« ハンディファン | トップページ | macOS »

2020/06/20

Tomb Raider Definitive Edition

新生TombRaiderを購入したがiMac2007ではアップアップな状態だった。

解像度やら何やら、とにかく最低に設定してようやく楽しめる程。

だから髪さらさらなんて遠く及ばなかった。

iMac2013を購入し、ようやくまともなゲームが出来る状態だったが髪さらさらはだめだった。

Rise of the Tomb Raiderも同様で、一応ゲームプレイが出来てそれなりに楽しんでいた。

しかしShadow of the Tomb Raiderでは恐らく起動すらしなくなるのではないかと危惧した。

だが、そのためにパソコンを買い換えるのも・・・・と言うことでテレビゲームは嫌だなぁと思いながらXbox Oneを購入した。

TRとRTRのパソコン版は共に初期バージョン日本語対応版だが、Xbox one用Tomb Raider Definitive Edition(海外版)とライズオフザトゥームレーダーデラックス版(日本語対応)、共にパッケージ版を購入した。

そして、Shadow of the Tomb Raiderは日本語を待てないので海外版をパッケージ版で購入した。

だが暫くしてShadow of the Tomb Raider Definitive Edition日本語対応ダウンロード版がめちゃくちゃ安くリリースされたので即買いした。


そして、ゲーム起動時にいちいちメディアを挿入しなくていい環境を手にされてしまったため、そのうちTRとRTRもと狙っていたところTomb Raider Definitive Editionが格安で再販売されたのだ。

と言うことで、追加コンテンツや日本語環境、メディアの扱い不要という環境を手に入れたので、久しぶりにゲームを始めてみた。

パソコン版は日本語対応だったが初期バージョンであり非力なパソコンだったが、Xboxでは英語だったからポイントの会話はやはり理解したいと思っていた。

さて、古いゲームなので内容はここに記すほどではないので省略するが、画質ではなくパソコン版とXbox one版ではララの顔が違う。

細かな描写や草原の雰囲気は非力パソコンではまともに描かれないから比較は難しいが、顔立ちの違いはパソコン能力とは思えない。

多少リニューアルしているのだろうか。

という感じで楽しんでいます。

 

|

« ハンディファン | トップページ | macOS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ハンディファン | トップページ | macOS »