« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »

2019/12/26

シャドウ オブ ザ トゥームレイダー ディフィニティブエディション

正直待っていた。

海外版を購入していたので、全編もちろん英語。

メディアの出し入れも面倒だなと思っていたとき、タイトルのバージョンが発表され、リリースを待っていた。

現在、XboxLiveはGold会員、100円/月キャンペーン中で、会員割り引きがこのタイトルにも適用される。

結局、消費税込みで2112円。

シーズンパスは持っているので、それらのコンテンツ全て無料扱い。

メディア式とは言え既にゲームを持っているのに再購入?と思われるかもしれないが、目的は一つ。

記事のタイトルをカタカナで表記した意味の通り日本語バージョンが目的。

と言うことで、パソコンで購入し自動インストールを昼間にさせておいたから、帰宅後すぐにプレーが出来る。

と言っても、我が家の女性陣全て海外に飛んでいるので、我が家はむさ苦しい男性陣のみ。

つまり、帰宅してから食事やら何やら自分でこなし、落ち着いたところでゲームパッドのスイッチを入れた。

???日本語表示が出来ないよ・・・・

メディアは入れなくてもゲームは起動するので、ダウンロードは終了している。

日本語には対応していないのかなと疑問は残りつつ、取りあえず一旦アイインストール(根拠はなかったが、ゲームでエラーが出た場合この方法が手っ取り早く不具合解消できる事が多い)して、再インストールした・・・・・

おおぉ、起動画面から日本語になっている!!

目的達成。

最初の少しをプレーして、今日はおしまい。

ゆっくりと会話を聞きながら楽しみながらこれからプレーしようっと。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2019/12/04

MacOS その後2

MacBook2010は機種が古いため新OSにアップグレードできないため、所謂32ビットソフトウェアも起動してくれるので、ある意味、諦めの先の便利を利用させて貰っている。

さて、iMac2013とMacmini2014は既に最新版にアップグレードして順調に起動している。

ただ、気になるのだが、Macmini2014が時々半分フリーズ状態・・・例えばサファリが開かなくなる・・・・特に決まっていないがソフトウェアが開かなくなる・・・いずれも再起動させれば元に戻る。

フュージョンドライブのおかげで終了起動が速いので再起動は気にはならないが、以前にはなかった事なので気になる。

方やiMac2013は、いつ頃からだろうとにかく全体的に起動が遅い。

どうもHDDにエラーが出ているのではないかと疑っている。

いずれSSD化しようと思っているので暫くこのままにして置くつもりだが、起動ボタンを押して10分ほどたっても一部のアプリがようやく立ち上がる位に時間が掛かるし、全て立ち上がった後でもそれぞれのアプリの起動時間が長い。

パソコンの能力は高いので、なおさらいらつく。

従って、メインには使用していない・・・少しもったいないけれど。

・・・・と言うことで、新しいOSになっても特別報告するトピックが無くて・・・・ごめんなさい。

| | コメント (0)

2019/12/03

Natsuko2

気が付いたら、前回の書き込みから暫く時間がたっていた。

いつの間にか12月だ。

TRシリーズも1からシャドウまで全てやりきった。

忘れているシーンが多く、懐かしさと改めて新鮮さで楽しかった。

今月、シャドウのまとめ版(本編と追加編を合体したやつらしい)がリリースされる。

現在、私のシャドウは海外版で日本語対応していないので、新リリース版が対応しているのであればダウンロードして、再プレーしてみたいと興味を持っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

MacBookPro2010にWindows10(18××)をインストールして活用していたが、昨年のバージョンアップ(19××)時にクラッシュした。

WindowsのBootCampサポートソフト(5.××)をインストールしなければクラッシュは起こらない。

キーボードのバックライトが使えないことと、光学ドライブからメディアを取り出すボタンが効かなくなる事は少し不便だが、サポートソフトはやめてドライバー類だけセットアップし、有志が作成したトラックパッドのマルチジェスチャーソフトウェアをインストールすれば何ら問題なく使用出来るし、最新のWindows10にアップグレードしてもキビキビと動いてくれる。

iMac2013はサポートソフトが最新(と言っても6.0で止まったままだが)なので今年の春バージョンまで何ら問題なく使用出来ていた。

しかし、秋バージョンをインストールしたらMacBookProと同じクラッシュ状態になってしまった。

同時に私のちょっしたミスでmacOSまでクラッシュさせてしまった。

こちらはHDDの調整を実施してタイムカプセルから完全復元(12時間ほど掛かったが)を行い取りあえずmacOSは元に戻した。

その後は面倒なので、Windowsはインストールしていない。

だが、考えてみたら大きな画面で操作できるWindows10が一台もない状況になった。

暫くそのままだったが、やはり不便な点が出てきたので、家内マシンにしたままのWindows10マシン(Natsuko2)をリカバリーし私マシンにセットアップし直した。

このパソコンは古く、インテル製マザーボードにCore2Duo2.4Ghz 2Gbメモリーというシステムだ。

このスペックではWindows10は厳しいのではと思うが、なぜかサクサクと動いてくれるのだ。

PhotoShopも普通に処理してくれるし、イラストレーターもストレスにならないレベルで処理してくれる。

ある意味、お買い得マザーのパソコンだ。

過去に電源が壊れ交換したくらいで安心して起動するマシンだが、難点は起動時の動作音がうるさいことくらい。

静音化しようと一時は凝ってみたので、めちゃくちゃうるさいわけではないが、普段Macマシンを使用しているとWindowsマシンはどれもこれもうるさい。

唯一、今この文章を書き込みに使用しているsurfaceGo(ファンが無くSSDなので当たり前だが)は無音だが・・・・

今暫くこの体勢でそれぞれのパソコンを活用していこうと思っている。

 

 

| | コメント (0)

« 2019年10月 | トップページ | 2020年1月 »