくれるだろうと想像する。

と言うことで、関東はまた雨の3連休という予報からとっても天気いい。

業者から「雨から晴に変わったので今日、工事はいかがでしょう」と連絡があったので、すぐにお願いした。

なんと、会社に出入りしている担当が自ら工事を行なうと言う。

・・・・・予想通りブースターが故障していた。

4K8K対応のブースターを取り付け、軽く方向調整を行い1時間少しで工事は終わった。

色々調べて分かったのだが、4kには右遷と左遷と言うものがあって、従来のBS規格は右遷規格なので、そのままの設備でもNHK4や民法4Kは視聴が出来る(もちろん4Kチューナーテレビが必要だが)が、WowWow4kやスカパー4kや8kは左遷規格のためパラボラアンテナやブースター、8Kの場合は壁のアンテナ端子も交換しなければならないらしい。

今回は、ブースターは8k対応なので、パラノラアンテナを交換すれば有料放送の視聴は出来るし、テレビ端子を交換すれば8kもOKだ。

と言ってもスカパーなどと契約するつもりはないし、8k移行は遙か未来の話なので今回はブースターの交換のみで充分。

・・・・受信状況をきっちり計測してくれたおかげで、今までBSは60〜80クラスだったのが90以上の受信レベルになった。

仮に今後アンテナ本体が故障しても、会社に出入りしている業者なのでトラブルになる事はないし、何においてもパラボラ交換時は交換費だけでいいからと約束までして貰った。

詰まり、調整費はいらないと言うこと。

 

かくして、一週間ガラケイワンセグで過ごしてきたがようやくまともな生活に戻ることが出来た。

また、2回パソコンのテレビチューナーも回復したので、佳境の朝ドラの録画もバッチリ出来るので助かった(笑

|

« アンテナ | トップページ | MacOS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンテナ | トップページ | MacOS »