« 夏子2改造 その後3 | トップページ | マスク »

2020/01/24

夏子2改造 その後4

夏子2には、Dドライブとして古い規格であるIDE接続ハードディスクを取り付けていた。

正確には変換する基盤をはめ込んでSATAで使用していたが、これもエラーを出した一因ではないかと見ている。

マザーボードにはIDEスロットがあるので素直にそこを使用すればいいのだが、配線廻りをスッキリさせるには細いSATAケーブルは魅力だ。

しかし、変換基板などを利用するとシステム的にリスクは伴う。

と言うことで、外したついでにこちらのハードディスクも分解して処分した。

 

さて、グリグリ動くようになったTR2デモだが、実は音が出なかった。

と言うよりも二種類のDLLファイルがないので起動できませんというエラーメッセージが当初出たのだ。

調べてみるとどうやらDirectX11がインストールされていないらしい.

ハードディスクを交換しWindows10をインストールするとVGAのドライバーも自動的にインストールされるので問題は無いと思っていたが、最初に取り付けていたVGAはGF GT710だったから、どうやら古いDirectXがインストールされたらしく、X3D・・・DLLなどの新しいバージョンがないためTR2デモが起動しなかったのだ。

そこで対応するDLLのみセットアップしたらゲームは起動したが音が出なかったということがあった。

その後GF GTX950が届いてメーカー製ドライバーをインストールし、完璧だ・・・となったが音が出ない。

・・・・調べた結果「.NET Framework3.5」がインストールされていないことが分かった。
その間、USBスピーカーにゲームが対応していないのか、NVidiaのドライバーをインストールするとHDMI接続スピーカーなるドライバーがセットされるためそのスピーカーじゃなければだめなのかと、あれこれ試してみたが音は・・・やはりだめ。

ゲーム開発元のHPを翻訳しながら検索して、「.NET Framework3.5」が必要とわかり、そのパッチを当ててみると無事にそれこそ完璧に起動し音も出るようになった。
なお、主観かもしれないが、音が出るようになったら若干ゲームが重くなったような気がする。

気のせいかもしれないが・・・・・

と言うことで、他のゲームもセットアップしいつでもプレーできるようにスタンバイ状態にした。

これで暫く飽きないな。

|

« 夏子2改造 その後3 | トップページ | マスク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏子2改造 その後3 | トップページ | マスク »