« Tomb Raider Definitive Edition | トップページ | Grim Dawn »

2020/06/23

macOS

WWDC(アップル社の発表会)にて次期macOSの発表があった。

今度のOSはかなり刷新されるらしく、バージョン番号も「.10×から「.11×」に10年ぶりに変更される。

しかし・・・・・!!!私の所有するiMac2013(購入は2014年なので、購入後暫く2014だと思っていたが実は2013)はアップグレード対象外。

ギリギリMacmini2014がアップグレード対象に入っていて新しいOSを体験できそうだが、少しがっかりした。

MacBookPro2010は既に2つ前のOSでアップグレード終わっているので所有するMacパソコンはそれぞれOS三世代連なる形になる。

なお、現行OS(カタリナ)は完全64ビット化されているため、一部のダウンロードゲームはダウンロード出来てもインストール出来ない。

そのため、MacBookPro2010は32ビット対応でもあるから重宝する場合がある。

ただ、現在2種類のOSを使い分けているのだが、別段古いから困った、新しいから良かったと言うような印象は全くない。

その様なことで、iMac2013を旧OSに戻して32ビットアプリケーションを使えるようにした方がいいとも思うが、一旦アップするとmacOS純正の「Photo:写真管理ソフト」やiTunesなどの音楽系ソフトに登録している成果物が旧仕様ソフトウェアでは再生(新しいOS用にアップデートされてしまっている)などが出来なくなる・・・・アップルは新しい機器に買い直して貰おうと作戦しているんだと勝手に思っている。

まぁ、やり方は色々とあるが、手間暇掛かるだけで面倒なので当面このままでいいや。

と言うことで、HDDをSSDに交換して見事我が家のメインパソコンに返り咲いたiMac2013ももう暫く後にはサブ機に降格となりそうだ。

|

« Tomb Raider Definitive Edition | トップページ | Grim Dawn »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Tomb Raider Definitive Edition | トップページ | Grim Dawn »