« Blood Rayne2その後 | トップページ | A Plague tale:Innocence »

2020/05/23

面白そうなゲームゲット

Xbox Liveでセールがあり久しぶりに覗いていたら、以前から興味のあった「Brother:a Tale of Two sons」と言うゲームが税込み296円で販売されていた。

また、「A Plague tale:Innocence」が税込み1700円だったので、両方ともダウンロードした。

最初、A Plague tale:Innocenceは無料体験版でダウンロードし、最初のステージだけをプレーしてみたが、なんとなく自分のペースに合っているような気がしたので直ぐに本編解除キーを購入し正式版にした。

ついでに税込み319円のDLCも購入したが、これが何を意味するかは分からない。

さて、ブラザーは最初の村までをプレーしてみた。

スティックを両方使い(兄弟をそれぞれのスティックで操作する)アクションする独特のスタイル。

キャラが本編とは関係ないいたずらやなにやら面白い行動をする・・させることも出来て結構楽しめそうな予感。

A Plague taleは中世のフランス(暗黒の時代)を伯爵の娘と弟が苦難を乗り切るという物語風ゲーム。

彼女が使用出来るのは石と壺、武器はスリングのみ。

敵は剣をを持つ兵士や屈強な村人やネズミ。

兵士に見つかるとあっという間にゲームセット。

影に隠れて、草むらに潜んで、石や壺を利用して相手を他の方に気をそらせ、そのすきに進む・・・・

場合によってはスリングで相手を倒すことも必要になり・・・・

住んでいた屋敷を敵に襲われて脱出し、最初に訪れた村で村人に追われ教会に逃げ込んで今度はネズミに襲われて・・・

このゲーム、ステルスとパズル、途中ゲット出来る素材を利用し手持ち品のアップグレードを行って・・と簡単そうで奥が深いゲームの予感。

ゲームシーン、風景がとても綺麗でそれらを堪能するだけでもいい。

川の流れ、小鳥のさえずり、枝葉の色使いなど絵画を見ているような感じだが、ネズミが湧き出るシーンや襲われて横たわる亡骸はリアル。

時間を掛けてゆっくりと進めるゲームは私の好みそのまま。

2つのゲームでしばらくは十分に堪能できそうだ。

ここずーっと連続戦いゲームばかりだったので丁度いいゲームを見つけたと思う。

|

« Blood Rayne2その後 | トップページ | A Plague tale:Innocence »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Blood Rayne2その後 | トップページ | A Plague tale:Innocence »